ゴルフが全然うまくならない時には、原因を知って改善方法を考えよう

練習をしてもゴルフが全然うまくならなくて落ち込んだ経験はありませんか。

そんな時には、必ず原因があるはずです。

そこで、ゴルフがなかなか上達しない時の原因と、その時の改善方法について解説します。

まずは、冷静に自分の練習スタイルを見直してみましょう。

基礎が出来ていない

ゴルフが全然うまくならないという人の中には、そもそも基礎が出来ていないという人がいます。

基礎が出来ていなければ、いくら練習をしてもゴルフがうまくなることは難しいでしょう。

例えば、スイング1つにしても、自己流ではどれだけ打っても、飛距離を伸ばすことは難しくなります。

改善方法としては、とにかく基本をマスターすることです。

特にグリップの握りかたやフェースの向きなどは、最初から学ぶことが大切です。

ですが、1度体に染み付いてしまった動きを変えることは難しいことです。

 

そんな時には、ハーフスイングの練習をすることがおすすめです。

ハーフスイングというのは、トップの時には右の掌が、フォローの時に左の掌が正面を向くまでの振り幅のことを指すのです。

ゴルフの基本的な動きをマスターすることが出来るので、自己流の癖がついてしまった人は、まずはハーフスイングから勉強すると良いでしょう。

簡単にハーフスイングの動きを勉強するには、足を閉じて打つのが効果的です。

足を閉じた状態で行うことで、体が傾くのを防ぐことが出来ます。

まずはスイングのスタイルを改善することから始めましょう。

ドライバーばかり練習している

やはりゴルフでは飛距離が大切です。

ドライバーの練習に重点を置いている人もいますが、フルショットばかりに気をとられてしまい、気がつくとスイングを壊してしまう可能性が高いのです。

フルショットにこだわっていると、腕にはどうしても力が入ってしまいます。

それによりスイングを打つ時のバランスが崩れてしまうのです。

大切なのは、全体の練習の中でもドライバーはほどほどにしておくことです。

数分練習したらアイアンなどの練習に切り替えることです。

ゴルフが全然うまくならないという時には、まずはゴルフ全体の練習について見直す必要があります。

一部だけが特化しても全体のバランスが悪ければゴルフは上達しません。

フェースが開いている

ゴルフが全然うまくならないという時には、フェースにも注目してみましょう。

なぜかショットの時に右へとボールが飛んでいくという時には、インパクトの前にフェーが開いている可能性もあります。

トップの時にフェースが上を向いていたらフェースは閉じている状態です。

ですが、もしフェースが正面を向いてたら、それはフェーが開いている状態なのです。

トップの時にフェースを確認するだけでも、その後のショットにも影響が出るのです。

 

そして、フェースが開いてしまう原因にはヘッドアップが関係しているのです。

ヘッドアップというのは、スイングの時に無意識に頭が上がってしまうことです。

打った瞬間、ボールがどこへ飛んでいったのかはもちろん気になるところです。

ですが、そのためにフェースが開いてしまっては、ゴルフはうまくなりません。

ヘッドアップを改善するには、インパクトからフィニッシュまでしっかりと見るようにすることが大切です。

ラインが読めていない

ゴルフが全然うまくならないという人の中には、パターで悩んでいる人もいます。

どんなに慎重にパターを行っても、なぜかカップに入らないという時には、ラインがきちんと読めていない可能性があります。

グリーンには平坦なものもあれば、左右のどちらかが高いものもあります。

ラインを読んでいるつもりでも、実際には読めていないということもあるのです。

まず、グリーン上に傾斜がないかどうかを確認してみましょう。

その傾斜を利用すれば入りやすくなります。

ですが、傾斜を見極めることがなかなか難しいという場合があります。

そんな時には、まずは他の人がパッティングしている様子を見ることが大切です。

 

ボールがどのような流れでカップに入ったのか、また入らなかったのかを見ているだけでも勉強になります。

そして、グリーン全体をチェックして、フォールラインを探すことも大切です。

フォールラインというのは、重力によってボールがまっすぐ転がるラインのことです。

このフォールラインを見つけることが出来たら、パッティングのコツが掴めるかもしれません。

見つけ方は、グリーンの一番低い場所と視線を合わせて見上げた時に、左右の高さが同じように見える位置を探すことです。

そして、その場所に斜面が出来ていたら、それがフォールラインです。

ゴルフが全然うまくならない時に大切なこと

ゴルフが全然うまくならないという時には、まずは基礎的な動きが出来ているかを確認してみましょう。

基礎的な動きが出来ていなければ上達はなかなか難しくなります。

そして、これまで行ってきた練習方法に間違いがなかったかについても考えてみましょう。

大切なことは、なぜゴルフがうまくならないのかその原因を突き止めることです。

自分の欠点を見つけるためには、他の人のプレイを観察することもヒントになります。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフが全然うまくならない時には、原因を知って改善方法を考えよう
最新情報をチェックしよう!