ゴルフ初心者必見!ドライバーのスライスの原因はシャフトにあり!

ゴルフ初心者に特に多いドライバーでのスライスの原因はスイングではなく、今使っているシャフトにあるかもしれません。

スライスが出る方はシャフトを見直してみましょう。

シャフトの種類と特性

ドライバーシャフトには大きく分けて3つの種類があります。

それぞれキックポイントと呼ばれるしなる部分が異なり、出玉や球筋に大きく差があります。

それぞれの特徴について考えていきましょう。

元調子のシャフト

元調子とはグリップに近い手元の方がキックポイントとなるシャフトです。

手元にしなりを感じることができるため、タイミングが取りやすく、自然にためを作ることができます。

先端が固いため、ヘッドの挙動が抑えられることによりフェースの上面でボールと捉えることができますが、一方で低スピンになりやすく、ボールが上がりづらいことが特徴です。

自分でためをつくることができない方や、ボールにスピンがかかりすぎるゴルファーに向いているシャフトです。

中調子のシャフト

3種類の中で一番ニュートラルなシャフトです。

キックポイントがシャフトの中心にあり、しなり方にくせが無く、挙動も安定することから万人向けのシャフトとなります。

極端なパワーヒッターやスイングに独特の癖が無い前提で、ある程度自分でためを作れる方でとにかく安定を求めるゴルファー向きです。

先調子のシャフト

先調子とはシャフトの先端がキックポイントとなるシャフトです。

手元が固いため、しなりを感じにくい一方で、先端がやわらかく、言わば釣り竿のように先端が走る構造となりますのでスイングスピードの向上やインパクトでボールを捕まえることが容易になります。

ためが強く、切り返しのタイミングが早い方に向いているシャフトです。

スライスの出にくいシャフトとは?

シャフトの種類や特性について解説しましたが、実際にスライスが出にくいシャフトはどれになるのでしょうか。

シャフトの特性だけを見てみると先調子がボールを捕えることに長けているので良いように思いますが、手元にしなりを感じないのでタイミングが取りにくく、振り遅れる可能性もあります。

振り遅れはスライスの大きな原因の一つですので避けたいところです。

シャフトには大きく分けて3種類ありますが、それ以外にもダブルキックという元調子と先調子を合わせた特性を持つシャフトも存在します。

 

この、ダブルキックのシャフトは手元と先端がキックポイントとなりますので、手元でしなりを感じることができるのでタイミングが取りやすく、かつ先端のしなりでボールをつかまえることが容易です。

したがって振り遅れることなく、適正なタイミングでインパクトを迎えやすく、しっかりとボールを捕まえることができ、スライスが出にくいシャフトとなります。

自分がどのタイプのスイングをしているのかわからない

ためをつくれるとか、しなりをどこで感じると言ってもそれを実感として感じることができるゴルファーは少ないと思います。

逆に言えばそれを感じることができていればそこまで大きなスライスの球は出ないという事になります。

自分がどのスイングタイプに当てはまっているのかわからない方はとにかくニュートラルな中調子から試してみるのが良いと思います。

中調子を使ってボールが捕まりすぎてフックが出てしまう場合には元調子に変えてみれば解決するかもしれませんし、逆にスライスが出てしまうのであれば先調子やダブルキックのシャフトを試してみるという方法があります。

 

とにかく、自分のスイングの傾向をニュートラルなスペックのシャフトで探り、そこから自分に合うシャフトを選ぶことが結果として理想の球筋への近道となることを覚えておきましょう。

また、シャフトにはキックポイントの違い以外にも重さや硬さの種類がさまざまあります。

これらも自分に合わないものを使っているとスライス、フックの原因にもなりますので注意して選択するようにしましょう。

 

重さに関しては男性用ドライバーシャフトで言えば50g台、60g台、70g台辺りがアマチュアでは主流で、シニアゴルファーであれば50g台、一般ゴルファーでは60g台、アスリートゴルファーのような腕力に自信がある方であれば70g台が平均スペックです。

硬さはフレックスと表記され、男性用で言えばR、SR、S、Xがアマチュア用としてラインナップされ、Rが最も柔らかく、Xが最も硬いシャフトとなります。

シニアゴルファーであればR又はSR、一般ゴルファーではSR又はS、アスリートゴルファーのような腕力に自信がある方であればSかXが平均スペックです。

 

キックポイント、重さ、硬さはそれぞれ自分に合うものをバランスよく選択する必要があります。

とにかく近道はニュートラルなものから試してみることですので一般ゴルファーであれば中調子の60g台、フレックスSR又はSから試してみて自分に合うようにカスタマイズしてみてください。

自分に合ったスペックでスライスを撲滅しよう

いくら良いスイングを研究しても自分に合っていないクラブを使い続けては良い結果には結び付きません。

自分のスイングや癖を理解し、スライスの原因となっている部分をシャフトのスペックで補うことで劇的に改善されるかもしれません。

年々クラブは進化を遂げていますので練習で自分でなんとかするのではなく、もっと簡単な方法としてクラブやシャフトのスペックを変えてみることをお勧めします。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフ初心者必見!ドライバーのスライスの原因はシャフトにあり!
最新情報をチェックしよう!