ゴルフのダフリが治らないのは何故?改善方法や練習方法について

ゴルフの悩みで多いのがダフリが治らないというものです。

練習場ではダフリをすることが少ないのに、いざコースに出るとダフってしまうということもよくある話です。

なぜダフリが治らないのか、その原因と改善方法や練習方法を紹介します。

ゴルフのダフリとは?

ゴルフにおけるダフリとは、ショットの際にボールの下の地面を打ってしまうことを指します。

ダフってしまうと多くの場合は地面をえぐってしまうので、コースが穴だらけになってしまいます。

コースで芝や地面をえぐってしまった場合には、目土という処理をする必要があります。

カートが近くにあれば、土や砂が乗っているのでそれらを使うことができます。

カートが近くにない状態でダフってしまった時には、えぐってしまった芝を穴に戻し、軽く足で踏めばOKです。

このように目土をすると芝が伸びることで穴がふさがります。

ダフってしまったら、その後にきちんと目土などの処理をするのがゴルフのマナーです。

 

ダフってしまうとコースを傷めてしまいますし、地面を打ってしまうので手にもダメージがかかってしまいます。

ダフったボールは飛ばないため、ラウンドの進行も遅れて時間がかかってしまいます。

このようにゴルフにとってダフリは、デメリットしかありません。

ただダフリを出さないようにと意識をすると、余計に緊張して連続してダフってしまうこともあります。

ダフリを出さないためには、ダフリの原因を把握した上で練習をする必要があります。

ダフリの原因は?

ダフリが治らない場合には、明確な原因があると考えられます。

まずダフリは、ボールよりも先に地面を打っている状態なので、クラブの軌道が正しくないと考えられます。

ボールよりも手前にクラブが当たっているので完全なミスショットと言えます。

ダフリの原因は様々ですが、複数の原因が重なっていることもありえます。

初心者がダフってしまう原因で最も多いのはダウンスイングの段階で、自分の体重が右足に残りすぎている状態になっていることです。

右足に体重をかけた状態でスイングをすると体の軸も右側にかたよってしまうため、ボールの手前を叩いてしまいます。

 

その他の原因には、スイングの時に頭が上下にぶれていたり、インパクトの時に膝が曲がっていたりなどが考えられます。

またアプローチの時にボールを上にあげようと意識しすぎるとダフリを起こしやすいので、スイングの際の気持ちの状態も大切になります。

スイングの時にゴルフクラブの角度や自分の体の軸、精神状態など様々な原因をクリアすることでダフリを減らすことが期待できます。

ダフリの改善方法と練習方法

ダフリを改善するためには、どのような改善方法があるのでしょうか?

簡単な改善方法としては、ボールのどこを打つのかという正しい認識を持つことが有効です。

ボールを打つ際に、ボールの下を打つような意識だとダフリを起こしやすくなります。

ボールを打つ際にはボールの左側にボール一つ分のスペースをイメージして、そのボール一つ分のスペースを打つイメージでスイングすると軸のブレを防ぐことができます。

ボールの手前を打ってダフってしまうことを減らせます。

またダフらないようにと意識しすぎることも逆効果ですので注意しましょう。

例えば地面にゴルフクラブを当てずにボールだけに当てようと考えてしまうと、いつものスイングに力が入ってしまい軸にブレが生じダフってしまうことが多くなります。

 

ダフリを治すための具体的な練習方法としては、自分のショットを動画で撮影する方法が有効です。

まず、なるべく意識せずにいつも通りのスイングを録画します。

数回のスイングだけでは録画していることを意識して通常のスイングができないことが多いので、自然なスイングが録画できるまで何十回もスイングをしてみましょう。

できれば、色々な角度から録画するとより正確に分析することができます。

いつも通りのスイングが録画できたら、それをセルフチェックします。

自分のスイングを分析して体の軸にブレなどが生じていないかを自分で把握することが大切です。

その他にはティーアップしてアイアンで打つ練習方法もあります。

ダフってしまう場合には、ボールではなくティーにクラブが当たるので自分のショットをチェックすることができます。

この方法は簡単に自分のショットをチェックできるので、スイングが乱れてきたなと思ったらボールをティーアップしてみましょう。

ゴルフのダフリを治すには練習方法を見直そう!

ゴルフのダフリが、なかなか治らないと悩んでいる人は多くいます。

ダフリの原因としては、体の軸がぶれていたり、膝が曲がりすぎていたりすることです。

そのような原因が重なってボールの手前を叩いて、ダフリを起こしてしまいます。

ダフリを改善するための練習方法としては、自分のスイングを録画してチェックしたり、ティーアップしたボールを打つなどの方法がおすすめです。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフのダフリが治らないのは何故?改善方法や練習方法について
最新情報をチェックしよう!