ゴルフのレベルが上がる!タメのメリットとマスター方法を紹介

飛距離を伸ばしたかったらスイング時にしっかりとタメを作ることが大切。

ベテランプレイヤーからこうしたアドバイスをもらったことはありませんか。

しかしタメを作るといっても、いまいちピンとこないという人も少なくないはずです。

そこで今回はタメを作ることで得られるメリットを紹介するとともに技術的なポイントなどもあわせて解説します。

是非とも習得したい重要なスキル!タメを覚えればスコアアップも簡単に目指せます

初心者を脱して中級プレイヤーへとステップアップするキーとなるテクニックがタメです。

スイングの際にこのタメを自然に作れるようになれば、ミスショットが減り、スコアがメキメキとアップしていくのを実感できるようになります。

しかしタメができるようになると、なぜミスが減ってスコアがアップしやすくなるのでしょうか。

そこでまずはタメを作ることで生じる具体的なメリットを紹介します。

タメができるとボールを正確にとらえられるようになる

初心者がミスショットを連発してしまう理由はクラブヘッドの中心でしっかりとボールを捉えられていないからです。

クラブヘッドの中心以外の場所で打ってしまうと、ボールはたちまちスライスしたりフックしたりします。

打つたびにボールの当たる位置がずれてしまうのは、打ち下ろす際にクラブの軌道が安定せず、ボールのミート位置がいつも動いてしまっているからです。

クラブを打ち下ろす前に、しっかりとタメを作れるようになると、クラブの軌道が安定して、ボールをしっかりとクラブヘッドの中心でミートできるようになります。

そうすると必然的にミスショットの数が減り、スコアも少しずつアップしてくるようになるのです。

タメを作ることで飛距離は一気にアップする

タメを作ったスイングができるようになると、おのずとスイングスピードはアップします。

なぜならタメがあるスイングは、シャフトが体のすぐそば、最短の位置を通って振り下ろされることになるからです。

こうなるとクラブヘッドとボールのインパクトはより強いものとなり、より鋭く、遠くへとボールは飛ぶようになります。

ある程度安定して遠くまで飛ばせるようになると、プレイスタイルの幅は一気に広がります。

当然のことながら距離も稼ぎやすくなるため、ラウンドごとの打数も必然的に減り、スコアメイクもグンと楽になってくるのです。

タメを作る具体的な技術を紹介!イメージのポイントは体の動かし方にあります

タメの効果は理解できていても、具体的にどこに注意すればうまくできるようになるのかわからないという人も多いことでしょう。

そこでここでは、具体的なタメの作り方を技術的な見地から説明するとともに、スイング時のイメージの持ち方などに付いても解説します。

上手なタメのポイントは手首、肘、肩、腰にあり

具体的にゴルフでいうところのタメとは、ダウンスイング時の姿勢のことを指しています。

ボールを打つ際にはまず両足のポジションを決め、次にクラブを引き上げ、そこから一気にボールを打ち据えて狙った場所へと飛ばします。

タメを作るとは、このスイングの際に、手首、肘、肩、腰を上手く連動させてクラブに強い回転モーメントを与えてボールを強くミートするための技術です。

手首、肘、肩、腰をいかにして連動させるかが重要なポイントになるので、スムーズにスイングできるようになるまで、辛抱強く練習してみましょう。

上手にタメを作る具体的なテクニックを紹介

技術的には、左腕はまっすぐの状態を維持し、腰の左を後ろに引くようにして始動します。腰を始動させたらそれに連動させるようなイメージで肩を水平にムーブさせましょう。

クラブが安定したら、手首を適度にロックし、左腕を体に巻き付けるようなイメージで一気にクラブを振り下ろします。

この際にはできるだけ腕がシャフトより先行するようなイメージを持つのが重要なポイントです。

クラブヘッドがボールにインパクトする瞬間には、腰と肩の動きを意識的に止め、ボールにしっかりと勢いが伝わるように注意します。

手首のロックはボールをインパクトする寸前で解除します。

かたくなにロックし続けたり、逆にインパクトの瞬間に手首を意識的に返すようにすると、ボールのコントロールを失いやすくなるので注意しましょう。

タメを作る練習は自宅でも可能!クラブを使った練習方法以外にも目を向けてみましょう

タメを作る技術は簡単には身につきません。

ただフォームを意識し、できるだけ正しいスイングを心掛けるように練習すれば、タメはアマチュアでもマスターできるテクニックです。練習は自宅でも簡単に実践できます。

たとえばバスタオルの一方を結び、ゴルフクラブに見立てて振る練習も効果的です。

タオルをスイングする際には結び目が遅れて出てくるのを意識しながら振るようにします。

こうした練習を続ければ、クラブヘッドが遅れてくるという感覚が身につきやすくなるでしょう。

また、スイング練習の際にカウントを取りながらひとつひとつの動作をチェックするのも効果的です。

こうした練習を続けていけば、タメを作る感覚が自然と増してきます。

初心者プレイヤーでタメのテクニックをマスターしたい人は、こうした練習にも取り組んでみましょう。

タメの作り方をマスターしてワンランク上のゴルフを目指す!ポイントは体の動かし方を覚えること

タメを作ったスイングができるようになれば、ミスを減らしてワンランク上のゴルフを楽しめるようになります。

簡単なテクニックではありませんが、ポイントを押さえた練習を続ければ、アマチュアゴルファーでもしっかりとマスターすることが可能です。
タメを覚える練習は自宅でも簡単に実践することができます。

こうしたクラブ以外を使った練習にも取り組んで、まずは体全体を上手く連動させる感覚から身につけましょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフのレベルが上がる!タメのメリットとマスター方法を紹介
最新情報をチェックしよう!