ゴルフにおけるダックフックの主な原因と改善方法について

ダックフックという言葉があります。

言葉の通り、まるでアヒルの足のように短い飛距離のことを表すゴルフ用語です。

ゴルフをしている人の中には、なぜダックフックになってしまうのか、その原因がわからず悩んでいるという人もいるでしょう。

そこで、ダックフックの原因について解説します。

原因がわかれば対策することも可能です。

ダックフックの原因

ダックフックは、ボールを打った瞬間に、すぐにボールがカーブを描いて飛んでいってしまいます。

なぜこのようなことが起きるのかというと、その原因は身体の動きにあります。

上半身の動きに集中するあまり、下半身の動きが疎かになってしまうというケースがあります。

ゴルフのスイングでは主に下半身の動きが重要になります。

下半身を動かさず、上半身だけを動かしたことがダックフックの原因なのです。

また、スイングする時のフォームは完璧なのに、ダックフックになってしまうという場合には、フェースの向きに注目してみましょう。

フェースの返しが多い場合に、ダックフックは起きやすくなるのです。

ダックフックの対策

ダックフックの対策としては、体重移動をマスターすることが大切です。

体重移動をする時には、上半身から動かしてしまいがちですが、下半身から動かすようにしましょう。

上半身の動きが先になってしまうと、体重移動が正しく行えなくなり、右足に体重が残ってしまいます。

ダウンスイングをすることで、体重の平行移動がしやすくなり、ダックフックを防ぐことができます。

ゴルフでは体重移動がかなり重要になるので、プレイの時には意識するように心がけましょう。

また、フェースの返し過ぎが原因となっている場合、手首の使い方を見直してみてください。

手首に力が入り過ぎていると、手首が動かしにくくなります。

まずは必要以上に力を入れないようにしましょう。

そして、右手を使い過ぎていると感じたら、正しいスイングの形を覚えるようにすると良いでしょう。

 

また、アドレスの時の前傾角度にも注目してみましょう。

ショットを打つ時に、ついつい猫背になってはいませんか。

猫背で構えることで、そのままスイングが縦振りしやすくなるのです。

なぜ猫背になってしまうのか。その理由は、腰から曲げてしまうからです。

腰から曲げてしまうと、どうしても背中が丸くなってしまうものです。

この時に、腰からではなく足の付け根から曲げるようにすると、背中はまっすぐ曲がり、猫背になりにくくなります。

自分がスイングしている時のスタイルを横から撮影してみるというのも、ダックフックの対策になります。

ダックフックを直すための練習法

ダックフックを改善するには、練習方法も大切です。

ダックフックの原因は、体重移動がうまく出来ていないことにあります。

そして、正しい体重移動をするための練習法としては、足踏みの練習をする必要があります。

ゴルフのスイングにおいて最初は右足に体重を乗せて、最後は左足に体重が乗っている状態が理想です。

この一連の動きを繰り返し練習をすることで、身体に自然と体重移動が身に付きます。

その練習方法としては踏み込みが大切です。何度も素振りをして、右足と左足への体重の乗せ方を覚えましょう。

 

また、スイングする時に下半身がついていかずに手打ちになってしまう時には、スイングする時の腰の動きに注目してみましょう。

スイングする時に腰の動きが中途半端になっていると、手打ちになる可能性が高くなります。

腰を正しく回すためには、スイングの時に左腕を伸ばしてください。

イメージとしては、左肩を顎の下へ持ってくる感じです。

そうすると、腰を綺麗に回すことができます。

ダックフックとフックの違い

フックというのは、ダックフックだけではありません。

そこで他のフックとの違いについて解説します。

まず、フックというのは、ボールが利き手とは逆方向へと曲がっていく状態をフックと言います。

そして、ストレートフックというのは、ダックフックとは違い、最初はまっすぐ飛びます。

ナイスショットのように見えますが、次第にボールは左へと曲がってしまうというショットです。

また、プッシュフックとは、インサイドアウトの軌道から右へと飛び出し、ブーメランのように左へと曲がるボールのことです。

ダックフックが初心者に多いのに対し、プッシュフックは比較的ゴルフ経験者に多いフックです。

また、右利きのゴルファーに多いフックの原因でもあります。

どのフックもミスショットには変わりません。原因を探して改善することが大切です。

ゴルフ初心者がダックフックに気がつくためには

ゴルフ初心者がダックフックに気がつくためには、日頃から自分のスイングを記録しておく必要があります。

例えば、ショットを打っている瞬間の写真を撮影しておくことで、下半身への力の入れ方や猫背になっていないかなどがわかります。

また、スイングしている時の映像を見ることで、どこを改善すれば良いのかがわかります。

大切なことは、何度もチェックをして欠点をそのままにはしないということです。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!