年を重ねて飛距離が落ちてきたあなた!飛距離をUPさせる方法とは?【32ydも飛距離がUPした人も】

最近、ゴルフをしていて飛距離が短くなったと感じることはありませんか。

実は、年齢を重ねるにつれて、昔のような飛距離が出ないとモチベーションの低下に悩んでいる人は決して少なくありません。

若い頃とは違い、関節の可動域が狭くなったり、筋肉の柔軟性が失われたりしていくので、だんだんと打つときの力が弱くなってしまうものです。

打数が多くなればなるほど体力的にもかなり負担が増してきます。

ラウンド終了まで体力が持たないという人も中にはいるでしょう。

体力に自信がなくなってきた、飛距離に伸び悩んでいる人はある程度妥協するしかないのでしょうか。

この記事では、昔のような飛距離でスカッとしたゴルフをしたいという人はどうしたら良いのかを紹介していきます。

飛距離が伸びないと息抜きのはずが逆に不満を溜めてしまう

飛距離が伸びないと息抜きのはずが逆に不満を溜めてしまう

昔は仲間内でゴルフをするのが楽しかったけれど、近頃は勝つメンバーが決まっているから面白くないと不満を感じ始めてはいませんか。

体の衰え方には個人差があるので、同年代であっても相変わらず飛距離が伸びる人と、そうでない人に分かれてしまうことはよくあります。

いくらゴルフが面白くても負け続けていると、意地でも勝ちたいという思いがふつふつと湧き上がるものです。

息抜きで始めたはずのゴルフが、逆にストレスが溜まる原因となるようではあまりにももったいない話ではないでしょうか。

下記に記載しているような悩みを抱えている人は、飛距離を伸ばすための対策を講じて、飛ぶ楽しみを取り戻し、確かな飛距離を実感しましょう。

初速が落ちてしまうのでバンカーに打ち込んでしまう

少し前までバンカーを超えられるショットを打てたはずなのに、バンカーに落ちてしまう、バンカーから脱出できないというのはよく耳にする話です。

一体全体自分の体に何が起こっているのだろうと不安になり、この先ゴルフを続けていく自信をなくして悩む人は年を追うごとに増えていきます。

若い頃は体を反って大きなスイングが難なくできますが、歳を重ねると体の可動域は制限されていき、安定したスイングができなくなっていきます。

初速を上げるために、打ち方を変えたり体づくりに取り組んだりとさまざまな努力を重ねても、やがて飛距離は短くなってしまうものなのです。

ゴルフをすると後日体が痛くなる&体がだるいと感じる

ゴルフをした後、何だか体が不調になることが増えたとうったえる人は少なくありません。

全く運動しないのも体には良くないのですが、歳を取ってからは体調に合わせて運動しなければかえって体調を悪化させてしまう原因となるのです。

ゴルフは想像以上に、体に大きな負荷がかかるスポーツです。

ドライバーを振り上げるときにかかる遠心力やショット時の衝撃など、腰痛の原因となるような動作がとても多くあります。

そのため、フォームに癖があったり、力で飛ばすような打ち方が身に付いていたりする場合は、気をつけて打たなければ腰を痛める可能性があります。

飛距離が伸びないという不安は高反発ドライバーで解消できる

 

飛距離が伸びないという不安は高反発ドライバーで解消できる

高反発ドライバーが飛距離を伸ばしやすいというのは、ゴルフ経験者であれば聞いたことがあるのではないでしょうか。

高反発ドライバーは、ヘッドが通常のドライバーよりも重いという特徴があります。

大抵の高反発ドライバーは、ドライバーにチタンプレートを埋め込むことでヘッドを重くしているのです。

ヘッドが重ければショット時の反発力が高まるので通常のドライバーを使うよりも初速が速くなり、より飛距離が伸びるようになります。

このチタンプレートの取り付ける位置によって反発力が変わるので、各メーカーはチタンプレートの取り付け位置を各社独自の方法で変えています。

体力が落ちてきたと感じる人にこそ使ってほしい高反発ドライバー

高反発ドライバーを使うことで飛距離が格段に伸びる人がいる一方で、芯に当たりにくく真っすぐ飛ばないという人もいます。

なぜ、人によって高反発ドライバーの使用感が違うかというと、通常のドライバーを扱う感覚で力を入れてスイングしてしまうからです。

高反発ドライバーは、通常のドライバーを扱うときのように力を入れてしまうと、芯に当たらないことが多いので力を抜いて振り切る必要があります。

そのため、体力が落ちてきたと感じるシニア世代にこそ、高反発ドライバーは扱いやすいといえるのです。

高反発ドライバーの良し悪しはメーカーやシャフトの長さによる

高反発ドライバーは標準シャフトの他に、長尺シャフトも販売されています。

たしかに初速の速さで選ぶなら、長尺シャフトのほうが遠心力は大きいので初速が断然速いといえるでしょう。

しかしながら、長尺シャフトには短所もあり、標準シャフトよりも遠心力が大きいので正確にスイングしにくくなり、ミート率が下がってしまうのです。

飛距離が伸びてもボールに当たらなければ意味がありません。

このミート率の低さが原因で、人によっては高反発ドライバーを扱いにくいと感じるのです。

高反発ドライバーはシニア世代を中心に高い人気を集めているので、さまざまなメーカーがデータを研究し開発しています。

しかし、メーカーによっても飛距離がかなり変わるので、購入するかどうかを悩む人は多くいます。

高反発ドライバーは本当に飛距離が伸びるの?「ハヤブサビヨンド」ならそんな心配なし

高反発ドライバーは本当に飛距離が伸びるの?「ハヤブサビヨンド」ならそんな心配なし

シニア世代にとても注目されている高反発ドライバーの「ハヤブサビヨンド」なら、ボールに当たりやすく飛距離も伸びやすいのでおすすめです。

ハヤブサビヨンドのどんなところが多くの人を魅了しているのか、ハヤブサビヨンドの特徴を紹介していきます。

反発力を生むための革新的なアイデア

一般的なドライバーは、インパクトの際にドライバーの重りが揺れてクラウン部分だけがたわんでしまいます。

その結果、インパクト時のパワーが分散され、集中的にボールへ力を加えることはできません。

しかし、「ハヤブサビヨンド」ならば、ステンレスとチタンを直接溶接することで反発力を高めてくれます。

そのため、シニアや女性の力でもボールを遠くへ飛ばすことができるようになるのです。

さらに、ソールにもこだわり最下点から8mmソール板を浮かせることで、クラウンやソールを最大限にたわませることに成功しています。

インパクトのパワーを全体的に伝えることで、ボールを押し出す力を高めてくれる効果があるのです。

フェイスを削ることで反発が高まる

実は、高反発ドライバーは正式な大会で使うことは許されていません。

裏を返せば、それだけ飛距離が伸びすぎるため規制されたということでもあります。

個人的な趣味でゴルフを続けるのであれば、高反発ドライバーはシニア世代にとってこれ以上ないくらい強い味方といえるでしょう。

反発係数0.83を超えるものが高反発ドライバーと位置付けられており、「ハヤブサビヨンド」は測定値では反発係数が0.8305となっています。

個人差はもちろんありますが初速度は32%アップするとされており、198ydの人が230ydまで記録が伸びたケースも実際にあります。

「ハヤブサビヨンド」の反発数をアップさせている秘訣は、フェイスを一般的なものよりも0.7mm薄くしているという点です。

フェイスを軽くすることで、インパクト時のたわみを大きくし反発力を高めているのです。

「ハヤブサビヨンド」は高反発ドライバーにありがちな当てにくさもなし

「ハヤブサビヨンド」は高反発ドライバーにありがちな当てにくさもなし

高反発ドライバーは飛距離が出る分、芯に当たらないというケースはよくあります。

歳を重ねるごとに落ちるのは体力だけとは限らず、体幹も弱くなっていくからです。

そのため、正しいスイングをできないことでヘッドに当たる位置がぶれてしまい、ミスヒットにつながる原因となってしまいます。

「ハヤブサビヨンド」はそんな悩みを解決すべく、研究を重ねてヘッドの重りの位置を調整し、最適な位置に置くことに成功しています。

2つの重りを軸から離れた位置に置くことでぶれにくく、正確に力を伝えることができるようになっているのです。

ロングクラウン構造でよりミート率がアップ

「ハヤブサビヨンド」は、クラウンを通常のドライバーよりも6mmほど長くしています。

クラウンを長くすることで重心までの距離を長くとることができ、スイートスポットが広くなります。

そのため、通常ではミスショットとなるようなスイングでも、左右のぶれが少なくボールは上がりやすくなるのです。

深重心でボールを捕えやすいだけではなく、低重心にすることで打ちだし角向上を実現しています。

ボールがふけ上がり過ぎないのでバックスピンの低減につながり、真っすぐに飛距離を伸ばすことができるのです。

高反発ドライバーに抵抗がある人にこそ試してほしい

実力で飛距離を伸ばせているわけではないと、高反発ドライバーに抵抗がある人もいるかもしれません。

しかし、高反発ドライバーに抵抗がある人にこそ、「ハヤブサビヨンド」を一度試してみることをおすすめします。

アスリート向けのクラブでも体力づくりやフォームの改善などを頑張れば、飛距離を伸ばすことはできます。

しかし、それでも限界はあるもので、努力に見合うだけの結果につながらない可能性が高いのです。

頑張りに対して結果がついてこないと、ゴルフを純粋に楽しむことができなくなることもあるでしょう。

 

形にこだわるのももちろん大切ですが、どんな形であれ長く楽しむというのもゴルフの一つの楽しみ方です。

「ハヤブサビヨンド」を使えば、誰でも簡単に飛距離が伸ばせるので、ゴルフを少しでも長く楽しむことができます。

最近、ラウンド終了まで体力が持たなくなってきたという人は、このタイミングで高反発ドライバーに切り替えて、まだまだゴルフを思いっきり楽しんでみませんか。

昔のように飛ぶドライバー「ハヤブサビヨンド」の詳細を見る

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

最新情報をチェックしよう!