ゴルフにおける打球のスライスとは何か、その直し方も紹介します

ゴルフ初心者が陥りやすい悪癖のひとつにスライスがあります。

どういった点が成長する上で問題なのか、その直し方まで紹介します。

スライス回転の原因はフォームの乱れにあり

自分だけではなかなか直せないので、人やモノの力を借りましょう

スライス回転の原因はクラブを出す腕が身体の後ろから遅れて出てくることが原因です。

この悪癖の元となっているのは、力みであることをご存知でしょうか。

ヘッドの重いクラブを力で振り出そうとすると、どうしても腕や手首だけでは振り切れずに身体の後ろから、どうしても腕が遅れて出てきてしまいます。

ヘッドの重みにスイングを預け、力を抜いて遠心力を最大限に活用できるようになった場合にきれいなバックスピンがかかるようになるでしょう。

それまでは他の人に見てもらったり、自身でカメラを用意してスイングフォームを確認するなどして傍から見て力みが無いかどうかを確認すると効果的に打球の回転を矯正することが出来ます。

フォームを矯正しなければスコアも改善しない

スコアアップのため、理想的な打球を目指して練習しよう

ゴルフにおけるドライバーの打球で理想的なのはバックスピンのかかったボールです。

きれいなバックスピンがかかると、真っ直ぐに伸び上がっていくような軌道で打球が飛んでいくために飛距離が大幅に増加します。

ですので初心者は最初にバックスピンがかかるようにスイングを固めていくことが必要ですが、上手くバックスピンがかけられるようになるまで大変な努力を要します。

スイングを固める過程で、初心者が陥ってしまうのがスライス回転の打球ばかり打ってしまうことです。

 

スライスのかかったボールは利き手側、右利きであれば右側にカーブして飛んでいきます。

カーブを描いて飛んでいけば飛距離が伸びていかないのはもちろん、グリーンという本来ボールを転がしたいところへと持っていくことが難しくなってしまい、スコアも伸びていきません。

OBという足の長い草原にボールが入ってしまうと探すのが大変ですし、ボールを追いかけるばかりでゴルフをなかなか楽しめません。

打球を遠くに飛ばすのはゴルフの醍醐味のひとつですので、スライスを克服してゴルフを楽しめるようになるのが初心者の目標のひとつでしょう。

スライス回転を直すためのスイング矯正法

クラブの軌道、角度を意識してフォームを作りましょう

ドライバーショットはティーに置いたボールを打つ唯一の機会ですので、ボールの下から掬い上げるように打つ技術を身に着けることでもきれいなバックスピンがかかるようになります。

しっかり理想的なポイントでボールをミート出来るようになるために、きれいなフォームを追求する必要があります。

理想的なポイントとは弧を描いてスイングする時に、振り下ろす軌道から振り上げる軌道に切り替わった時のことを指します。

この軌道をイメージしながらスイングフォームを固めていくと効果的に打球の質を改善することが出来るでしょう。

あまりに当てることに執心してしまうとスイングが小さくなりがちですが、飛ばすことが醍醐味のドライバーらしくダイナミックなスイングを心掛けると早く上達できます。

 

また、常に同じ軌道でスイングできるように、体幹や肩の位置、頭のブレなどにも気を付けなくてはなりません。

肩を地面と平行に保ち、頭を動かさないように構えてスイングすることが理想的なスイングを作るために必要なところです。

また、ストレス無く振り切るために肘を伸ばしてトップを作ることも大切です。

肘を畳んでしまうと腰を引くような構えになったり、スイングが横に振るようなフォームになるなど別の悪癖が現れる可能性があるため、地面に擦らない程度に思いっきりスイングすることも必要です。

しっかり振り切ることを覚えれば、スイングに必要な筋力は後からついてくるので、楽にスイングできるようになるまでが初心者にとって頑張りどころと言えます。

 

特に野球をプレーしていた方に多いのが肘の曲がった構えから振り下げるようなフォームです。

また、野球ではヒザを使ってリズムを取る方も多いのですが、これをすると地面をドライバーで叩く、というダフりをしやすくなるため注意が必要です。

野球の癖がある方は、頭のブレが少なくミートが上手なので多少スライスしても飛距離が出てしまうことも多く、フォーム矯正に対して二の足を踏む方も少なくはありません。

しかし、少しフォームを改善し力みを抜くことでスライスを矯正し、思い通りにボールを扱えるようになるので、ゴルフ向きのスイングに近づけていければ更にスコアアップが望めるでしょう。

どうしてもフォームを矯正したいなら器具を使うことも考える

練習器具で癖を矯正する

スライスの原因がフォームの乱れであることは前述のとおりですが、動きの癖がそう簡単に抜けるわけでもない、と仰る方もいるかもしれません。

思い通りにボールが扱えずに人知れず苦しむ方も少なくないでしょう。

自分で気を付けたり、他の人に指摘してもらうのが手っ取り早い矯正方法ではありますが、それでもなかなかフォームが安定しない、と苦しむようであればスイングフォームを矯正する器具を使用することも考えるべきでしょう。

インターネット通販などで矯正器具は比較的容易に手に入るので試してみてもいいのではないでしょうか。

 

非力なゴルファーや手首を使ってしまう悪癖のある方には、クラブのグリップを握る腕の角度を一定に保つ器具を使用するといいでしょう。

スイングの途中でクラブの重さに負けて肘が曲がったり、手首がぐらついたりという不安定さはミスショットを誘発してしまいます。

いつも同じ軌道で、その上で思い切りスイングできるようなフォームを身体に沁み込ませるために繰り返しフォームを固めていく努力をしましょう。じっくり取り組めばそれだけきれいなバックスピンの打球が伸びていくようになるでしょう。

クラブもあなたにあったものを

スライス回転を矯正しようと頑張ってみたものの、どんな直し方も奏功しない、という場合もあるかもしれません。

そんなときは、フェースというボールをミートする面の角度を変えられるドライバーを使用することも検討してみてはいかがでしょうか。

スイングの癖を計算に入れ、ボールの正面を叩くようなスイングになるよう、ドライバーそのものの形を変えてしまうのです。

もちろん、この角度が手に馴染むまでは相応の経験を積まなくてはなりませんが、自身の癖を活かしながらプレーすることの出来る数少ない方法のひとつであると言えるでしょう。

スライス回転の矯正の原則はフォームの乱れの解消

時にはプロの指導を受けることも

様々なスライス矯正法を紹介してきましたが、これからスコアアップを目指して準備していくのであればなおさら、フォームの乱れは放っておけません。

楽しく、成長できるゴルフのために、スイングするフォームをきれいな状態で固めましょう。

アマチュア目線では気が付かない歪みも、プロのゴルフインストラクターによって見つけられる場合がありますので、時には指導を仰ぐことも必要かもしれません。

癖を活かしてプレーすることを考える前に、しっかりとしたゴルフの素地を作りましょう。

ゴルフを満喫するために、スライス回転を直そう

ゴルフは少ない打数でボールを目的地まで運ぶスポーツだけに、飛距離やコントロールは要と言えます。

ですので、コントロールを狂わせ、飛距離を縮めるスライス回転はこれから上手になろうとしている人にとっては直すべき課題の一つです。

スイングするフォームを見直して、理想的なボールの捉え方が出来るよう、日々反復練習を行うことがスコアアップの第一歩です。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフにおける打球のスライスとは何か、その直し方も紹介します
最新情報をチェックしよう!