ゴルフスイングを成功させる力を入れる部位とタイミング

ゴルフスイングでは、力を抜いてとよく聞きますが、どこの力を抜けばいいのか迷うところです。
逆に、力を入れておくといい体の部位はどこなのでしょうか。
この記事では、ゴルフスイングのときに、体のどこに力を入れるのか。
また、スイングで力を入れるタイミングなどについて詳しく解説します。

ゴルフスイングで力を抜いた方がいい部位

力を抜く理由

ゴルフスイングで力を抜いてと言われると、脱力するたけだと勘違いする人もいます。
力を抜くというのは、余計な力を抜くという意味で、決して全く力を入れないというわけではないのです。
筋肉というのは、力が入ると縮んでしまい、思うように体が動かなくなります。
これでは、思うような飛距離を伸ばすことは難しいでしょう。
特に、アドレスやテイクバックのときに力が入ってしまうと、軌道から外れてしまう可能性があります。

腕の力を抜く

ボールを打つ瞬間に、いいショットを打ちたいと思う気持ちや、緊張感からついつい力が入ってしまうという人もいるでしょう。
ゴルフスイングでのミスの多くは、腕に力が入りすぎているからです。
腕に力が入りすぎると、筋肉が強ばってしまい思うようなショットが打てなくなります。
腕から余分な力を抜き、軽く振るだけで理想の方向へとショットが打てたり、飛距離を伸ばすことが可能になります。
腕の力を抜くには、グリップの握りかたが重要です。
グリップの基本は、左手の中指と薬指、小指の3本でしっかり握り、他の指はそっと添えるだけでいいのです。
腕の力を抜くのが難しいときには、グリップを握るときに、約5秒ほど力を入れてから脱力します。
そうすることで、腕がリラックスした状態でスイングを打てるようになります。

肩の力を抜く

ゴルフスイングのときには、肩の力を抜くことが大切です。
緊張感から肩に力が入ってしまうと、上半身の動きが硬くなってしまい、思うように動かせなくなります。
肩の力を抜くことで、上半身が楽に動かせるようになり、スイングのときに思いっきりスイングできるようになります。
肩の力を抜くためには、1度クラブを高く持ち上げて一気に下ろします。何度か繰り返すと、肩の強張りが解けてリラックスした状態になります。

ゴルフスイングで力を入れる部位

力の入れかた

ゴルフスイングでは、余分な力を抜いた方が飛距離をあげることができます。
ですが、すべての力を抜いてしまっては飛距離は伸びません。
大切なのは、正しい力の入れかたなのです。
ゴルフスイングでは、押す力よりも引く力の方が重要になります。
筋肉は、引っ張るときにこそ力を発揮します。
つまり、クラブを持ち上げるまでは力を入れますが、降り下ろすときには力を抜くことが大切です。
力の入れかたを理解していないと、ゴルフスイングを成功させることができません。

腰に力を入れる

ゴルフは腰で打つという言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。
ゴルフスイングでは、腰の使いかたが重要になります。
腰の回転が早ければ飛距離は伸びますし、遅ければボールにもなかなか当たりにくくなってしまいます。
そして、腰だけに力を入れることで、肩や腕などから余分な力が抜けて、楽にショットが打てるようになります。
腰に力を入れるためには、腹筋を意識することが大切です。
腹筋に力を入れることで、腰に力が入るようになり、早い回転も可能になります。

足に力を入れる

ゴルフスイングでは、足の踏ん張りが重要になります。
足の踏ん張りが弱ければ、いくら上半身が完璧でも、下半身が不安定になってしまいます。
切り返しのときに、左足を力強く踏み込み、右足を強く蹴りあげることで、腰が早く回転して力強いスイングが打てるようになります。

ゴルフスイングで力を入れるタイミング

タイミングの重要性

ゴルフスイングのときの、力の抜きかたや入れかたがわかっても、タイミングを間違えてしまうと、思うようなスイングにはなりません。
力を抜くときにも、入れるときにもタイミングが重要になるのです。
特に切り返しはスイング全体のバランスを決定づけます。
切り返しばかり意識していては、スイングが乱れてしまい、ボールをまっすぐ打つことはできなくなります。
ボールの飛距離を伸ばすためには、力の出しかただけではなく、切り返しを適切なタイミングでおこなうことが大切です。

タイミングをはかるコツ

ゴルフスイングのタイミングは、肩の回転と関係があります。
左の肩が早く回転すればスイングのタイミングが早くなり、スライスが多く出てしまいますし、回転が遅くなれば、タイミングが遅くなり、ダフリが多くなってしまいます。
スイングのタイミングをはかるコツは、スイングを打つ前に1度止めて、勢いをつけて振ることです。
このときに早さだけを意識すると、手打ちになってしまいミスショットになる可能性が高くなります。
早すぎず、遅すぎず降り下ろすことでタイミングをつかみやすくなります。

力を抜くタイミング

力を入れるタイミングが理解できても、力を抜くタイミングが間違っていた場合は、余計な力が入ってしまい、安定したスイングはできなくなります。
力を抜くタイミングは、インパクトの前です。
インパクトする寸前のときに力を抜いておかないと、しなったクラブが戻りきらず、飛距離を伸ばすことはできません。

リズムでタイミングをはかる

タイミングをとることが難しいというときには、リズムでタイミングをはかる方法もあります。
リズムを刻みながらスイングをすることで、タイミングが合いやすくなります。
リズムを一定にすることで、再現性が高まり、何度しても同じスイングが可能になります。
リズムを見つけるためには、最初はゆっくりとしたテンポを心がけることが大切です。
それから、徐々にスピードを上げていき、自分に合ったタイミングを見つけます。
メトロノームなど、リズムを刻むものを置いて計測すると、更にわかりやすくなります。

ゴルフスイングのときに必要なこと

ゴルフスイングのときに必要なのは、正しい力の抜きかたと入れかたを理解することです。
ですが、力の加減だけでは飛距離を伸ばすことはできません。
大切なのは、力を入れるタイミングをはかることです。
適切なタイミングで力を入れたり、抜いたりすることで飛距離を伸ばす効果が期待できます。
タイミングをはかるには、一定のリズムを身につけるとわかりやすくなります。

【チキンゴルフ】気が付いていないクセはありませんか?
4.8

結論から言うと、チキンゴルフはゴルフ初心者やゴルフ経験はあるもののスコアに伸び悩んでいてなかなか100を切れないという方にとてもおすすめ

・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

こんなお悩みを解決するのが、
全国都市圏に店舗数を伸ばしている「チキンゴルフ」です。

キャンペーン中:初回限定お試しレッスン1,000円(税込)・マンツーマンの個室レッスン

ゴルフスイングを成功させる力を入れる部位とタイミング
最新情報をチェックしよう!