ゴルフ初心者が知っておくべきグリップの握り方【3種類】

次郎
グリップの握り方がわからない人「グリップの握り方はどうすればいいの?握り方に種類はあるのかな~?握り方にコツはあるのかな~?」
こういった疑問にお答えします。
本記事の内容
  • 上半身に余計な力が入らないようにするのが大切!グリップの基本的な握り方を紹介
  • 違和感がない握り方を探そう!3種類のグリップの握り方を紹介
  • スイングの正確さに影響!握り方のコツと注意点を紹介

ゴルフの上達を目指すうえで、重要なポイントとなるのが「グリップの握り方」です。

グリップはプレイヤーとクラブの接点であり、握り方によって飛距離やスコアの向上に影響をおよぼすといわれています。

そのため、ゴルフ初心者のうちから、きちんとグリップの握り方を知っておくのが肝心です。

ここでは、基本的なグリップの握り方や注意点について紹介します。

基本的なグリップの握り方

まずは基本を押さえよう

ゴルフ初心者の場合は「どうグリップを握れば良いのかわからない」という人も少なくありません。

ゴルフのグリップは特殊な握り方をするため、きちんと基本を学んでおく必要があります。

なかには、何も意識せずにグリップを握ってしまう人もいますが、変なクセがついたり、後でそのクセを直すのに苦労したりするおそれがあるため注意が必要です。

ゴルフの上達を目指すのであれば、グリップの握り方の基礎をしっかりと把握しておく必要があります。

グリップの基本的な握り方

グリップの握り方は、右利きの場合、左手から握ることになります。

なお、グリップを握る際は、上半身に余計な力が入らないようにするのが大切です。

左の手のひらに沿わせるようにして、自然な状態でクラブを握ります。

このときに、親指以外の指の付け根にクラブが当たるようしましょう。続いて、クラブに右手の小指・薬指・中指の付け根を当てます。

 

その状態のまま、親指と人差し指をクラブにそっと添えるようにして握れば大丈夫です。

クラブと手がフィットするよう、左手の親指を右手の生命線で覆うようにするのがポイントです。

この状態から右手の小指の置き方を変えることで、さまざまなグリップの握り方にできます。

好みに合わせて!3種類のグリップの握り方

好みに合うグリップの握り方を選ぶ

基本的なグリップの握り方を覚えたら、次に自分好みの握り方を探します。

右手の小指の位置を変えることで「オーバーラッピング」「インターロッキング」「ベースボール」という、3種類の握り方ができます。

オーバーラッピング

オーバーラッピングは最もベーシックで、初心者にも向いている握り方です。

握り方は、右手の小指を左手の中指・人差し指のあいだに乗せるというものです。

両手でクラブを包み込むようにして握るのが特徴として挙げられます。

また、オーバーラッピングはゴルフを楽しむ際、右手で打っているような感覚を味わえるのが大きな特徴だといわれています。

インターロッキング

インターロッキングはオーバーラッピングに続いて多いとされる、ポピュラーな握り方です。

握り方は、右手の小指を左手の中指・人差し指のあいだに絡めるというものです。

インターロッキングはオーバーラッピングとは異なり、右手の影響を受けにくいといわれています。

右手の影響が少ないことから、方向性がしっかりと定まりやすいのが特徴です。

パワーヒッターのプロプレイヤーに多く採用されている握り方で、腕の力に自信があったり、手が小さかったりする人にも向いています。

また、インターロッキングは両手で固定できるため、グリップが安定しやすいというメリットがあります。

ベースボール

ベースボールは別名テンフィンガーとも呼ばれる握り方で、右手と左手の指が重ならないのが特徴です。

握り方は、野球のバットを持つようにして、右手と左手のすべての指でグリップを握ります。

このとき、握った右手と左手のあいだに、隙間ができないようにするのがポイントです。

ベースボールは力を入れやすく、飛距離が出やすいといわれています。

したがって、力のない女性・シニア・ジュニアなどのゴルファーにも向いている握り方なのです。

また、ベースボールは指を重ねないため、ゴルフ初心者でも違和感が少ない握り方だといわれています。

グリップを握るときの注意点

グリップは握り方によって、スイングの正確さに影響が出る可能性があるといわれています。

そのため、グリップは握り方に十分注意を払う必要があるのです。

グリップを握るときの注意点としては、以下の点が挙げられます。

力の入れすぎに気を付ける

まずは「力を入れすぎないこと」です。

ゴルフ初心者の場合、強い力でグリップを握ってしまう人も少なくありません。

しかし、グリップを強く握りすぎると、手の動きが邪魔されてしまい、シャフトやヘッドがスムーズに動かなくなる原因につながります。

そのため、力の入れすぎには注意し、強く握ったときの3~4割程度の強さを意識すると良いでしょう。

グリップは短めに握る

ゴルフ初心者の場合は「グリップをやや短く握る」のもポイントです。

グリップのぎりぎりの長さまで握ってしまうと、クラブのコントロールがうまくいかない場合があります。

グリップエンドから指2本分程度を余らせるようにして握ると、クラブを操作しやすくなります。

ゴルフ初心者はまずグリップの握り方を追求しよう!

グリップの握り方といっても、さまざまな種類があります。

自分に合うグリップの握り方を追求することで、ゴルフの上達がよりスムーズになることが期待できます。

また、グリップを握る際は力を入れすぎないよう注意したり、短めに握るよう意識したりするのもポイントです。

紹介したグリップの握り方のなかから、自分にとって相性が良いのはどれなのか、試してみてはいかがでしょうか。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフ初心者が知っておくべきグリップの握り方
最新情報をチェックしよう!