ゴルフでラウンドを回っているときによく起こるつまらない凡ミス

ラウンドを回っているときに、プレイの成績を落とすきっかけになるのがささいな凡ミスです。

つまらない失敗でもそれがきっかけになって調子を大きく崩してしまう場合もあるので、普段からミスをしないような心がけが必要です。

ボールがクリーンヒットしない凡ミス

ラウンドを回っているときによく起こりやすい凡ミスが、スイングしたクラブにボールがジャストミートしないミスです。

特にゴルフを始めたばかりの人は、ボールではなく周囲の地面の部分を打ち付けてしまう場合も多いので、細心の注意が必要です。

空振りをするだけならもう一度打ち直せばいいだけですが、地面にクラブを当ててしまうとクラブが破損する原因にもなってしまうので、スイングは慎重に行う必要があります。

ラウンドでボールが当たりにくくなるのは、ボールが飛んだ場所によって打ちにくい場所に移動してしまうことも理由にあげられます。

池やバンカーの近くなどでは、慎重にスイングをしようと思いながら打つことにより力が逆に入ってしまい、かえってボールにジャストミートせず、池やバンカーに落ちてしまうこともよくあります。

 

地面を叩いてしまうのは、打つときの姿勢に問題がある場合もよくあります。

特にボールの下の部分にクラブのヘッドが当たりやすい場合には、姿勢が前かがみになりすぎている場合もよく見られます。

体全体が前かがみになると、全身の体重も前の方にかかりやすくなるのでスイングの軌道も下側に移動してしまい、ボールの下や地面に当たってしまうケースが多くなります。

ボールをクリーンヒットさせるには、上体をいつもよりも上に上げて、体全体のバランスを移動させることが効果的で、スイングの質が飛躍的に改善される場合もあります。

ボールが曲がる凡ミス

ラウンドを回っているときに、よく起こる凡ミスにはスライスやフックがあります。

コースに合わせて意図的にスライスやフックができる技術があればよいのですが、技術が未熟な初心者の場合には、意図していないのにボールが勝手に右方向に曲がったり、左方向に飛んだりすることがよくあります。

多少のスライスやフックならば、コース内に落ちてプレイが続けられることもありますが、曲がり方が大きすぎる場合にはコースの外に飛び出してしまい、OBとなって余計な打数を増やしてしまうことになるので、気をつけなければいけない凡ミスです。

 

スライスやフックが起こってしまう原因として考えられるのが、スイングの時の体重移動がうまくいっていないケースです。

クラブを大きく振り上げて、ボールに当てるまでの瞬間に、体重が適切な場所にかかっていないと、体全体のバランスが片寄って、ボールがまっすぐに飛ばない原因となります。

特に利き腕の方向にボールが曲がってしまうスライスは気をつけていても起こりやすいので、普段から正しいスイングを心がける必要があります。

スイングをするときの体重移動の際に意識しなければいけないのが、利き腕と同じ側の足です。

スライスをしやすい人の場合には、スイングをするときにはこの足に強く体重がかかっている場合もあるので、過剰に重さをかけないように慎重な体重移動を心がける必要があります。

クラブの選択ミス

ラウンドを回っているときに、必ず避けるべきつまらない凡ミスとしては、使用するクラブの選択ミスがあります。

ラウンドを回るときは、落ちたボールの場所によって最適なクラブをその都度選んで使用する必要がありますが、選ぶクラブによってショットの結果にも大きく左右する場合があるので、クラブ選びは常に慎重に行う必要があります。

ラウンドを回っている場合、特にクラブ選びのミスが大きく左右するのが、飛んだボールの飛距離です。

グリーンまでの距離を考えて飛びにくいクラブを選んだが、思いのほかボールが飛ばずに、もう一度打ち直さなければいけなくなる場合もあるので、クラブ選びの良し悪しはスコアの向上に大きく左右します。

 

クラブ選びをする場合に考慮したほうが良いのは、ラウンドを回っている日の体調です。

いつもよりも気分が優れないような場合には、ボールが飛びにくくなることも多いので、クラブは距離が伸びやすいものを選ぶ必要があります。

逆に力が有り余っているような体調のときには、普段よりもボールの伸びがよくなるので、クラブは飛びにくいものを選んだほうが有利な場合も多いです。

いずれの場合でも、普段から自分の使用しているクラブと、スイングしたときの飛距離などを正確に把握しておけば、場面に応じたクラブの使い分けがしやすくなります。

ゴルフのつまらないミスをなくすために

ラウンドを回っていると、つまらない凡ミスが原因となってスコアが悪くなってしまうことも多いので、プレイをするときは細心の注意が必要です。

凡ミスを防ぐためには、普段からしっかりと対策を練っておくことが最も効果的な方法です。

スイングしたときにボールがジャストミートしなかったり、スライスしてしまう場合でも、毎日の練習を続けることで、ミスをより少なくできます。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフでラウンドを回っているときによく起こるつまらない凡ミス
最新情報をチェックしよう!