久しぶりのゴルフ練習で以前の状態を取り戻すためのポイント

久しぶりにゴルフクラブを握ってみたけれど案外腕が鈍っていなかったという方もいれば、自信をなくしたという方もいるでしょう。

いずれにしても、以前の状態とは変わったことに気付いたはずです。

ここでは、せっかく身に付けた技術を取り戻して以前の状態になるために久しぶりのゴルフ練習でどうすればよいか、ポイントを解説します。

ウエッジでヘッドの重みを感じる練習から再スタート

久しぶりにゴルフクラブを握ってみると、とにかくまずはボールを打てるかどうかが気になりがちです。

その結果として現れるのが、ボールにヘッドを当てにいく小手先のスイングです。

手首から先だけでクラブを動かしているのでは、スイングとは言い難いでしょう。

問題は体の使い方にもありますが、選んだクラブにもあります。

久しぶりのゴルフ練習で、ドライバーを選んでいませんか?

しばらくクラブを握っていないのにいきなりドライバーを振ろうとするのでは、調子がつかめなくても当然です。

ドライバーの前に、重みのあるウエッジで練習を再開しましょう。

ヘッドの重みを感じながらスイングすると、ショットの距離も伸びますし、体が自然と柔軟になっていきます。

バックスイングでキープしたい前傾姿勢

バックスイングをするときに、ついつい体が伸び上がってしまうことがあります。

こうなると、姿勢が崩れてミスをしやすくなるのです。

飛距離を伸ばそうと頑張る前に、回し過ぎないバックスイングができるように心がけてみてください。

そのためには、太ももやヒップに集中して下半身をしっかり地につけ、上半身は腕を持ち上げないように体を回すというイメージが大切です。

 

体が伸び上がってしまうと、飛距離が伸びるどころかトップやチョロを出してしまいます。

逆に前傾角度が下がり過ぎてしまうと、ダフリになりやすいのがネックです。

個人差もありますが、正しい前傾姿勢の角度には基準があります。

足を肩幅程度に開いてまっすぐに立ち、上体を前傾させてみてください。

腹部と胸部は曲げずに、股関節を中心にして曲げるのがコツです。

背中もまっすぐにしてお辞儀をするような姿勢になったら、膝を気持ち曲げます。

わずかにつま先側に重心を置いた感じが、理想的な前傾姿勢です。

前傾姿勢をキープする練習

意識して前傾姿勢を保ちながらスイングしようとしても、上手くいかないかもしれません。

そんなときは、一度スイングから離れてゴルフクラブを持って前傾姿勢キープの練習をしてみてください。

ゴルフクラブを抱えるように持って体を回転させると、前傾姿勢を保つ練習になります。

首と肩をまわして練習する方法もよくおこなわれていますが、そうではなく胸の前でクラブを抱えるのは背中を必要以上に反らせないようにするためです。

胸の前で抱えて練習すると、実際のスイングと同様に前傾姿勢をキープしながら体を回転させることができます。

 

胸の前でゴルフクラブを抱えていると、今度は背中を丸めてしまう可能性もあります。

背中はまっすぐに保つようにして、筋肉をピンと張るイメージで練習してください。

頭の位置も、ブレないように気を付けましょう。

ボールを打ちたい気持ちが先に出てしまうと、頭が上下左右に動きやすくなります。

ボールは横向きの目線で追い、顔は動かしても頭は動かさない意識でいてください。

全身を鏡でチェックしながら練習すると効果的です。

フォロースルーでも前傾姿勢キープが重要

ボールをインパクトしてフィニッシュするまでのフォロースルーは、フィニッシュの形と同じくらいに重要です。

上手くやるコツは、正しい体重移動と体全体でスイングすること。

フォロースルーの練習に力を入れることで、小手先でボールを打つのではなく体全体でのスイングが可能になるともいえます。

フォロースルーの練習は、正しいフィニッシュの形を作るところから始めましょう。

真似したい形を動画などで覚えてもOKです。

フィニッシュからインパクトの位置までをゆっくりと逆に動かしてみてください。

スローモーションで動画を逆再生しているようなイメージで、ゆっくりと動くのがポイントです。

次に、インパクトの位置からフォロースルーの動きをしてみましょう。

この動きを3回ほど繰り返してからボールを打つと、次第に正しいフォロースルーが身についてきます。

 

フォロースルーで前傾姿勢を保つには、ボールを追う目線がポイントです。

打ったボールを追いながら、顔と目線が90度横になっているくらいが理想です。

目線が斜めになっていることが意識できるくらいであれば、体も前傾姿勢になっています。

ゴルフを久しぶりに練習するならまずは姿勢からチェック

ゴルフを久しぶりに練習するとき、どうもスイングが上手くいかない、ボールを当てられないと思ったら、姿勢をチェックしてみてください。

鏡の前で練習を始めて、ボールを打つまでに姿勢を確認してみるのもよいでしょう。

前傾姿勢をキープしながらスイングできているか、キープできていない場合は前傾姿勢のキープ練習から始めると、行き詰まることなく以前の状態に戻っていけることでしょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

久しぶりのゴルフ練習で以前の状態を取り戻すためのポイント
最新情報をチェックしよう!