当日の練習は必要!?ゴルフのラウンド前に行うこととは?

ゴルフのラウンドをする前、練習は必要なのでしょうか。

実際には、軽く練習して体を温めることが必要です。

ただし、練習をし過ぎると、体に負担がかかるので、適度にした方がいいでしょう。

これから、ラウンド前にやった方がいい練習とやらない方がいい練習・ストレッチ方法などをご紹介します。

ラウンドの当日はどのような練習をするのか?

ゴルフのラウンド前に行う当日練習は、体をほぐして慣らすためにも必要です。

ただし、当日練習をしすぎると、筋肉や関節に負担がかかってしまい、ラウンド中に怪我をする可能性があります。

よって、当日練習は1カゴ25球以内におさめるといいでしょう。

また、当日にグリーン内でパッティング練習をすると、グリーンのコンディションを確認できます。

コンディションによって対策を考える場合は、当日練習で把握することも重要です。

直前に練習する場合は、上り10ヤードの真っ直ぐなラインが向いています。

曲がり方や球の速さなど、90度ずつ角度をずらしながら確認するのが効果的です。

 

当日練習では全てのクラブを持っていく必要はありません。

ウッドやアイアン・パターなど、頻繁に使うものを持っていきましょう。

当日練習では、「アイアン」「ウェッジでのアプローチ3パターン」「さまざまなクラブでフルスイング」など、あらかじめ練習配分を決めておきます。

例えば、最初に7番アイアンを使ってハーフスイングし、真っ直ぐに飛べるかを確認するのです。

次に、ウェッジでのアプローチを3パターン練習し、距離感などを確認します。

さまざまなクラブでフルスイングする練習では、打つタイミングや体の動きを確認するだけで十分です。

全力でフルスイングすると体が疲れてしまうので、イメージを掴む程度にした方がいいでしょう。

当日の練習でやった方がいいこと・やめた方がいいこと

当日練習でやった方がいい練習は、全身の大きな筋肉を動かす練習です。

体の中で大きな筋肉とは背中や太もも・お尻の筋肉で、これらをゆっくりと動かすことで、全身に血が巡り体を温めてくれます。

当日練習は技術が上達するために行うわけではありません。

イメージトレーニングや血の巡りを良くするために行います。

よって、フルスイングの練習をする場合にも、通常よりもスローテンポにして、体をほぐすことを目的に練習するといいのです。

また、短いクラブから打ち始めることを意識します。7番アイアンやウェッジなどの短いクラブだと、全身でほぐれていない部位などを把握しやすいです。

 

当日練習でやめた方がいいのは、長い時間行うバンカー練習です。

バンカーの練習は、スイングがカット軌道になりやすく、長時間やるとスイング軌道が変わってしまいます。

直後のラウンドに向けて、バンカー練習後はスイング軌道を戻せるようにしましょう。

パッティング練習も、腰や足に力が入り、ほぐれた体がぎこちなくなってしまいます。

よって、パッティング練習は15分以内にすることが必要です。

さらに、傾斜部で練習をしていると体の軸がずれてしまい、ラウンドでぎこちないアプローチになるので、避けた方がいいでしょう。

ラウンド前はストレッチもしておこう!

ラウンド前にストレッチをすると、全身の筋肉や関節をほぐせます。

よって、当日練習では最初にストレッチをすることが大切です。

特に、ゴルフでは手足と腰・背中などを重点的にストレッチするといいでしょう。

手のストレッチ

手のストレッチでは、手首と指の関節をしっかりとほぐします。

まずは肘を前に伸ばし、手首を反らしましょう。

反対の手で手のひらを痛くない程度に押します。

腕全体を使って手首を上下にブラブラと振ると、腕の筋肉と関節を柔らかくすることが可能です。

指はグーパーを繰り返すと、一度に指のストレッチができます。

足のストレッチ

足のストレッチでは、大きい筋肉である太ももを意識します。

座った状態で足を開き、太ももの筋肉を伸ばしましょう。

立位で屈伸や前屈をすると、足の伸び縮みによって、筋肉や関節をほぐせます。

つま先を地面につけながら足首を回すストレッチも重要です。

ゴルフで打つ時は、全身の体重が足首に集中する時があるため、しっかりと足首をほぐしておくといいでしょう。

また、アキレス腱を意識して、ふくらはぎの筋肉を伸ばすストレッチも大切です。

腰のストレッチ

ゴルフでスイングする時、腰をひねる動きがあります。

ストレッチをしないでフルスイングすると、腰周辺の筋肉が攣る可能性もあるので、注意が必要です。

腰のストレッチでは、足を肩幅に開き、上半身を左右に回します。

ストレッチで十分にほぐし、体を慣らすことが大切!

ゴルフのラウンド前は、ストレッチや少ない球数の練習をしておきます。

まずはストレッチで全身をほぐし、十分に体を温めるといいでしょう。

手首や足首・腰などゴルフで重要になる箇所は、念入りにストレッチをすると怪我の予防にもなります。

また、当日練習は25球ぐらいにしておき、練習しすぎないようにしましょう。

これを参考に、ラウンド前の当日練習について理解してみてください。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

当日の練習は必要!?ゴルフのラウンド前に行うこととは?
最新情報をチェックしよう!