ゴルフ初心者が知っておくべきスイングにおける手首の重要性

ゴルフ初心者のなかには、球の飛距離を伸ばすためにはスイングをどう振れば良いのか、日々研究している人も見られます。

ゴルフのスイングにおいて、重要だといわれているのが「手首」の使い方です。

ただやみくもにクラブを振っても、なかなか上達は望めません。

ゴルフの上達を目指すためには、きちんと手首の使い方や返し方を知っておくのが肝心です。

ここでは、スイングにおける手首の重要性や手首の使い方を紹介します。

ゴルフのスイングで手首が重要な理由とは?

ゴルフの上達に欠かせない手首の返し

スイングの練習や研究をしていると、本などで多く見かけるのが「手首を返すように」というレクチャーです。

手首を返すことは「リストターン」とも呼ばれており、ゴルフの上達において欠かせない要素だといわれています。

なぜゴルフのスイングで、手首の返しが重要だといわれているのでしょうか。

手首の返しが重要な理由

スイングで手首を返すようにといわれている理由は、大きく分けて2つあります。1つ目は「ボールの方向が安定する」ためです。

手首をしっかり返すと、スライスがなくなり、フェースの向きが安定しやすくなるといわれています。

2つ目は「飛距離アップが期待できる」ことが挙げられます。

ボールの方向が安定することによって、球の飛距離がぐんと伸びやすくなるのです。

また、手首がしなることでヘッドスピードが上がるのも、飛距離アップにつながる理由です。

スイングにおける手首の使い方

スイングにはステップがある

スイングで手首の返しが重要だといっても、スイングにはステップがあり、それぞれ適した手首の位置も異なります。

ゴルフの上達を目指すには、スイングの流れに合わせて、手首の位置や使い方を変えるのが肝心です。

アドレスからフィニッシュまで、スイング中の手首の使い方をマスターすることで、上達が見込めます。

ステップごとの手首の使い方は、以下の通りです。

ステップごとの手首の使い方

まず、アドレス時は両腕を伸ばし、左股関節の前辺りに左手が来るような状態にします。

きちんと両腕を伸ばすことで、自然に美しい構えができるようになるのです。

テークバック時は、コック中の左手首の角度を変えないよう意識するのがポイントです。

フィニッシュまで、左手首の角度を変えないように注意しましょう。

スイング時は、左足の外側に手首を押し出すようにして、ダウンスイングします。

このときに、ハンドファーストを心がけるのが肝心です。

インパクト時は、手首の角度が変わってしまいやすい傾向にあります。

 

そのため、手首のコックの角度をきちんと維持するのがポイントです。

手首の角度が変わると、スライスなどの原因につながるため、注意しましょう。フォロースルー時は、手首を折らないように心がけるのが肝心です。

手首を手のひらや甲などの方向に折ってしまうと、ボールが左に飛ぶリスクが高まります。

フィニッシュ時は、手首に力を入れすぎない、また抜きすぎないという加減をするのが重要です。

力の加減がうまくできていないと、フォロースルーまでの勢いを保てなくなるおそれがあります。

力の入れすぎや抜きすぎに注意し、美しいフィニッシュを迎えましょう。

手首の返しを上達させる方法はある?

手首の返しを上達させる3つの方法

ゴルフ初心者のなかには、練習をしても「なかなか手首の返しがうまくならない」と悩む人も見られます。

このような場合は、3つのポイントを押さえることで、きれいな手首の返し方を身に付けやすくなります。

1つ目のポイントは「左側に壁があるイメージを持つ」ことです。

フォロースルー時に、左側に壁があるイメージで重心をキープし、そのままスイングします。重心を意識してスイングすることで、手首が自然に返りやすい状態になるのです。

 

2つ目のポイントは「手首を回すようにする」ことが挙げられます。

手首を「返す」という意識が強すぎると、スイングが窮屈になってしまいがちです。

手首の骨を中心にして、返すのではなく、回すというイメージでスイングしましょう。

3つ目は「顔を上げないようにする」ことです。

ボールを打った直後、気になってすぐに顔を上げてしまうクセがある人は要注意です。

ボールを打った後に顔を上げると、フェースが開いてしまう原因につながります。

すると、手首やボールのぶれを引き起こすおそれがあるため、注意が必要です。

ボールを打った直後は焦らずに気持ちを落ち着けて、少しの間を置いた後に、ゆっくりと顔を上げるように意識しましょう。

ゴルフのスイングは手首の返しがキーポイント!初心者のうちから手首の返し方を身に付けておこう

ゴルフ初心者の場合、手首の角度や返し方などわからないことも多く、混乱してしまいがちです。

しかし、きちんとスイング中の手首の角度や返し方などを学ぶことで、球の飛距離アップや、スムーズな上達を目指せます。

紹介した手首の使い方や上達のポイントなどをしっかりと頭に入れて、練習に生かしてみてはいかがでしょうか。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフ初心者が知っておくべきスイングにおける手首の重要性
最新情報をチェックしよう!