ゴルフ初心者でもわかる!構え方やスイング

ゴルフを始めるにあたってまず大切なことが、構え方やスイングです。

クラブの選び方などももちろん重要ですが、構え方やスイングがきちんとしていなければ、クラブでボールを捉えられない、思った方向に飛んでいかないといった問題が起こるでしょう。

初心者の場合には、しっかりとスイングの基本を学ぶことが大切です。

この記事では、構え方やスイングの流れについて解説します。

ゴルフでは構え方が重要!

ゴルフでは、クラブの構え方をアドレスといいます。

このアドレスはゴルフにおいて非常に重要な要素で「アドレスに始まって、アドレスに終わる」といわれるほどです。

そのため、アドレスがしっかりと決まっていなければ、ボールを捉えることや、うまくボールを飛ばすことは難しいでしょう。

スイング全体のなかで重要なステップですから、ゴルフ初心者の場合には基本を抑えて体にしみ込ませることが大切です。

足の位置(スタンス)を決めよう

まずは、スタンスを決めることから始めましょう。

両足を肩幅程度に開いて立ちます。

この際、使用するクラブによって足の開き方が変わってくるのです。

ドライバーの場合は肩幅よりも少し広めに、アイアンの場合には肩幅程度にしましょう。

足の開き方が狭すぎると安定しませんし、逆に広すぎると腰が回らずスイングしにくくなります。

体重のかけ方は、右足と左足どちらにも均等に体重がかかるように自然に立ちましょう。

この際、足の裏の母指球に体重がのっていることを意識するのがポイントです。

前傾視線が基本

スタンスが決まったら、重心を整えるために両ひざを軽く曲げます。

このとき、腰の位置はキープしたまま体を少し前に倒します。

ひざを低く曲げすぎないように注意しましょう。

前傾はおよそ30度程度が理想です。

軽くお辞儀するような感覚と覚えておくといいでしょう。

過度につま先体重になったり、かかと体重になったりしないように気をつけるのもポイントです。

ボールの正面に構える

ボールの位置は体の正面にセットします。

両ひじが腰を向くように脇を締めて構えましょう。

スイングの仕方は?

アドレスが決まったら、いよいよスイングです。

スイングには大きく分けて5つの流れがあります。

「テイクバック」「ダウンスイング」「インパクト」「フォロースルー」「フィニッシュ」です。

テイクバックでゴルフクラブを上げ、ダウンスイングで振り下ろします。

インパクトでクラブをボールに当て、そのまま振り切ってフォロースルー、フィニッシュという流れになります。

それぞれの段階で重視するポイントが違いますから、意識する点を把握してスイングしてみましょう。

テイクバックをうまくおこなうには?

テイクバックでは足を踏ん張って上半身をねじるようにしましょう。

このとき、少しきついと感じる体勢が理想です。

クラブが思ったように上げられない場合には、テイクバックのときに顔を軽く右側に向けてみることで改善することがあります。

また、クラブを上げすぎるのもよくありません。

オーバースイングになるとミート率が下がってしまうので、動画を撮るなどしてどのくらいクラブを上げているのか確認してみましょう。

自分が思うよりもコンパクトに上げることがポイントです。

ダウンスイングのポイントは?

ダウンスイングのポイントは、強く振ろうと力みすぎずリラックスすることです。

初心者の場合には肩に力が入りがちですが、しなやかにクラブを振るためには肩の力を抜くことを意識しましょう。

また、グリップをぎゅっと握らずに軽く握ることも大切です。

インパクトは頭を意識

理想のインパクトは、ミートした瞬間に力がしっかりとボールに伝えられるような形です。

この際、頭を残してショットしてみましょう。

頭がクラブの後ろにきていることで、力を上手に伝えられるようになります。

初心者の場合には難しいかもしれませんが、頭の位置を意識してみると、飛距離が伸びやすくなるのです。

フォロースルーは振り抜くことを意識しよう

フォロースルーは、大きくおこなうことがポイントです。

フォロースルーを大きくすることで、美しく理想的なフォームになります。

ポイントとしては、最後までヘッドを振り抜くことです。

両腕がまっすぐ伸びて頭が残った状態を意識することで、フォロースルーが大きくなります。

また、重心は左足のほうに移していきましょう。

フィニッシュは体重移動が重要

最後は、フィニッシュの形になります。

ゴルフ初心者の場合には、フィニッシュのときにふらついてしまうことが多いでしょう。

安定したフィニッシュのためには、体重が左足に完全に移っていることがポイントです。

右足はつま先立ちにして左右の太ももをくっつけるようにすると、うまく体重移動できるようになるので意識しておこなってみるといいでしょう。

基本のアドレスやスイングの流れを覚えて、練習しよう!

ゴルフでは、アドレスやスイングが非常に重要なポイントです。

そのため、ゴルフ初心者ならまずは、基本的なアドレス、スイングの仕方をしっかりと覚えることが大切になります。

動画を見る、ゴルフレッスンなどで教えてもらうなどして、基本を学びましょう。

また、自分のアドレスやスイングを録画して確認することも良い方法です。

しっかりと練習して、かっこいいフォームを手に入れましょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフ初心者でもわかる!構え方やスイング
最新情報をチェックしよう!