ゴルフ初心者の悩みを解決!スイングの軌道を改善するには?

ゴルフではスイングの軌道が非常に重要です。

軌道が美しくないとボールに力が伝わりません。

また、スイングがブレがちになり、ボールが前に飛ばなくなります。

初心者が空振りをしてしまうのも、軌道に問題があるからだと言えるでしょう。

この記事では、美しい軌道でクラブをスイングするために大切なポイントを解説していきます。

スイングの軌道とは?まずは理想の形を知ろう

力任せに振り下ろさない

理想的なゴルフスイングを知らなければ上達はしません。

初心者はスイングの軌道を美しくするためのポイントを押さえて練習しましょう。

まず、足は肩幅ほどに広げて軽く曲げておきます。

姿勢は前傾が基本です。

視線は下向きで、ボールをしっかり見据えましょう。

そして、頭の位置は固定したまま、ゆっくりクラブを振り上げます。

振り下ろす際は、力任せにする必要はありません。

遠心力を利用すれば、クラブは加速してフルスイングできます。

むしろ、リラックスしているほうがスピーディーなスイングになるでしょう。

ブレのないスイングを目指す

美しいスイングとは「弧を描くスイング」のことです。

ブレが生じてしまうとスイングは弧でなくなります。

たとえば、体が上下に揺れるとスイングも乱れ、ボールの芯をとらえられません。

体が左右に揺れている場合も同様です。

重心を意識すると体の揺れを防げます。

さらに、筋肉が硬直していないかを、練習時に意識しましょう。

スイングが身についていないうちは、つい発想が「力で飛ばす」という方向に偏りがちです。

しかし、力が入った筋肉は固まってしまい、スムーズに動かすことができません。

反復練習によってしなやかに腕を振る感覚を知ると、リラックスの意味がわかるようになるでしょう。

スイングが乱れる!注意するべきポイントは?

グリップの位置は適切か

頭では理想のスイングを思い描けていても、ものにするまでには時間がかかります。

初心者の練習では、スイングが乱れているときにいくつかのポイントを振り返ってみましょう。

まずは「グリップの位置」です。

グリップの位置が高いと遠心力が強くなるので、ボールを遠くに飛ばせます。

しかし、初心者の技術では高い位置のグリップでクラブを操るのは至難の業です。

まずは低い位置でクラブを握り、スイングの感覚を覚えましょう。

飛距離にこだわるのは正しいフォームがなじんだ後でかまいません。

バックスイングの重心を意識する

次に、バックスイングの体勢です。

バックスイングとは、クラブを振り上げる動作のことです。

バックスイングのとき、視線をやや後方にすると腕を振り上げやすくなります。

また、バックスイングでは後方にある足に体重を乗せましょう。

このとき、重心が前方にあると力の移動が上手くできず、フォームが崩れます。

そのほか「腕だけで振る」のも良くないスイングの典型です。

特に、力みが取れていない初心者に多い現象です。

ゴルフのスイングでは腰が重要な役割を果たします。

クラブを振り下ろすとき、腰の回転を加えることでスイングは加速して美しい弧を描けるのです。

慣れてきたらもうひと工夫!スイングを改善するコツ

インパクト以後を大切に

体の軸が安定し、基本的な姿勢を保てるようになったらゴルフ初心者でもボールに当たりだします。

ただ、それだけではまだホールを回れません。

ある程度の飛距離を出したり、ショットの角度を調整できたりしなければ実戦は厳しいでしょう。

応用編として「インパクト以後」の意識を持つことが大切です。

初心者には、ボールに当てるまでで満足してしまい、その後のフォームが乱れる傾向があります。

しかし、インパクト以後のスイングもインパクト前と同様に重要です。

インパクトの瞬間には頭がクラブヘッドの後ろにある「ビハインド・ザ・ボール」を心がけましょう。

スイングのスピードを上げる

そして、インパクトの後からスイングのスピードを上げます。

このとき、理想的な軌道のスイングでは空を切る音がするはずです。

最初はボールがない場所での素振りでかまいません。

やがて、音が鳴るようになってきたら、ボールを使って練習しましょう。

最後に、クラブは振り切る気持ちが大切です。

初心者は長くて重いクラブを振り回すのが恐くて無意識的に力を抑えてしまいます。

ただ、スイングを途中で止めるとインパクトも弱まります。

力は逃がさず、フィニッシュまでクラブを振り切ると飛距離は伸びていくでしょう。

スイングは迷いなく振ろう!姿勢とリラックスを意識して

ゴルフ初心者が上達するには、スイングから迷いをなくすことが大事です。

そのためには何回も素振りをしたり、打ちっぱなしに行ったりしてクラブに触れる機会を増やしましょう。

そして、前傾姿勢や頭の位置を意識してスイングをします。

美しい軌道を描くには、適度なリラックスも欠かせません。

やがて、これらのポイントを注意しなくても実践できるようになったとき、基本的なスイングが身についているでしょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフ初心者の悩みを解決!スイングの軌道を改善するには?
最新情報をチェックしよう!