2020年の東京オリンピックの開催場所に選ばれたゴルフ場のコースとは?

東京オリンピックのゴルフの会場となるのが、霞ケ関カンツリークラブです。

そこで霞ケ関カンツリー倶楽部のコースとその特徴、難易度や見どころのホールなどについて紹介します。

霞ヶ関カントリー倶楽部のコースについて

2020年の東京オリンピックのゴルフが行われる霞ケ関カンツリー倶楽部は全国的にも知名度があるゴルフ場で、日本オープンなどを開催した実績もあります。

コースは東コースと西コース、そのほかに練習場が併設されているゴルフ場です。

カンツリー倶楽部のコースの特徴

霞ケ関カンツリー倶楽部のコースは武蔵野丘陵の自然の中にあるのが特徴で、一流の設計士が手掛けています。

バンカーや池、松林がバランスよく配置されていて、四季折々の草花がプレイヤーを癒してくれます。

少しだけ起伏がある設計で、単調になりがちなプレーにも程よく変化を与えてくれるのが魅力です。

東コースの特徴は?

オリンピックのコースとして使われるのが、東コースです。

東コースはオリンピック開催のために改修工事が行われ、よりプレーがしやすいコースに生まれ変わりました。

アメリカの設計家であるトム・ファジオ氏とローガン・ファジオ氏の親子に依頼し、世界基準のゴルフコースになりました。

コースの原型はあまり変えずに、距離を伸ばし、グリーンを1つのグリーンにしています。

東コースにある木も大切にし、美しい自然を保ったままのコースになっているのです。

どのくらいのレベル?

会員になるのも一定のレベルが必要とされているゴルフ場というだけあって、全体的にレベルは高くなっています。

プロには厳しいコース

フルバックで打つとハザードに飛び込むように計算されていて、知識や技術のないアマチュアよりも、経験のあるプロには厳しい設計になっています。

改装する前の東コースは上級者になればなるほど物足りなく感じる人が多いと言われ、どちらかと言うと初心者から中級者向けのコースでした。

オリンピックのような世界的なゴルファーが集まるということもあって、プロでも満足のいくコースに変えています。

哲学を取り入れた難易度の高いコース

フェアウェイには高低差を付けて、リスク&リワードの哲学を反映させています。

リスク&リワードを取り入れることで大きなリスクはあるけれど、成功したときには大きなメリットがあるのです。

コースの見所は?

東コースには日本一美しいとされているホールやドラマが生まれると期待されているホールなど、見どころがいっぱいあります。

日本一美しいと言われている10番ホール

霞ケ関カンツリー倶楽部の名物と呼ばれている10番ホール。美しい景色が特徴的で、ホールの中にある池がより美しさを際立てています。

日本でも屈指のショートホールとしても知られ、グリーンの手前にバンガーを作ったり、グリーンの奥行きを縮める工夫をしているのです。

東コースの10番ホールは改装工事によって、グリーンが全体的に2メートルほど下がっています。

ティーからグリーンが見渡せるようになり、よりフェアに戦えるようになりました。

最後の最後でドラマが生まれる18番ホール

最終18番ホールは途中から右ドッグレッグとなるため、プロでも攻略するのが難しいホールと言われているほどです。

グリーンの右側に池があり、それを避けるために上手く打たなければなりません。

池を避けられたとしてもそこからどう進むのか、選手ごとに個性が出るホールです。

オリンピック選手たちがどのように攻めるのか、どんなドラマが生まれるのか最後まで見逃せません。

専門家からは厳しい意見も

名門中の名門である霞ケ関カンツリー倶楽部が選ばれたことを納得する有識者も多いのですが、専門家の中では色々な疑問点も噴出しています。

ドレスコードが厳しい

霞ケ関カンツリー倶楽部ではドレスコードが決まっていて、男性はブレザーやジャケット、女性はスカートの丈がひざ上5センチ以内というルールがあります。

世界的な大会であるオリンピックでは公平性に欠けるのではないかという意見も出ています。自分のスタイルで戦いたい選手にとっては難しい問題かもしれません。

ある程度ドレスコードを緩くしたり、オリンピックのためにルールを変える必要があるという意見も出ています。

暑さ対策も必要

またオリンピックが開催される8月は猛暑の可能性が高く、出場する選手や観客の体調が心配されているのです。

他の県に比べて埼玉県は気温が高い傾向にあるので、熱中症対策が急がれます。暑さ対策についての具体案を考えることが大切かもしれません。

このような懸念がある以上、快適な環境でコースを回れるようにするためにも、しっかり対策を考えて欲しいものです。

熱い戦いが繰り広げられる大会に

日本初の36ホールを持つゴルフ場としても歴史に残っていて、由緒正しいゴルフ場の一つでもあります。

1957年にはカナダカップの開催地としても選ばれ、日本全国にゴルフブームを巻き起こしているのです。

そんなアマチュアからプロまでが憧れる霞ケ関カンツリー倶楽部のオリンピック開催に期待を寄せています。ゴルフ界の未来に繋がるような熱い戦いが見られるかもしれません。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

2020年の東京オリンピックの開催場所に選ばれたゴルフ場のコースとは?
最新情報をチェックしよう!