オリンピック競技としてのゴルフの歴史と意外と知らない豆知識

オリンピックは世界的なスポーツ大会で、その歴史は長いです。ゴルフの歴史も長く、意外と知らないことがたくさんあります。

ここではオリンピック競技としてのゴルフの歴史と豆知識をご紹介します。

オリンピック競技としてのゴルフの始まり

オリンピック競技としてゴルフが登場したのは1900年大会とかなり古いです。

オリンピック初開催から2回目にゴルフは正式なオリンピック競技として採用されました。

第1回開催の内容

初めてゴルフがオリンピック競技として採用されたときの開催地はフランスの首都、パリです。

1900年パリオリンピックと呼ばれているこの年のオリンピックは夏季開催で、5か月に渡る会期となりました。

当時、パリでは万国博覧会が行われており、この附属大会としてオリンピックが開催されたのです。

2回目の開催、5か月に渡る長期の会期など様々な問題があり、当時の運営は混乱を極めました。

 

ゴルフ競技に参加したのはわずか4か国です。

イギリスとギリシャ、アメリカ、そして開催国のフランスから男女ゴルフ選手が参加しました。この年の優勝者は男女共にアメリカ選手でした。

しかし、前述の通り1900年パリオリンピックは現在では考えられないほど混乱した状況の中での開催で、メダル授与がされたのは陸上競技のみでした。

このため、ゴルフ競技で優勝したアメリカの両選手にはメダルは与えられず、優勝したという記録のみが残っています。

また、唯一メダルが渡された陸上競技も開催から2年後という異例の事態でした。

第2回開催の内容

ゴルフ競技は第2回オリンピックで引き続き採用されました。

1904年、アメリカのセントルイスで開催されたオリンピックで、ゴルフ競技は9月17日から24日にかけて行われます。

第1回のゴルフでは女子選手部門がありましたが、第2回では廃止され、男子個人と団体戦の2種類のみとなります。

また、参加国もイギリスと開催国のアメリカの2か国のみという、オリンピック競技としてはかなり小規模な内容でした。

 

参加人数は75名、男子個人で金メダルを獲得したのはカナダ選手です。

団体戦ではアメリカ選手が金メダルを獲得しました。その他の銀メダル、銅メダルはすべてアメリカが獲得するという結果で、世界的なスポーツ大会というには小規模な内容と言えます。

しかしこれには理由があります。

オリンピック開催同年、日露戦争が勃発し国際関係が緊迫化していました。

このためヨーロッパでは参加を見送る国が多く、開催地のアメリカからの参加者は523人と圧倒的な数だったのです。

結果、金メダル獲得数もアメリカが圧倒的で、オリンピックの長い歴史の中でも類を見ない一国の独占率になりました。

ゴルフ競技の廃止と復活

オリンピックが始まってから2回開催されていたゴルフ競技ですが、1904年の開催を最後に112年間採用されなくなります。

競技としてのゴルフ廃止後の動き

わずか2回の開催で廃止されてしまったゴルフ競技ですが、1988年以降は開催復活を視野に入れたさまざまな動きがありました。

しかし、オリンピック競技としての復活は厳しいという判断が下されます。

いくつか理由がありますが、まず競技に時間がかかりすぎるという点がネックとされました。

オリンピック開催期間中にゴルフ競技が終了するか、という根本的な問題です。

また、出場選手を集められない環境下にあったことも理由の一つとして挙げられます。

このような理由があり、オリンピック競技としてのゴルフ復活は難しく、長い間見送りにされてきました。

復活の2016年

廃止から112年、いよいよゴルフ競技が復活します。

2003年に国際ゴルフ連盟がオリンピック特別委員会を設置し、オリンピック出場選手の確保がしやすい環境を作りました。

これが大きな転機となります。

その後準備を重ね、2016年のリオデジャネイロオリンピックでゴルフ競技は正式に復活を遂げました。

男子と女子の部門に分けて行われたゴルフ競技は、男子はイギリス、女子は韓国が金メダルを獲得するという結果になりました。

112年ぶりの復活ということもあり、ゴルフはこの年のオリンピックで注目競技の一つとなります。

 

2020年の東京オリンピックでもゴルフ開催は決定済みで、この大会が成功すれば今後ゴルフは正式なオリンピック競技として継続開催ができると考えられています。

しかし、試合時間の調節や選手の確保、競技会場の準備など未だに課題はたくさんあります。

毎年安定して協議を開催させるには、復活から第2回の2020年のオリンピックを成功させる必要があるのです。

世界的スポーツ大会のオリンピックにゴルフが採用されれば競技全体の活性化にもつながるため、今後の動向に注目が集まっています。

オリンピックのゴルフの歴史は波乱万丈

オリンピック第2回と第3回に開催されたという歴史を持っているゴルフですが、その後112年間開催が見送られたという波乱万丈な協議でもあります。

2020年の東京オリンピックでゴルフが競技として成功するかどうかによって、今後の展開は大きく左右されると考えられます。

2020年の東京オリンピックは他の人気競技だけでなく、ゴルフにも注目です。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

オリンピック競技としてのゴルフの歴史と意外と知らない豆知識
最新情報をチェックしよう!