池に関するゴルフのルールを理解して正しくプレーしよう【2019年改正】

次郎
改正された池のルールが知りたい人「えっ、ウォーターハザードって呼ばなくなったの?救済の場合の場合はどうすればいいの?改正された池のルールが知りないな~」
こういった疑問にお答えします。
本記事の内容
  • ウォーターハザードの呼び方が変更の訳
  • 「赤の杭」と「黄色の杭」内でのルールを紹介
  • 救済を受ける場合のドロップの仕方を紹介

ビジネスマンにとって必須のスキルとも言われるゴルフですが、経験を重ねたプレーヤーでも意外と理解できていないルールがあります。

中でも、池に関するルールは2019年に改正されたこともあり、正確に頭に入っていないという人も多いようですので、以下で詳しく見ていくことにしましょう。

ペナルティーエリアとは?

ゴルフコースに設けられている池や小川などの水のある部分は、以前はウォーターハザードと呼ばれていましたが、2019年に行われたルール改正によってペナルティーエリアと呼ばれるようになりました。

ただし、ペナルティーエリアには池や小川以外の部分も含まれていることから、両者がイコールの関係にあるわけではないという点に留意する必要があります。

例えば、池や小川以外でペナルティーエリアに指定されている場所としては、岩場やブッシュが多数ある場所などがあります。

これらは水場と同じようにプレーすることが極めて困難な場所であるために、同様にペナルティーエリアとして扱われるようになったというわけです。

ペナルティーエリア内のプレー方法とは?

ペナルティーエリアには境界線が設けられており、それぞれ赤の杭とラインまたは黄色の杭とラインで示されています。

前者はレッドPA、後者はイエローPAと呼ばれるのですが、そこにボールが入った場合には、それぞれ異なるルールが適用される点に注意が必要です。

以下で順をおって見ていくことにしましょう。

レッドPA内でのプレー方法

レッドPAにボールが入ってしまった場合には、まずはそのままプレーを継続するか否かを決めなければなりません。

もしプレーが難しいと判断した場合には、選択肢によって1打罰の救済を受けることになります。

一方、プレー可能と判断した場合には、そのままプレーを続けることができます。

もっとも、プレーした結果として、OBとなったり、PAから抜け出すことができずにプレー困難となったような場合には、1打罰に加えて、境界線を横切って入った地点から2クラブレングス内のホールに近づかない PA外のエリア内をドロップポイントとしてプレーを再開できるという救済を得ることができます。

なお、OBとなった場合には、当然その分の1打罰も加算されることになります。

イエローPA内でのプレー方法

次に、イエローPA内でのプレー方法ですが、基本的にはレッドPAの場合と同様です。

ただし、プレー継続を選択してOBやプレー困難になった場合の救済措置が、レッドPAの場合とは若干異なっており、イエローPAの場合には、打ち直しか、境界線を横切って入った点とピンを結んだ後方線上にドロップしてプレーをするかを選択することができます。

救済の場合のボールドロップの仕方

ペナルティーエリア内にボールが入って救済を受ける場合のドロップの仕方については、いくつか注意すべき点があります。

その一つは、ボールをどのように落とすかということであり、正しい方法としては膝の高さから救済エリア内にボールを落とし、それが救済エリア内に止まるようにすることが必要となります。

もしもそのようにしてドロップを2回行っても、救済エリア内にボールが止まらないような場合には2回目のドロップでボールが落ちた点をプレースしてプレーを継続することが可能となります。

 

プレーヤーによっては肩の高さからドロップを行う人が見受けられますが、これは正確にはルールに沿った方法ではなく、もし行った場合にはペナルティの対象にはならないものの無効なものとしてドロップをやり直す必要があります。

ここで無効と言っているのは、ドロップを2回まで行うという場合の1回分にカウントされないという意味です。

そのため、肩からドロップしてやり直したら、救済エリア内に止まらなかったという場合には、さらにもう1回ドロップを行わなければならないということになります。

なお、やり直しを行わずに、そのままプレーし続けた場合にはペナルティが適用され、救済エリア内で行った場合には1打罰、救済エリア外であれば2打罰となります。

せっかくドロップしたにもかかわらず、不必要にペナルティを受けることのないよう、くれぐれもドロップする高さには注意を払う必要があります。

池のルールを正しく理解することの重要性

以上で説明したように、池に関するゴルフのルールは正確に理解しておかなければ不必要にペナルティを重ねることになりかねません。

もっとも、ルールそのものは一度理解して身に着けてしまえば、それほど複雑なものではありません。

そのため、プレーする前に確認しなおすなどして、繰り返し頭に叩き込むようにするとよいでしょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

池に関するゴルフのルールを理解して正しくプレーしよう
最新情報をチェックしよう!