ゴルフでティーショットが池ポチャした時のルールとは

ゴルフを楽しむときに、池ポチャした時のルールを知らないと恥ずかしいだけではなく、ペナルティーも多く科せられる場合もあります。

単なるOBと違うルールになっているので、これには要注意。池にボールが落ちた後には、複数の選択肢がありますので、この記事でチェックしておくことにしましょう。

池ポチャの基本知識

ゴルフコースによっては池または河川が存在していることがしばしばあり、特に前者については割と頻繁に目にする機会があるはずです。

ゴルフでは、この両者をウォーターハザードと呼んでいたのですが、2019年の改正でペナルティーエリアと名称が一新されました。

このペナルティーエリアでは、フェアウェイとは異なるルールが設けられているのは確認しておきたいポイントとなります。

ペナルティーエリアにおいて最初の確認事項は、池や河川の周りに設置された杭の色です。その色がどちらかによって、取るべき処置が変わってきます。

 

ちなみに、2019年のルール改正によって、池や河川以外にも黄色や赤の杭が設置されることになりました。

これらは一括りにペナルティーエリアと呼ばれ、同じルールが適用されます。

実際には黄PAとか赤PAと呼ばれており、ブッシュや岩場なども含まれるようになりました。

黄色い杭の場合

黄色い杭が設置された池に、ティーショットのボールが入ってしまった時には、三つの選択肢があります。

まず、一つ目は一罰打を加えて、元の場所から打ち直す方法。ティーショットで池ポチャしている場合、打ち直しもティーアップすることが可能です。

一罰打がついているので、打ち直しの段階では三打目でのスタートとなります。

 

二つ目はエリア境界線を横断した点からピンと結んだ後方線上の1クラブレングス以内の場所にボールをドロップしてプレー続行する、と言う方法です。

こちらも一打分の罰則がつきます。

 

三つ目はペナルティー無しで、池に入ったボールを打ってしまうと言う方法です。

水深があったりすると厳しいですが、ちょっとした池ならそのままプレー続行することができることになります。

従来のルールでは、池内にあるボールを打つ際、グラブを水面につけるといけないと言うルールがあったのですが、これは撤廃されました。

赤い杭の場合

赤い杭が設置された池の場合は、基本的に黄色の場合と同様です。

上記の一つ目から三つ目までの処置が可能ですから、元の場所から打ち直しても良いですし、池の中から無罰打でプレー再開することもできます。

 

では、黄色の場合と何が違うかについてですが、赤い杭の場合には選べる措置が増えているのです。

それがエリア境界線を横断した点から、ホールに近づかない範囲で、2クラブレングス以内の場所にボールをドロップできると言うもの。

上記で紹介した二つ目のルールとは根本的に異なり、後方線上と言う言葉が抜けています。

つまり、赤い杭の場合では後方線上を選ばず、池の境界線付近からプレー再開できるわけです。

ゴルフのルールは慣れが大切

ゴルフの池ポチャルールについて解説してきました。

赤と黄色でルールが異なる上に、選択肢も複数あるので覚えるのが大変に感じますが、これは実際にプレーして覚えるのが良いでしょう。

プレー中に池ポチャした時に、上級者の方やキャディーからアドバイスを貰った方が、具体的に後方線上の意味などがわかりやすいです。

まずは気軽にプレーして、ルールに慣れていくのもおすすめできます。

今、使っているゴルフクラブに満足していますか?
4.8

あなたにオススメできる理由!
・専門的なアドバイザーに相談できる
・ゴルフクラブが3,000点以上の品揃えと業界最大級
・口コミが充実で参考になる
・購入して翌日お届けの商品が多数

ゴルフでティーショットが池ポチャした時のルールとは
最新情報をチェックしよう!