ゴルフ新ルール、池ポチャなどOBへの対処は変わった?

休日や仕事帰りの大人のリフレッシュ手段、ゴルフ。始めてみてその奥の深さを実感した方も多いでしょう。

初心者の課題の1つは基本ルールを覚えることです。2019年から、ゴルフをよりスムーズに楽しめるようルールが改正されました。

その中から初心者が通る道、OBに関連した内容を拾ってみましょう。

名称変更をチェック

まずはいくつかの名称について確認してみましょう。

これまでホールの第1打目(=ティーショット)を打つ場所をティーインググラウンドと呼んでいましたがこれが「ティーイングエリア」に変更になりました。

 

ウォーターハザードは「ペナルティーエリア」になりました。

従来ウォーターハザードというと池や小川などの水場や砂漠などが主な場所でしたが、ペナルティーエリアとする範囲はこれらより少し広まりました。

これは、崖など球を見つけることや打つことが困難な場所も含まれたことになります。

また、スルーザグリーンは「ジェネラルエリア」になりました。

バンカーやパッティンググリーンはそのままの名称です。

ロストボールやOB球への対処

では、実際OB球を出してしまった場合について確認しておきましょう。

OB、つまりアウトオブバウンズのエリアは通常、白杭が立っています。

ティーショットでOB球が出た場合、従来の1打罰を加えて、3打目として暫定球を打つ他に、選択肢ができました。新ルールでは次のショットに2打罰を加えて4打目とカウントしてプレーを続けることもできるようになりました。

これはあくまでローカルルールです。2打目以降でOB球が出た場合も、ローカルルールでは今後2つの選択が考えられます。

1つは1打罰を加えて直前にストロークした場所から暫定球を打つという選択です。

ですが時間が押していたりする場合、新ルールが2つ目の選択肢になります。

2打罰を加えてボールがなくなった場所付近からドロップしてプレーを続けるという方法です。これもローカルルールです。

 

具体的にどうやって次のショットのドロップ地点を決めるかといいますと、まずボールがなくなったと思われるA地点を推定して決めます。

その場所からホールに近づかずに最も近いフェアウェイのB地点を決めます。

そしてホールからA地点そしてB地点にそれぞれ下ろした直線2辺で作った三角形の幅から2クラブレングス幅を広げ、ホールから遠ざかるように三角形の2辺の延長線と平行に引いた線の内側の範囲が全てジェネラルエリアとなります。

 

ところでOB球を探すのに時間がかかってしまうこともあります。

これまでのルールでは球を捜す時間は5分でした。

これが新ルールでは3分と短縮されました。またドロップの方法が、これまで肩の高さとされていたのが膝の高さになりました。

時間の短縮に役立ったり、理論的な範囲で救済措置を設けたりと、ゴルフのプレーにかかる余計な時間を減らし、そしてルールをよりシンプルに分かり易くしたという2019年の新ルールです。

よりスムーズに、より快適に

通常ゴルフのルールは4年に1度、オリンピックの年に改正されていましたが、今回は特別に1年早い改正となりました。

ゴルフ場では他の人たちと平和にプレーすることが大切ですから、選択肢がある場合は、予め話し合って置いたり、又は状況を見て判断し決定するといいでしょう。

初心者でもよりスムーズに楽しめるような工夫がされプレー人口の増加が期待できそうな新ルールです。

池ポチャなども恐れず気持ちの良い緑の中でプレーして経験を積み、腕を磨いていきましょう。

今、使っているゴルフクラブに満足していますか?
4.8

あなたにオススメできる理由!
・専門的なアドバイザーに相談できる
・ゴルフクラブが3,000点以上の品揃えと業界最大級
・口コミが充実で参考になる
・購入して翌日お届けの商品が多数

ゴルフ新ルール、池ポチャなどOBへの対処は変わった?
最新情報をチェックしよう!