初心者にはうれしい!2019年ゴルフルール改正によるOBの取り扱い

ゴルフ初心者のうちは、コースでラウンドするのは楽しいけれど、OBを連発して同伴プレーヤーに迷惑をかけているのではと気を使うことも多いものです。

ゴルフを楽しむためにも、ルールはしっかり知っている必要があります。

ここでは、2019年のゴルフルールの改正による新しいOBの取り扱いについて解説します。

ゴルフのOBの意味を正確に知っておこう!

ゴルフのOBとは、Out of Bounds(アウトオブバウンズ)の略称です。

ゴルフコースの範囲外やゴルフ場の管理者などが定めた場所のことで、プレーすることはできません。

多くの場合、まともにスイングができない危険な崖や山林などが、OBゾーンです。

OBの境界線は、一般的に白杭や白線で表示されています。

壁やフェンスなどが、OBラインに定められていることもあります。

2つの白杭の内側のラインにボールの一部があればOBではなく、ペナルティなしでそのままプレーすることが可能です。

しかし、OBを示す白杭などがスイングの妨げになる場合でも、ルールのうえで固定物とみなされるため動かすことはできません。

 

ただし、ボールを打つためにスタンスをとったとき白杭が多少動いたり、スタンスがOB側にはみ出したりしてもペナルティの対象にはならないことになっています。

また、競技のルールで白杭を動かしてもよいと定めている場合は、動かしてもペナルティの対象にはなりません。

2019年ルール改正によるゴルフコース内のエリアの名称変更

2019年1月1日、R&A(全英ゴルフ協会)とUSGA(全米ゴルフ協会)は、大幅にゴルフルールを変更しました。

この変更にJGA(日本ゴルフ協会)も合わせ、日本でも新しいルールが適用されます。

今回のルール改正の目的は、これまでよりルールを簡単にすることによるゴルフの普及とプレー時間の短縮などです。

改正により、ゴルフコース内のエリアの名称も変わりました。

プレーするホールのティーショット(第1打目)を打つ場所である「ティーインググラウンド」は、「ティーイングエリア」に変更になっています。

 

「ウォーターハザード」と「ラテラルウォーターハザード」は、「ペナルティーエリア(penalty area)」になりました。

ウォーターハザードとは、ゴルフコース内の海や池、川などのことです。

通常は、黄杭または黄線でウォーターハザードの境界が、表示されています。

ラテラルウォーターハザードとは、地形的に後方にペナルティを課すことができないウォーターハザードのことです。

ラテラルウォーターハザードは、赤杭または赤線で表示されます。

ティーイングエリアを除いたコースの総称「スルーザグリーン」は、「ジェネラルエリア (general area)」に変わりました。

 

バンカーとパッティンググリーンは、これまで同様の名称が使われます。

従来、ウォーターハザードやラテラルウォーターハザード、バンカーなどの障害物を「ハザード」といいましたが、改正により使用されなくなりました。

OBはこれまで通り、コース外やゴルフ場の管理者などが定めた場所を指します。

OBになった場合の新ルールと注意点

改正前のルールではティショット(1打目)がOBになった場合、1打罰で3打目として再度ティショットを打つことになっています。

ローカルルールで前進4打がある場合は、前進ティから4打目で打つことができました。

これは、日本独特のルールです。セカンドショット(2打目)以降がOBになった場合は、OBを打った地点の近くでホールに近づかない場所にドロップして1打罰で再度打つことになっています。

このルールに加え新ルールでは、OBゾーンとの境界をボールが横切った地点の近くに救済エリアを確定し、エリア内にドロップして2打罰で打つというローカルルールが設定できるように改正されました。

 

たとえば、ティショットがOBになった場合、前進して救済エリアから打つのは4打目だということです。

救済エリアの決め方は、OBゾーンとの境界線を横切った地点の近くを基点にして2クラブレングス内にボールをドロップします。

このとき、計測に長尺パターを使うことはできなくなりました。

ドロップは、従来は肩の高さからでしたが膝の高さから行うように変更されています。

救済エリアにボールが止まらなかった場合は、無罰でドロップのやり直しです。

 

どのショットでもOBかどうかはっきりしない場合は、暫定球を宣言してショットをするようにしましょう。

暫定球を打っても、最初のボールがOBでなければ、無罰でプレーを続行することができます。

暫定球を打った場合、ローカルルールは使えないので注意が必要です。

OBのルールを覚えて気持ちよくゴルフを楽しもう!

2019年のゴルフルールの改正は、初心者も含め多くの人がゴルフを楽しめるようにすることを目的としたものです。

OBを打ったとしても、前進して2打罰で打つことのできるローカルルールも新しく設定されました。

これにより、ゴルフをプレーする時間が、かなり短縮されます。

OBのルールをしっかり覚えておけば、気持ちよくゴルフを楽しむことができるでしょう。

今、使っているゴルフクラブに満足していますか?
4.8

あなたにオススメできる理由!
・専門的なアドバイザーに相談できる
・ゴルフクラブが3,000点以上の品揃えと業界最大級
・口コミが充実で参考になる
・購入して翌日お届けの商品が多数

初心者にはうれしい!2019年ゴルフルール改正によるOBの取り扱い
最新情報をチェックしよう!