ゴルフのバンカーや水たまりでのルールの変更点を知っておこう

ゴルフをするときにルールをしっかり覚えておかないといけません。

2019年から大幅にルールが改定されているのが特徴です。

水たまりでの対処法やバンカーでの対処法なども従来より変化しています。

スムーズにゴルフプレーをするためにもしっかりルールを把握しておきましょう。

バンカーでのルール変更点を知っておこう

アンプレヤブルの変更点

バンカーにボールが入ってしまったときには一打罰でアンプレヤブル処置ができます。

従来までのルールでは全部で3つの選択肢が用意されていましたが、新ルールでは新たな選択肢が登場しています。

これは2打罰でバンカー外にドロップできるというものです。

バンカーショットが苦手なプレイヤーを考慮したルールです。

ドロップできる場所ですがホールとボールを結んだ延長線を基準としています。

基準線からワンレングス以内にボールをドロップできるので覚えておきましょう。

ルースインペディメント(自然物)の取り除きが可能

バンカーに落ち葉や石などの自然物があるとき、バンカーショットをすると精度が落ちる可能性があります。

そこで新ルールではルースインペディメント(自然物)を自由に取り除けるように改善されています。

他にも転びそうになり手やクラブに砂がついてしまっても罰を受けないように変更されているのが特徴です。

ただし練習スイングやバックスイング時にクラブがバンカーに触れてしまうと2打罰が適用されます。

2度打ちのペナルティがなくなった

2018年までは1回のショットで2度打ちをすると1打罰を科せられました。

2019年からは適用された新規則によって2度打ちは基本的にノーペナルティに変更されているのが特徴です。

2度打ちはラフからのアプローチやライが不安定なときに発生しやすいです。

思わず2度打ちをしてしまうゴルフ初心者の方も安心してプレーする事ができるでしょう。

バンカーに水たまりができているときの対処

ペナルティなしの救済をしてもらえる

ゴルフプレーの当日に雨が降っているとバンカー内に水たまりができてしまいます。

これはカジュアルウォーターと呼ばれるものでボールが水たまりに入るとペナルティなどはなく救済を受ける事ができるのが特徴です。

水たまりのできたバンカーにゴルフボールが入ってしまっても、そのままプレーすることも可能です。

バンカー全面が水に覆われているとき

バンカーの一部ではなく全面が水に覆われているときにはコース状態が異常と判断されます。

この場合は救済を受ける事ができるのがメリットで、バンカー外にゴルフボールをドロップできます。

バンカー外にドロップするときには1ペナルティ扱いになるので覚えておきましょう。

こちらはホールとバンカーを結ぶ後方線上を基準にしてワンレングス以内にボールをドロップすることが可能です。

初心者に嬉しい仕様に変更されている

ゴルフのルール改定によってバンカーや水たまりの対処法が大きく変化しました。

従来までペナルティを科せられてしまう行為もノーペナルティになっているのが特徴です。

またボールのドロップによる救済処置も用意されています。

バンカーショットは特に難しい作業で、初心者にとっても鬼門です。

ルール改定によりゴルフ初心者も気軽にプレーできるように改善されたのがメリットです。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフのバンカーや水たまりでのルールの変更点を知っておこう
最新情報をチェックしよう!