ゴルフの新改正ルールとして定められたOBの数え方

プレイ時間の短縮とアマチュアがプレイしやすい環境を整えるために、2019年にゴルフのルールが改正されています。

そのルールの中で、多くの改正があったのが罰則規定の項目です。

そこでこれからコースでゴルフを楽しむ人のために、この罰則規定についての内容を解説します。

OBになってしまった場合

ゴルフコースの両端には、必ず白い杭が立てられています。

これは目印であり、これ以上先にボールが行ってしまうとコースに戻れる確率が低いだけでなく、侵入したプレイヤーにも森林の中を進むことによって危険が及ぶ可能性があるため、プレイを続行しないようにするものです。

その白い杭より外側のプレイが出来ないエリアのことをOBと呼び、打ったコースの軌道からほぼ同じ位置を算出して1打罰として白い杭の内側からプレイを再開することになります。

 

これまでのゴルフのルールでOBの数え方というのは、1打目でOBに入ってしまった時には1打罰の罰則を受けて3打目としてもう一度ティーショットを打つことになります。

2打目でOBに入った時には申告をした後で、ボールが入り込んでしまった位置からボールを落として1打罰から再スタートという形になるので4打目ということになります。

 

その他では空振りや打ったボールを2度打ちそして自打球をしてしまった時には罰則1打として2打目スタートになり、バンカーショットをする際にクラブに砂や小石や枝に触れてしまうと2打罰になっていたのです。

そして池に落ちてしまった時には、OBと同じく1打罰を受けた後に打ったポイントから打ち直すのが従来の形になります。

2019年に新改正ルールでは

2019年に新改正ルールでは、最初の一打目がOBになってしまったときには従来通りに申告してもう一回ティーショットを行います。

しかしティーショットをもう一回失敗してしまった場合や、一度の失敗でもしっかりとフェアウェイに乗せる自信がない場合には、ロストと申告すると4打罰規定として見失ったポイントからボールを落として再スタートができるプレーイング4がルールに追加されています。

 

バンカーショットについては、従来では砂だけでなくバンカーの中に入っている小石や枝に触れても罰則がありました。

しかし小石や枝がある中でショットをすると、クラブの衝撃によって小石や小枝が周辺にはねてしまってプレイヤーに危険が及んでしまいます。

そのため2019年の新改正ルールでは、砂に触れるのは従来通りですが、小石や枝があった場合には罰則なしで取り除くことが可能になっています。

 

そして池に落としてしまった場合には、ほぼ従来通りと変わりはないです。

しかし従来では打った場所から再スタートをするという規定でしたが、それでは池に入れてしまった位置が遠い場合だとプレー時間が伸びてしまいます。

そこで落とした池から、2打罰として地面にドライバーを置いて2本分の位置から再スタートをする2クラブレングスを行えるようになっているのです。

その他の空振りや自打球、そして打ったボールの2度打ちについては、故意の行為ではないとして罰則規定が無くなっています。

罰則規定の改定でやりやすくなった

2019年のルール改正では、プレー人口を増やすために難解だったルールを簡略化させています。

特にOBについては罰則のため細かいルール規定がされており、アマチュアにとって分かりにくい部分があったのも確かです。

そこでルール改正によってアマチュアがプレーしにくいと思われる罰則規定を外したことによって、誰でもゴルフをコースで楽しめる環境が整うことになったのです。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフの新改正ルールとして定められたOBの数え方
最新情報をチェックしよう!