OB時のワンペナからの変更などゴルフのルール変更点をいくつか紹介

ゴルフにはいくつかのルールが設定されています。

ある行動を起こすとワンペナになるなど、プレーをする上で知っておきたい情報です。

2019年からはゴルフのルールがいくつか改定されているので、ここではいくつか紹介します。

OBについての変更点を知っておこう

2打罰でのプレーが適用される

2019年からゴルフのルールが変更されます。

ゴルフクラブを使い打ったゴルフボールがロストしたときや、OBになったときにはワンペナを受けて打ち直すのが基本ルールです。

これは従来のルールと変更点はありませんが、2019年からはローカルルールとして前進2打罰が適用されました。

1打目でOBをしたときには2打罰が適用され、ボールを紛失した付近から4打目で再開されるシステムです。

プライベートルールでの利用が可能

従来まで2打罰は特例として使われていたルールです。2019年から正式なローカルルールになりました。

基本的に前進2打罰はプライベートでゴルフを行うときに効率性を重視して利用可能です。

競技大会での前進2打罰は適用されないので注意しておきましょう。

ゴルフボールを探す時間に注意

打ったゴルフボールが見つからないときもあります。

従来までは、ゴルフボールを探す時間が5分間に設定されていました。

しかし、2019年からは3分間に短縮される仕様です。

3分間の間にゴルフボールが見つからないときにはロストボールとなり、OB扱いになってしまいます。

このルールにより2打罰を受けてしまうのがネックです。

初心者に嬉しい新ルールが採用された

バンカーが苦手な方の処置がある

バンカーにゴルフボールが入ってしまったときにはバンカーショットをしなければいけません。

プレイヤーの中にはバンカーが苦手な初心者もいます。

このような方の配慮としてアンプレヤブルのゴルフボールを救済する選択が可能です。

2019年のルールではホールを結ぶ線上でバンカー外の後方にボールをドロップすることができます。

バンカー外からボールを打つことができる反面、ペナルティとして2罰打を受ける仕様です。

ドロップは膝の高さから可能

従来までボールをドロップするときには肩の高さから落としていました。

2019年の新ルールでは膝の高さからゴルフボールを落とすことができるのが特徴です。

これにより従来よりも狙った場所にボールを落としやすくなっています。

ボールが勝手に動いた場合はペナルティなし

基本的にゴルフではボールを動かしてしまうとペナルティが発生します。

2019年からは無意識にボールを動かしてしまったときは罰則がありません。

ボールを元の位置に戻して打ち直すことが可能です。

このルールは競技大会でも適用されます。

全体的にプレイしやすくなっている

OB時のペナルティが増えていることやボール探す時間の短縮などデメリットもありますが、基本的には良い変更点が多いです。

特に初心者向けのルール改定が多く遊びやすくなっているのが特徴です。

バンカーショットが苦手な方への配慮やボールが勝手に動いてしまったときにはペナルティなしなどの変更点により、初心者でも気軽にプレーできます。

今、使っているゴルフクラブに満足していますか?
4.8

あなたにオススメできる理由!
・専門的なアドバイザーに相談できる
・ゴルフクラブが3,000点以上の品揃えと業界最大級
・口コミが充実で参考になる
・購入して翌日お届けの商品が多数

OB時のワンペナからの変更などゴルフのルール変更点をいくつか紹介
最新情報をチェックしよう!