ゴルフでグリーン上のボールが動く場合ルール的にはどう対処する?

ゴルフをプレイしているときにグリーン上でボールが動いてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?

この記事では、ゴルフプレー中にグリーン上でボールが動いてしまった場合、どのように対処したら良いのか、JGA(公益財団法人日本ゴルフ協会)のルールを参考にして書いています。

ゴルフをプレイ中にグリーン上で自然ではない力でボールが動いてしまった場合

ゴルフをプレイ中にグリーン上で、プレーヤー・相手・ストロークプレー中の他のプレーヤーなどが偶然にボールを動かしてしまった場合どのように対処すればいいのでしょうか?

ルール上ではボールを偶然動かしてしまった人に対するペナルティはありません。

もちろん、故意にボールを動かした場合には、ペナルティが科されます。

グリーン上に限らず、故意に自分や相手のボールを拾い上げたり、動かしたりした場合には1打ペナルティです。

ボールを動かされてしまったプレーヤーは、ボールを元の場所にリプレースするかボールが元々あった場所にボールマーカーを置かなければいけません。

もともと、ボールがあった場所がわからない場合には、ボールがあった場所を推定してリプレースするかボールマーカーを置くことになります。

鳥や動物などがボールを動かしてしまった場合やボールを持っていってしまった場合には、鳥や動物は局外者(プレーヤーとキャディなどチームのパートナー以外)となるので、ボールを元の場所にリプレースするかボールマーカーを置くことで対処します。

例外として、バックスイングやストロークなどのボールを打つ動作に入った状態でボールが動き始めた場合には、そのボールはあるがままにプレイしなければいけません。

グリーン上で、小石や落ち葉などルースインペディメントと呼ばれるものを取り除くときにボールが動いてしまった場合には元の場所にリプレースしなければなりません。

グリーン上ではペナルティを科されませんが、グリーン以外の場所では、ペナルティが科されますので注意が必要です。

ゴルフをプレイ中にグリーン上で自然の力でボールが動いてしまった場合

ゴルフをプレイ中に自然の力でグリーン上のボールが動いてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

一度静止したボールが再び動いてしまうのはよくあることで、いろいろな原因が考えられますが多くの場合は風が原因です。

リプレースなどの対処法は、ボールが動く前にボールに対して行っていた行動によって変わってきます。

自然の力でボールが動いてしまう前に、すでにボールをリプレースやマーキングしていた場合には、そのボールはリプレースまたはマーキングした場所に置かなくてはいけません。

自然の力でボールが動いてしまう前にリプレースをしていない場合には、ボールが動いて止まった場所からプレイしなければならないのです。

ゴルフをプレイ中にグリーン上でボールが動いた場合のルールのまとめ

ゴルフをプレー中にグリーン上でボールが動いてしまった場合には、誰が動かしたのか?故意なのか偶然なのかによって罰則の有無が変わってきます。

自分や相手、局外者が偶然にボールを動かしてしまった場合には、動かしてしまった人に対しては無罰でボールをリプレースします。

また、自然の力でボールが動いてしまった場合には、その直前にリプレースしていた場合にはその場所へ戻し、触っていない場合にはボールが止まった位置からプレーしなければなりません。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフでグリーン上のボールが動く場合ルール的にはどう対処する?
最新情報をチェックしよう!