グリーンでのプレーに関するぴんの扱いにかかわるゴルフのルール

ゴルフは、小さな子どもから、女性に高齢者など様々な人々がゴルフ練習場やコースなどを利用して楽しんでいます。

ゴルフを楽しむうえで困ることは、ルールが煩雑でわかりにくいということです。

今回は、グリーン上のプレーに関するルールについて紹介します。

ゴルフに関する用語

ゴルフには、様々な専門用語が使用されています。

プレーを楽しむのならば、単にゴルフボールをクラブで打ち付ければよいというものではありません。

しかし、初心者にとっては用語からわかりにくいということも確かです。

まずは、グリーン上にかかわるゴルフ用語について説明します。

グリーン

ゴルフの大会などを見ていると、よくグリーンという言葉が出てきます。

グリーンとは、ゴルフのコースの中でも特別な区域です。

コースの一部ではありますが、フェアウェイやフェアウェイとグリーンとを隔てるカラーよりも、一層短くきめ細やかに芝が刈られている区域のことを指しています。

グリーン内には、ゴルフの最終ターゲットとなるカップが設置されています。

このことからグリーンでは、そのホールにおいて最終プレーであるパッティングを行うことが基本です。

また、ゴルフコースのそのほかの部分とは異なるルールが適用されることになります。

ぴん(旗竿)

ぴん(旗竿)とは、ゴルフプレーにおいて最終的にボールを落とすカップに差し込まれているピンフラッグのことを言います。

ぴんと呼ばれることもあれば、旗竿と呼ばれることもあります。

基本的には、カップの位置を正確かつ分かりやすく示すための目印としての役割をもって立てられているものです。

 

カップに立てられていることから、ぴんに関する言い回しも多いです。

カップのそばにボールを寄せることをぴんに寄せる、あるいはぴんそばへのアプローチなどと呼ぶこともあります。

また、ぴんについては取り扱いに関して独自のルールがあるのでプレー時には注意が必要です。

グリーンとぴんに関するルールとその改正

旧ルール

グリーンとぴん(旗竿)に関しては特別なルールが存在しています。

代表的なルールとしては、グリーン上にあるボールをパッティングした際に、ボールがぴん(旗竿)に当たるとルール違反となります。

最終的な打数で競うストロークプレーの場合は2罰打が科され、マッチプレーの場合はそのホールが負けになるというペナルティがあるほどです。

このこともあり、グリーン上でパッティングする際には、ぴん(旗竿)をあらかじめ抜く必要があります。

もしもカップの位置が見えにくい場合には、同伴者やキャディーにぴんをもってもらってからパッティングする必要がありました。

新ルール

ゴルフのルールは2019年に大幅に改正されました。

それまでのルールは、合理性や公正性に関して疑問を感じる人が多かったため、様々な部分に手が入り、それはグリーン上のプレーやぴんに関してのルール改正もあります。

新ルールにおいては、グリーン上でパッティングする際には、ぴんを抜くか抜かないかの選択をすることが可能です。

これにより、より自由なプレーをすることができるほか、ロングパットの際にぴんまでの移動時間などを削減といったスムーズなプレーをすることができます。

ルール改正でスムーズなプレーを

ゴルフをプレーする際には、様々なルールに則って行われます。

特にグリーン上のプレーとぴんの扱いは細かく定められているものです。

これらのルールは2019年に改正され、合理性と公平性が増し、グリーン上のプレーもしやすくなりました。

初心者でもわかりやすくプレーをすることができるようになったので、気軽にコースプレーを楽しんでみてください。

今、使っているゴルフクラブに満足していますか?
4.8

あなたにオススメできる理由!
・専門的なアドバイザーに相談できる
・ゴルフクラブが3,000点以上の品揃えと業界最大級
・口コミが充実で参考になる
・購入して翌日お届けの商品が多数

グリーンでのプレーに関するぴんの扱いにかかわるゴルフのルール
最新情報をチェックしよう!