ゴルフの新ルール、グリーン周りなどでの変更は?

2019年、前回の改訂から3年目という従来より1年早いタームでゴルフの新ルールが発表されました。

2019年の改訂の主な目的は、ゲームの進行がよりスムーズになるようルールを追加変更し、初心者でもグリーン上でのプレーをより楽しめるようにすることです。

プレーの前に基本事項を押さえてみましょう。

グリーンの旗竿(ピン)や動いたボール、欠陥箇所の扱いに変更は?

ピンは抜かなくてもいい

パッティンググリーンのホールにある旗竿(ピン)。

これまではカップから抜くことになっていましたが、2019年からのルールでは抜かなくてもいいことになりました。

つまりプレーヤーがそのままにしておくか、抜いてもらうかを決められるということです。

強く打ちすぎた際にあわよくばピンにあたって球が遠ざかりすぎるのを免れるかもと判断したらそのままにしておけるということです。

因みにパッティンググリーンという名称は2019年以降も変更はありません。

グリーンの修復

グリーン周りではしばしばとても繊細なプレーが要求されます。

この為従来もグリーン上の状態については、ボールマークや古いホールは修復してよいというルールでした。

2019年からはこの修復可能な条件がさらに緩和され、自然な欠陥以外は大抵の修復が可能になりました。

例えば従来のルールではスパイクによって付けられた損傷箇所をパターで押さえるなどすると2打罰でした。

しかし新ルールでは人や動物、または乗り物などによって付けられたものは修復してもよいことになったのです。

ただし自然な欠陥、つまり散水や雨などによってできた欠陥は修復することができません。

またエアレーションの穴も修復はできません。

グリーン上に深さ5センチ程の複数の穴を開けるエアレーションは、グリーンが硬くなりすぎないよう、また芝の根に空気を送ってやるというメンテナンスの目的で作られています。

球が動いてしまったとき

ところで何らかの理由でグリーン上にある球やボールマーカーが動いてしまった場合の対処はどうすればよいでしょうか。

これまで仲間内でのプレーなら無罰で済ませていた方もいるかもしれません。

新ルールでは一定条件の下で正式に無罰になりました。

まず誰かが偶然、またはうっかり動かしてしまった場合はこの新ルールが適用されます。

故意でなければ無罰ということです。この場合は球を元の場所にリプレースして再開します。

では突風など自然の力によって球が動いた場合を確認しておきましょう。

自然に球が動いたのが、一旦拾い上げてリプレースした後の場合は、再び元の場所にリプレースできます。

そしてボールマーカーを置きリプレースする前ならば、ボールが止まった位置からプレーをすることになります。

リプレース後に動いたボールはとにかく元の場所にリプレースと考えておくといいでしょう。

準備ができた人から打てる

従来のルールでは打つ順番はグリーンから遠い人からということになっていました。

これが新ルールでは準備のできた人から打てることになりました。勿論周囲の人たちに確認をしたうえで進めましょう。

これでゴルフの初心者の方も準備にあせるストレスから少し解放されるかもしれません。

みんなで確認して新ルールに慣れていく

新ルールにスムーズに対応していくにはプレー前に一緒に回る人たちとルールの確認をしておくことも大切です。

新ルールをうまく活用してこれまで少し余計だと思っていた時間が短縮できればプレーをより楽しめますし、一打一打に集中できるでしょう。またゴルフはマナーが大切です。

一般的なマナーは勿論ですが、ゴルフのプレーならではのマナーも覚えていくことが円満な進行の秘訣です。

グリーン周りの繊細な空気の中では、特に気持ちよく終了できるよう心がけましょう。

今、使っているゴルフクラブに満足していますか?
4.8

あなたにオススメできる理由!
・専門的なアドバイザーに相談できる
・ゴルフクラブが3,000点以上の品揃えと業界最大級
・口コミが充実で参考になる
・購入して翌日お届けの商品が多数

ゴルフの新ルール、グリーン周りなどでの変更は?
最新情報をチェックしよう!