ゴルフ場でのバンカーレーキに関するルールとは

日本ゴルフ協会が発行しているゴルフ規則の中でも、よく議論となるものの一つにバンカーへのレーキの持ち込みについてです。

そこで今回は、ゴルフ場におけるバンカーレーキにまつわるルールについて、詳しく調べてみます。

バンカーでのルールとは

まずは、バンカー内での基本的なルールについて確認しておきましょう。

バンカー内では、クラブを砂につけることができません。仮にボールの近くに落ち葉や小枝などがあったとしても、それらを取り除いたり触ったりすることは禁止されています。

また、以前は使用しないクラブをバンカー内に持ち込むことは禁止となっていましたが、現行のルールでは砂の状態やライの確認を行わなければ、置いてもよいとされています。

ただし、持ち込んだクラブを手に取る際に、砂の状態を確認していると見做されてしまう場合があるため、できれば持ち込まない方がよいでしょう。

 

ルールとして明確に規定されているわけではありませんが、バンカーに入ったボールを打った後は、バンカーの砂をレーキを使用して元の状態に戻しておく必要があります。

打った時に付いた跡や足跡だけでなく、ボールが転がった跡もならして元に戻しておくことは大切なルールの一つです。

バンカー内へのレーキの持ち込みは可能?

当初は、バンカー内へレーキを持ち込むことは禁止されていました。

しかし、プレーファーストの元に持ち込みが許されるようになりました。レーキを持ち込む時に、砂の状態の確認をしていると見做されるような行為があると、2打罰になりますので要注意です。

一度置いたものを置き直すような行為も、細かくチェックされます。

一度レーキをバンカー内に置いて、ショットの邪魔になるからと別の場所に移動させてしまうと、2打罰が科せられてしまいます。

レーキを持ち込むことは、プレーファーストにもつながりますが、細かなことでペナルティが科せられる可能性がありますので、特に不便がなければ持ち込まない方がよいでしょう。

 

レーキをバンカーに持ち込む時は、バンカーの出入り口を意識するようにしましょう。

見落としがちですが、バンカーには出入口があります。

本来バンカーに入る時はどこから入り、どこから出るかをあらかじめ確認しておかなければなりません。

バンカーの出入口は、ふちの段差が低くなっている所です。

段差があるところから出入りすると、砂が崩れてしまう可能性があります。

また、ボールからなるべく近い位置から入るのがよいとされていますので、なるべく低くてボールに一番近い位置から入りましょう。

余計な砂の崩れが起きると、他のプレーヤーにも迷惑がかかりかねません。

また、レーキを持ち込んだ時は、ショット後素早く砂の乱れを直すようにしましょう。

レーキがバンカーの淵にある場合

仮にレーキが、バンカーの淵ギリギリの所に置かれていた場合、一打でバンカーから出せなかったら次に打つときに邪魔になることがあります。

この場合は、地面にあるレーキは動かしてもよい障害物と見做されます。

もし邪魔になるようならば、罰を受けることなく移動させることが可能です。

ゴルフ場では、バンカーとレーキに関することだけでも細かなルールがたくさんあります。

バンカーにレーキは持ち込むことは可能だが、細かなルールがある

ゴルフ場で、バンカーにレーキを持ち込むことはプレーファーストにもなるため許可されています。

しかし、原則一度置いたものを動かすと罰を科せられるなどの細かなルールがあるため、よほど遠くにあるなどの不便を感じない限りは、持ち込まない方がよいと考えられています。

仮に持ち込んだ場合は、ショット後に素早く乱れを直すようにして、プレーファーストにつなげるとよいでしょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフ場でのバンカーレーキに関するルールとは
最新情報をチェックしよう!