ゴルフコースのバンカーにボールが入った場合の正しいマナーを紹介

現在、ゴルフを始めてみようかと考えている人も多いのではないでしょうか。

ゴルフは他のスポーツと比べると様々なマナーやエチケットが求められるスポーツと言われています。

ゴルフを始めるのであれば技術を磨く事は必要ですが、マナーをきちんと覚える事もゴルフをする上では大切です。

そこで今回はバンカーに関する様々なマナーについて紹介します。

バンカーに入る際のマナーとは

アゴの低い場所からバンカーに入りましょう

ゴルフをプレーしている中でボールがバンカー内に入ってしまった場合、フェアウェイやラフとは違うバンカー独自のルールが定められています。

このルールに違反してしまうような行為をしてしまうと、2打罰の罰則が科せられる他、マッチ・プレー形式でプレーしている場合はそのホールの負けとなってしまいますので注意が必要です。

バンカーでは様々なマナーが求められますが、バンカーに入る際にもマナーはあります。

バンカーに入る場合は基本的になるべくボールに近い場所又はバンカーのアゴが低くなっている場所から入るようにしましょう。

これらをきちんと守る事でバンカーの法面やヘリを壊さずに済むだけでなく、バンカーから出る時の足跡を少なくする事もできるので、バンカーの砂を均す時間も短縮できます。

ボールの後ろ側からバンカーに入るのが基本

一方、バンカーに入る場合は距離が近いのであれば横からボールに近づくのも良いですが、基本的には後方から近づくよう心掛けるようにしましょう。

後ろから近づけばボールの現状を変えてしまうリスクはなくなる他、ボールを打つ方向に足跡が付く心配もなくなります。

他のプレーヤーから誤解を招くような行動は控えるべきですので、そのためにもボールの後ろ側からバンカーに入るのが無難と言えます。

バンカーに入る時は最初に最もアゴの低い場所はどこなのか確認するようにしましょう。

バンカーの砂を上手に均す方法

レーキを押すような感覚で砂を均すのがポイント

ゴルフでは、バンカーからボールを出した後は自分の足跡をレーキで均すのがマナーとなっています。

バンカーの均す方向は、バンカーがある場所によって異なります。

例えばフェアウェイにあるバンカーではそのホールに平行するように均すのが基本ですが、グリーン近くにあるバンカーの場合は、ピン方向に沿って均すのがマナーであると言われています。

均し方としては、まずはじめにレーキの歯がある側で軽く均した後、歯のない裏側に持ち替えてきれいに均すのが基本です。

その際、レーキは引くのではなく押しながら均すのがポイントとなります。

バンカーから出る際は後ろ向きで歩きながら足跡を消しましょう

自分に向かってレーキを引き寄せるように均す人もいるようですが、そうするとムラのあるバンカーになりやすくなってしまいます。

また必要以上に力を入れてしまうと砂が偏りやすくなってしまうので、均す際は軽く押すような意識を持って均すのが良いでしょう。

尚、足跡やボール跡の部分に一度砂を集めてから押し出すようにレーキを使用すれば、より一層平らできれいなバンカーにする事ができます。

最後にバンカーから出る場合は、最初にバンカーに入った所に向かって後ろ向きで歩きながらレーキで足跡を消していきましょう。

バンカーを均すレーキの置き場所にもマナーがある

レーキの置き方はゴルフコースによって事なっている

バンカーの砂の均しに使用するレーキには、その置き場所にもマナーがあります。

レーキはバンカーの中あるいは外側に置く場合など、ゴルフコースによって置き方は異なっていると言えます。

基本的にはバンカーの脇に置いておくのが主流となっており、日本ゴルフ協会も外側に置く事を推奨しています。

ただ、一概にこれが正解という置き方はないので、そのゴルフコースにおけるレーキの置き方はあらかじめチェックしておくのが良いでしょう。

フェアウェイなどにレーキは置かないようにしましょう

ただ一つ注意しておくべき点があり、それはできるだけフェアウェイや花道などにレーキは置かないという事です。

理由としてはレーキに偶然打ったボールが当たってしまうといったアンラッキーな事象のリスクを少なくするためです。

また、もしレーキをバンカーの外側に置くのであれば後からプレーする人の妨げにならない所に置くよう心掛けるのもゴルフをする上での大切なマナーと言えます。

さらにボールが飛ぶ方向に沿ってレーキの頭部分をグリーン方向に向けるように置いておく事も大切です。

尚、最近ではレーキの頭部分のみをバンカー内に入れておくというゴルフコースも少なくありません。

ゴルフが上手くなるにはマナーをきちんと覚える事も重要

ゴルフではバンカーひとつをとっても様々なマナーがあるという事が言えます。

もし素晴らしいバンカーショットを打ったとしてもバンカーでのマナーが何一つ守られていなければせっかくのナイスショットも台無しになる事でしょう。

ゴルフを始めたばかりの人は上手くなりたいという気持ちが強くあるのかもしれません。

しかし、もし少しでも早く上達したいのであれば、きちんとマナーを覚えてプレーする事も上達する過程においては大切な事と言えるでしょう。

今、使っているゴルフクラブに満足していますか?
4.8

あなたにオススメできる理由!
・専門的なアドバイザーに相談できる
・ゴルフクラブが3,000点以上の品揃えと業界最大級
・口コミが充実で参考になる
・購入して翌日お届けの商品が多数

ゴルフコースのバンカーにボールが入った場合の正しいマナーを紹介
最新情報をチェックしよう!