ゴルフのコースマナーとは?これをやったら嫌われる!

初めてのことをやるときは、マナーを気にするという方も少なくはないでしょう。

ゴルフのコースラウンドにもマナーというものは存在します。

ただ、マナーをすべて覚えていくのは難しいと感じる方もいます。

ですが、マナー違反は嫌われてしまいますよね。

そこでこの記事では、最低限初心者でもこれだけは守っておいた方がよいマナーをご紹介します。

プレーに関するマナー

ゴルフのコースを回るうえで最も嫌われるのは「スロープレー」です。

読んで字のごとく、ゴルフのプレーが遅いことですが、これはコースを回るのに時間をかけすぎることを表しています。

もちろん、ゴルフ場によって異なりますがゴルフのコースには一般的な基準が設けられており、9ホールがおよそ2時間15分です。

それを超えるとスロープレーとみなされることがありますが、この基準では1ホールあたり15分で回らなくてはならず、初心者には難しいでしょう。

では、どうすれば初心者がホールを回るのに時間を要してもマナー違反と思われなくなるのでしょうか。

移動は小走りで

マナー違反と思われないコツで最も大切なのが「急いでいるという姿勢を見せる」ことです。

初心者のうちはどうしてもプレーに時間がかかってしまうのもある程度は仕方のないことで、ほかのプレイヤーも通ってきた道です。

だからといって、急ぐ姿勢すら見せないのはマナー違反です。

あまり焦りすぎてプレーが雑になってしまっても時間がかかる原因となりますので、小走り程度がちょうどよいでしょう。

素振りは少なめに

ショットをする際に何度も素振りをする人がいますが、あれも時間がかかる原因のひとつです。

特に、同じコースを回る人が次々ショットをする「ティーショット」では、素振り回数を1度にしておく方が無難です。

その他の場所であっても、素振り回数は1度か2度までにとどめておきましょう。

もし自信がなく数回素振りをしたいのであれば、ほかの人の手番の間にしておくと時間の短縮につながります。

準備は万端に

ラウンド中は常にゴルフバッグを持っているわけではありません。

基本的にはカートや決められた場所にゴルフバッグを置いていますが、ボールの位置がその場所から遠ければ移動に時間がかかります。

もし、遠くに飛んだボールを探すときに手ぶらで行ってしまったら、見つけた後にすぐ打つことができず、ゴルフバッグまで戻ってクラブをとってまたボールの位置まで戻って、と往復だけでも余計な時間がかかってしまいます。

どんな状況でも対応できるように、必要と思われるクラブを数本持ち、それからボールを探しに行くことで無駄な時間を省くことができます。

また、ボールを探す際にも闇雲に探し回るのではなく、ある程度の目測を立ててから探すようにしましょう。

時には諦めることも

池に落としてしまった場合やボールが見つからない場合は、ドロップゾーンを利用して再スタートすることができます。

打ちやすい場所に設置されている場合が多いですので、初心者であれば利用する方がよいです。

また、ボールが岩の間に挟まってしまった場合など、物理的にプレーの続行が難しい場合は、アンプレアブルを宣言することで救済措置が受けられます。

打数が1カウントされますが、ルールに則って打ちやすい場所から再スタートできます。時間や打数をかけて進まないより、よほど周囲に迷惑をかけることがありません。

他者へのマナー

ゴルフのコースは自分だけのものではありません。

同伴者がいる場合もあれば、ほかにも同じコースでプレーをしている人がいる場合もあります。

その人たちに気を使うことができなければマナー違反とされる場合もあります。

人が打つときは静かに

ゴルフのショットは緊張の一瞬です。

もちろん楽しくプレーをすることは大切ですが、人の集中を乱していいということにはなりません。

プロの試合でも「お静かに」というプラカードが掲げられるくらい、ゴルフのショットでは集中することが大切です。

立ち位置に気を付けて

ゴルフのボールは当たるとかなり危険です。

そのため、自分の立ち位置がほかの人のショットを邪魔していないか、ライン上にいないかということは常に把握し気を付けていた方がよい項目です。

また、ほかの人の立ち位置にも気を配りましょう。

自分の打球がどのくらい飛ぶのか、どのくらい曲がるのかを把握し、その範囲以内にほかの人がいるときは打たずに待ちます。

コースへのマナー

コースはみんなが使う場所ですので、コースにも気配りをしましょう。

バンカーショットの後に

バンカーを苦手としているプレイヤーも少なくはないでしょう。

うまく脱出できて一安心してはいませんか?

そのあとがマナーです。

脱出後は専用の危惧であるレーキを使って砂をならします。

使い終わったレーキは必ず指定の場所へ戻します。

ダフってしまったら

ダフって芝がえぐれてしまったら、必ずその場所を補正しましょう。

芝がえぐれた部分は再生に時間がかかりますし、次のプレイヤーのボールがはまると大きな迷惑です。

カートなどに目土袋がありますので、それを利用しましょう。

楽しくゴルフをプレーするために

ゴルフのマナーは暗黙の了解となっている部分も多く、誰かに教えてもらえないことも多々あります。

初心者はもちろん、経験者であっても知らないマナーなどもありますが、マナーとは人や物への思いやりの心です。

他の人に嫌われず、ゴルフ場を汚さないように最低限のマナーを守り、お互いに楽しくゴルフをプレーしましょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフのコースマナーとは?これをやったら嫌われる!
最新情報をチェックしよう!