初めてのコースでも安心!ゴルフコース内での基本マナーについて

「ゴルフはマナーにうるさそう」というイメージから、苦手意識を持っている人も少なくないようです。

事実、ゴルフには服装や行動など、いくつものマナーが存在します。

ゴルファー同士が快適に楽しくプレーするためには、基本マナーは欠かせないものです。

ここで紹介するゴルフのマナーを知ることで、初めてのラウンドでも周囲の人に迷惑をかけずに済むでしょう。

大前提として遵守すべきマナー

ゴルフ場にはドレスコードがある

ゴルフ場では、服装にもきまりがあります。

襟付きのトップスにロングパンツ(ベルト着用)、ゴルフ用シューズが基本のスタイルです。

ロングパンツが定番ですが、ショートパンツやスカートでも構いません。ゴルフ場によっては、帽子の着用を義務付けているところもあります。

反対にマナー違反とされている服装は、Tシャツやタンクトップ、ジャージ、ジーンズ、芝を傷つけるシューズなどです。

各ゴルフ場によってもドレスコードは異なりますので、利用する予定のゴルフ場のホームページをチェックしてあらかじめ把握しておくようにしましょう。

コース内は基本的に禁煙

タバコを吸わない人にはあまり関係ないことかもしれませんが、コース内では禁煙となっているケースがほとんどです。

なかには、コース内だけでなく、クラブハウス内も禁煙となっているゴルフ場もあります。

一般的にはティグラウンド付近に灰皿が設置されており、ティショットをしたら次のホールのティグラウンドまでは喫煙できません。

公共の場所でもそうであるように、ゴルフ場でも喫煙可能な場所が決められています。

指定された場所以外でタバコを吸うことはマナー違反となりますので、愛煙家の人は気をつけてください。

プレー中のマナー

他の人への心配り

打つ人がアドレス(ボールを打つ構え)に入ったら、邪魔をしないように静かに見守りましょう。

このときに大声で話したり動き回ったりすると、打つ人は集中できずにミスをするかもしれません。

また、影が伸びやすい夏場は特に、パットライン上に影を落とさないよう注意が必要です。

ライン上に影が落ちるとパッティングがしづらいため、打つ人から離れた位置に立つようにします。

そしてグリーンに入るときは、他の人のパットラインを踏まないよう気をつけてください。

ゴルフ場では、自分たち以外のグループもプレーしています。

スロープレー(プレーが遅くなること)は次の組の迷惑になるため、前の組に遅れずについていきましょう。

グリーン上のマナー

繊細な芝を傷つけないためにも、グリーン上で走るのは控えてください。

そして、ボールマークを直すことも必須マナーとされています。

ボールマークとは、ボールがグリーンに落ちたときにできる芝のくぼみのことです。

グリーンフォークという専用の道具を使って、このくぼみを修復します。

まず、グリーンフォークの背を上に向けてボールマークの淵に刺し、芝を中央に寄せていきます。

同じように、各方向からも繰り返して芝を中央に寄せましょう。

最後に、パターの裏で寄せた芝を軽く叩いておくと、きれいに整います。

バンカー上のマナー

バンカーに入るときは、低い所から入るのが基本です。

高い所から入ってしまうと、土手の砂が崩れてしまったり、芝を痛めてしまったりする恐れがあるからです。

また、高い所は斜面が急になっているケースも多く、危険性もあります。

バンカーショットの後は、足跡やショットの跡をならしてから外に出るのがマナーです。

レーキという道具がバンカーの周辺に置いてあるので、それを使用してバンカーをならし、使い終わったら元の場所に戻しておきましょう。

事故を防ぐためのマナー

クラブやボールを万が一誰かに当ててしまうと、大ケガを負わせてしまう恐れがあります。

スイングする際は、近くに誰もいないことを必ず確かめてからにしましょう。

また、前のグループがまだ残っていて打球が当たる可能性があるときは、離れるのを待ってから打つようにしてください。

もし、前のグループや隣のコースに打ち込んでしまったら、「ファー」と大声で叫び、周囲の人たちに危険を知らせます。

一方で、自分の身に危険が及ぶ可能性もあります。

これから打とうとしている人の近くに立ってしまうと、クラブやボールが自分に向かってくるかもしれません。

加えて、打つ人の集中を乱してプレーの妨げにもなるため、決して近くには立たないようにしましょう。

マナーを守ってゴルフを楽しもう

ゴルフにはさまざまなマナーが存在しますが、いずれもゴルファーが快適にプレーできるようにと配慮されたものばかりです。

同じ組で一緒にプレーする人はもちろん、他の組の人たちにも気を配ることで、誰もが気持ちよくゴルフを楽しむことができます。

最初からすべてのマナーを完璧にこなすのは難しくとも、回数を重ねるうちに次第に慣れていくものです。

一つ一つ身に付けていきましょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

初めてのコースでも安心!ゴルフコース内での基本マナーについて
最新情報をチェックしよう!