ゴルフ場のクラブハウスに入場する際の服装とマナー

ゴルフ場のクラブハウスに入場する際はどのような服装が相応しいのでしょうか。

基本的な服装と格式高いクラブハウスのドレスコードの違いはあるのでしょうか。

 

ゴルフ場のクラブハウスによっては服装の入場制限が設けられています。

恥をかかないためにクラブハウスに合わせた服装マナーを身に付けられます。

ゴルフ場によってはラウンド上の服装とクラブハウスの入場時の服装が異なる場合があります。

ゴルフプレーをする場合は予めゴルフ場に直接電話などでお問い合わせし事前に確認しておくことが大切です。

格式高いクラブハウスに入場する際の服装

ゴルフ場のクラブハウスに入場する際は高級ホテルに行くような心構えが大切です。

ホテルのロビーにだらしない服装で他のプレーヤと一緒に受付などを行っていると恥をかいてしまいます。

このような格式高いクラブハウスに入場する場合はビジネスカジュアルが好まれています。

クラブハウスに入場する場合はゴルフプレーをする服装での入場は控えたほうが良いでしょう。

クラブハウスに入場する際のマナー

クラブハウスに入場する際は帽子やサングラスを取ることが一つのマナーです。

またゴルフプレー後、クラブハウスに入る時はエアーでシューズをきれいに洗ってから入ります。

クラブハウスのレストランで食事をする場合は携帯電話の使用が禁じられていることがあります。

ゴルフ場のクラブハウスはホテルのロビーと同様です。

予めゴルフ場の情報を入手し事前に確認しておきましょう。

クラブハウスは多くのゴルフプレーヤが出入りしています。

プレー前の受付からお昼休憩、帰宅時など利用する機会が多いです。

せっかくの週末に気分を損ねないためにクラブハウスに入場する際の服装やマナーは守るように心がけましょう。

ゴルフ場で服装規制が厳しくない場合

一般的にゴルフ場に行く場合は襟付きのスポーツシャツやポロシャツとロングパンツ(チノパンやスラックス)、ゴルフ用シューズになります。

ゴルフ場で服装規制が厳しくない時はラフな襟付きのポロシャツやロングパンツ、ゴルフ用シューズで問題はありません。

しかし服装規制がゆるくても襟付き以外のトップスはNGになります。

季節に合わせ、上着にジャケットをもって行くのも良いでしょう。

ゴルフ場で服装規制が厳しい場合

通常のゴルフ場と異なり、決まったドレスコードが存在します。

特に格式高いゴルフ場では一般的な服装よりビジネスカジュアルが好まれています。

ビジネスカジュアルと聞いてもピンとこない方もいますので、一例としてご紹介しましょう。

服装規制が厳しいゴルフ場ではトップスに襟付きの白いシャツと黒もしくは紺のジャケット、ベルト、白めのロングパンツ、革靴になります。

ビジネスマンなら持ち合わせているアイテムでコーディーネートをすることができます。

男女に分けマナー違反の服装を確認

 男性ゴルフプレーヤの場合
  • 帽子やサンバイザー(好みのものでOK)
  • 袖や襟付きのスポーツシャツ
  • スポーツシャツはズボンの中に入れること
  • ロングパンツ(スラックス)
  • ゴルフ用のシューズ
 女性ゴルフプレーヤの場合
  • 帽子やサンバイザー(好みのものでOK)
  • 袖や襟付きのスポーツシャツ
  • ロングパンツ(露出度の高いパンツはNG)
  • ゴルフ用シューズ

上記以外にゴルフプレーヤが禁止されていることはタオルを首に巻いたり下げたり、腰に掛けたりする行為はマナー違反になります。

まとめ

クラブハウスに入場する場合はゴルフ場に予め電話やHP等で服装規制があるか確認しておきましょう。

万が一に備え、ビジネスカジュアルのドレスコードを普段から身に着けておくと便利です。

女性はファッショに敏感ですが、ヒールやサンダルでのクラブハウスの入場はNGになります。

清々しい週末を楽しく、ゴルフ場で過ごす服装が好ましいです。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフ場のクラブハウスに入場する際の服装とマナー
最新情報をチェックしよう!