ゴルフプレーに慣れてきた季節、秋・冬シーズンの服装のマナー

ゴルフシーズン後半の秋と冬の服装にはどのような格好があるのでしょうか。

意外と知られていないゴルフ仕様の服装を教えてください。このようなイメージしにくい冬場の服装を解説していきます。

 

ゴルフ場は広大な敷地の中に存在し自然豊かな環境下でゴルフプレーを行います。

ゴルフシーズンの春や夏と異なり徐々に気温が下がり寒くなり始めます。

ゴルフ場でも着用して良い上着やアイテムがあります。

それらのアイテムを着用することで快適にゴルフを楽しむことができます。

 

冬場ゴルフ場に出向く際、相応しい上着やアイテムを着用してプレーしても良いのでしょうか。

各ゴルフ場には決められたドレスコードが存在します。

服装規制が厳しいゴルフ場でのNGにならない格好がないか探してみました。

冬場のゴルフ場の服装のマナー

冬場のゴルフ場は春や夏と異なり急激に気温が下がり始めます。

夏を過ぎ秋が近づくにつれゴルフシーズン真っ盛りです。

ゴルフシーズン本番とも言える秋から冬にかけての服装を取り上げてご紹介します。

一般的にゴルフ場の服装(ドレスコード)は上着にジャケット、トップスに襟付きのシャツやポロシャツ、ズボン、ゴルフシューズになります。

ゴルフプレーは年間を通じ行うことができますが、一般的な服装(ドレスコード)ではプレー中に寒さを感じてしまいます。

まだ、外気温が20℃から30℃前後ある際はご自身でも調節できるレベルではないでしょうか。

秋から冬にかけマナー違反にならない服装を見ていきましょう。

秋から冬にかけての服装には

 外気温15℃から20℃ぐらいの服装
  • 帽子や長袖の襟付きスポーツシャツもしくはポロシャツ
  • 重ね着用の丸首の長袖のシャツ
  • フリースやニット生地のベストなど
  • 厚手のスラックスやチノパン
 外気温10℃から15℃ぐらいの服装
  • ニット系の帽子やイヤーカバー
  • ネックウォーマー(気温に応じ)
  • 防寒用などのヒートテック素材の機能性シャツ
  • フリースやニット系のベスト
  • セーターやウルトラライトのダウンベスト
  • ヒートテック素材を用いたタイツ
  • ゴルフ仕様のレッグウォーマーやハイソックス
  • 貼るタイプのホッカイロ
  • メガネ

外気温10℃以下の服装は一般的なゴルフ場のドレスコードの下にヒットテック素材の下着やT-シャツ、防寒アイテムが有効的です。

またウインドブレーカー的な上着などもプレー中はOKの場合があります。

冬場のゴルフ場のドレスコードを予め、電話やHPで確認し自分なりにファッションをコーディネイトしてみましょう。

そもそもゴルフ場の服装のマナーとは

一般的にマナーとは行儀作法を指し、お互いが気持ちよく生活するための知恵と辞書では定義されています。

ゴルフ場での服装のマナーはプレーヤ同士やビジターが気持ちよくプレーできるように設けられています。

ゴルフ場でのマナーにはプレー時に集中でき、メンバーがケガをしないようにと考えられています。

週末を心地よく過ごし、楽しくラウンドを回れるように配慮することが大切です。

冬場でもゴルフ場の施設に入る際は上着にジャケットの着用が必要になります。

ゴルフ場によってはジャケットを持っているだけでも良い場合があります。

また靴は革靴、女性の場合はヒールが低めのパンプス類になります。

女性がワンピースを着用する場合はストッキングを履くことが求められています。

冬場のゴルフプレーで着用する帽子やネックウォーマーなどの防寒アイテムはクラブハウスや施設に持ち込まないようにしましょう。

まとめ

秋から冬場にかけてゴルフプレーを行う予定の方は事前に訪れるゴルフ場の情報を入手しておくことが重要です。

最近ではスポーツ店や衣料品売り場に季節に合わせた洋服のコーディネイトが展示されています。

ゴルフファッションに興味がある方は是非、一度覗いて参考にしてみてください。

ゴルフファッションもバラエティー豊かに色彩良い服装が注目を集めています。

今、使っているゴルフクラブに満足していますか?
4.8

あなたにオススメできる理由!
・専門的なアドバイザーに相談できる
・ゴルフクラブが3,000点以上の品揃えと業界最大級
・口コミが充実で参考になる
・購入して翌日お届けの商品が多数

ゴルフプレーに慣れてきた季節、秋・冬シーズンの服装のマナー
最新情報をチェックしよう!