夏のゴルフはマナーさえ守ればハーフパンツスタイルが快適・おしゃれ!

ゴルフはエチケットとマナーが大切なスポーツと言われます。

プレー中はもちろんのこと、服装にも様々なマナーや決まりがあるのが、ゴルフ人口が減収傾向にある一因だという人もいます。

服装の面においては最近ではかなり緩くなってきた感がありますが、特に名門コースと呼ばれるコースほどまだまだドレスコードがしっかり存在しているところも多く、場合によってはプレーさせてくれない、なんてひどい?コースもあるようです。

これから本格的ゴルフシーズンを迎えますが、特に日本の真夏ではハーフパンツ(短パン)で涼しくプレーをしたい男性ゴルファーも多いことでしょう。

でも、ハーフパンツを着用することにおいてのマナーやルールはゴルフ場でも大きく違っていることもあるので、どうすればいいのか分からない、と困っている人も多いと思います。

この記事では、男性がゴルフプレーでハーフパンツを着用するときのポイントをわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

そもそもゴルフでハーフパンツはOK?

女性はハーフパンツやキュロットでゴルフをしている人が多いですが、そもそも男性がハーフパンツを着用してプレーすることはマナー違反なのでしょうか?

以前は数多くのゴルフ場で「ハーフパンツ着用禁止」のドレスコードを規定しているところが多かったのですが、バブル崩壊後はアコーディアゴルフなどの外資系がゴルフ場を増やし、カジュアル化を進めたおかげで最近では「ハーフパンツ禁止」というゴルフ場はほとんどなくなりました。

ただ、クラブハウス入退場時にハーフパンツはいただけませんので、プレー中だけにしてくださいね。

ハーフパンツにはハイソックスが必須?

しかしながら、まだまだ一部の名門ゴルフ場を中心に、「ハーフパンツ着用時には、ハイソックスでなければいけない」と規定しているゴルフコースがあります。

ハイソックスでないとプレーできない規定が生まれた背景

こんなルール、マナーが決まった理由としては、ゴルフ発祥の地イギリスを中心とした「ニッカボッカーズ」の影響とか、ある名門コースで「男性のすね毛が見苦しい」とかいう理由でハイソックス着用が必須になった、とかいろいろな説があるようですが真実は分かりません。

ちなみに、こういう規定があるのはなぜか日本のゴルフ場だけのようです。

確かに海外のゴルフをテレビで見ることもありますが、ハーフパンツにハイソックスというスタイルはまず見たことありませんね。

ハーフパンツにショートソックススタイルが一般的に

そんなガラパゴスな日本のゴルフ場も今ではマナーは緩やかになってきていて、若いゴルファーを中心に、ハーフパンツにショートソックスというプレースタイルも普通に見るようになってきました。

頭の固いメンバーの多い一部の名門コースはなかなか変えるのは難しいかもしれませんが、今後もどんどんハーフパンツにショートソックスを認めるゴルフコースが増えていくことでしょう。

行くコースのドレスコードを事前にHPや電話で確認することは必要ですが、夏のゴルフは、リゾート気分も兼ねて、ハーフパンツでカジュアルゴルフがおすすめです。

まとめ

ゴルフプレー時の男性のハーフパンツ着用のマナーについてまとめましたが参考になりましたでしょうか?

来年は埼玉県の霞が関CCで東京オリンピックのゴルフ競技も行われます。

ゴルフは老若男女が同時に楽しめる数少ないスポーツですし、今後もっとカジュアル化して誰でも気軽にできるスポーツ、レジャーとして定着してほしいと思っています。

最近ではいろんなブランドの明るい色使いのおしゃれなハーフパンツがいっぱいありますので、ぜひファッションも楽しんでください。

そのためには、ゴルフ場側も時代に合わせて変わってほしいですし、ゴルファー自身も、ゴルフは紳士のスポーツ、ということを自覚し、そのコースの規定やルールはしっかり確認してそれを守って楽しくプレーしましょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

夏のゴルフはマナーさえ守ればハーフパンツスタイルが快適・おしゃれ!
最新情報をチェックしよう!