池を越えていったボールが転がり戻り池ポチャした場合のゴルフルール

ゴルフにはさまざまなルールがあるため、慣れないうちは混乱することも多いのではないでしょうか。

ここでは池ポチャを想定して、ゴルフルールをわかりやすく説明していきます。

一度ルールを理解してしまえば、判断に迷うことも少なくなります。

エリアによってルールが異なる

2019年ルール改正ゴルフコースのエリア名

ゴルフコースはティーイングエリア、バンカー、ペナルティーエリア、パッティンググリーン、ジェネラルエリアという5つのエリアに分かれています。

川や池などの水域に加えて、ジャングル、溶岩、砂漠などの区域も含めてペナルティーエリアと呼びます。

さらにペナルティーエリアは、イエローペナルティーエリアとレッドペナルティーエリアに分かれており、それぞれ異なるルールが適用されるため注意が必要です。

 

例えば、池を越えて対岸側に落ちたボールが転がり戻って池ポチャした場合は、打った場所から打ち直すのが基本ルールです。

一度池を越えたからといって、対岸側から打ち直してはいけません。

ドロップ地点を間違えてしまうと、誤所からのプレーとなり2打罰となってしまいます。

ただしこれはイエローペナルティーエリアでの話であり、レッドペナルティーエリアの場合はルールが若干異なります。

イエローペナルティーエリアでの処置

イエローペナルティーエリアは黄色の杭・ラインで囲まれた区域で、旧ウォーターハザードを指します。

このエリアにボールが入った場合は、3つの方法からプレーを選択することになります。

一つは「そのまま打つ」方法で、2019年のルール改訂により、クラブをソールしたりクラブが水に触れたりしても無罰です。

1罰打を加えるなら、「最後にプレーした場所に戻って打つ」か、「イエローペナルティーエリアの限界を最後に横切った地点とホールを結んだ後方線上にドロップして打つ」かの選択になります。

後者の場合、後方であれば距離に制限はなく、好きなだけ下がって構いません。

また、ボールドロップは、必ずひざの高さから行います。

レッドペナルティーエリアでの処置

レッドペナルティーエリアとは赤色の杭・ラインで囲まれた区域のことで、旧ラテラルウォーターハザードを指します。

このエリアにボールが入った場合は、イエローペナルティーエリアの処置に加えて、次の方法も選択可能となっています。

レッドペナルティーエリアの限界線を最後に横切った場所を基点にして、その基点からホールへ近づかない2クラブレングス以内にドロップするというものです。

つまり、ボールが逆戻りして池ポチャした場合は、池に落ちる際に横切った地点の2クラブレングス以内にホールへ近づかない場所があれば、そこにドロップします。

しかし救済を受けることになるため、1罰打が加算されます。

ルールを理解して楽しくプレーしよう

今回とりあげた池ポチャの例以外にも、さまざまなケースが考えられます。

まずは大前提として、イエローペナルティーエリアとレッドペナルティーエリアの2つがあり、それぞれ異なるルールが適用されることをしっかり把握しておきましょう。

始めは誰もが初心者からのスタートですから、神経質になりすぎず楽しくプレーを重ねながら、少しずつルールを理解していってください。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

池を越えていったボールが転がり戻り池ポチャした場合のゴルフルール
最新情報をチェックしよう!