2019年に改正されたゴルフの新ルールでドロップはどう変わった?

2019年1月1日に全英ゴルフ協会と全米ゴルフ協会によってゴルフルールが大幅に変更となったのはご存知でしょうか。

日本ゴルフ協会においてもそれに準ずる形で新ルールの適用がされています。

変更点は様々なものがありますが、特に変更点が多いドロップについて紹介していきます。

しっかりと把握してプレーするようにしましょう。

そもそもドロップって何?

新ルールでドロップがどう変わったのかを確認する前に、ドロップに関する基本的な点を確認しておきましょう

ドロップとは

ドロップとはどういったものなのかというと、異常なグラウンド状態やウォーターハザードなど動かせない障害物の中や上にボールがあり、それらがスタンスやスイングの妨げになっている場合に救済措置として行える行為です。

救済エリアの設定法

ドロップを行う場合は救済エリア内にドロップしなければなりません。

救済エリアの設定法は、ボールのニヤレストポイントを救済基点とします。

基点からパター以外の最も長いクラブの1クラブレングスか2クラブレングスを半径とし、グリーンに近づかない方向の半円が救済エリアです。

1クラブレングスはカート道などの動かせない障害物の場合です。

2クラブレングスはレッドペナルティエリア(池や川など)の場合になります。

ニヤレストポイントはティペッグなどでマークするのが推奨されていますが、目視でも構いません。

ただし、目視の場合はドロップしたボールが最初に地面に落ちた所が救済の基点となるので、少しでもボールがグリーンに近づくと再ドロップが必要になるなど違反を犯し易くなってしまいます。

ドロップのやり方

救済エリア内で膝の高さからボールに回転をかけたりせず真下に落とします。

救済エリア内にボールが止まらなければドロップのやり直しが必要です。

ただしドロップは最大で2回までとなり、2度目のドロップで救済エリア内にボールが止まらなかった場合は2回目のドロップでボールが落ちた所にボールをプレースします。

旧ルールとの違い

2019年からの新たなゴルフルールとそれ以前のルールではドロップにおいてどのような違いがあるのか確認していきましょう。

救済の申告

2018年までのルールでは、救済の申告をマーカーに告げる必要がありました。

しかし、2019年からの新ルールでは、誰にも告げる必要がないと変更になっています。

新ルールはプレー時間の短縮も目的の1つなので旧ルールよりも緩和された部分と言えます。

ドロップ方法

旧ルールでは、ドロップを肩の高さから行うのがルールでした。

しかし、2019年からの新ルールでは膝の高さからドロップすると変わっています。

肩の高さからドロップをしてもそれだけでは罰則はありませんが、肩からドロップしたボールでプレーを続けてしまうと1打罰となります。

救済エリア外のボールをプレーしたりドロップするべきなのにプレースでプレーを再開した場合は2打罰です。

救済エリアを計測するクラブ

救済エリアを計測するクラブについては、パターを除くそのラウンドの為に持ち運んでいるクラブの中で最も長いクラブになりました。

旧ルールではそのラウンドの為に持ち運んでいるクラブならどれでも良かったので、長尺パターを用いることが出来たが禁止になったということです。

新ルールにおいては、基本的にドライバーを用いることになるでしょう。

バンカー内のアンプレイヤブル

バンカー内でのアンプレイヤブルは、旧ルールではアンプレイヤブルの宣言を行いバンカー内の別の場所に1打罰でドロップというものでした。

新ルールでは、宣言をした後球とホールを結ぶ線上のバンカー外の後方に基点を決め救済エリアに2打罰で球をドロップすると変更になっています。

レアなケースは救済理由を選択可能

ドロップが必要なケースは、基本的に原因となっているものは障害物など1つだけなことが多いです。

しかし、雨の後などカート道にカジュアルウォーターと呼ばれる水溜りができている場合など複数の理由で救済が受けられる場合も有り得ます。

その場合は、カート道を救済の理由にするか、カジュアルウォーターを救済の理由にするかを選択するのが可能です。

それによってニヤレストポイントが変わることもあるので注意しましょう

ルールを把握して味方につけよう

2019年からのゴルフの新ルールにおいてドロップは変更点も多く、慣れないうちは戸惑ってしまうことも多いかもしれません。

しかし、新ルールはプレー時間の短縮やゴルフの普及を目的としているため、基本的に旧ルールよりも緩和された点が多いことに気がつくでしょう。

新ルールをしっかりと把握して、味方につけてプレーすることが大切です。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

2019年に改正されたゴルフの新ルールでドロップはどう変わった?
最新情報をチェックしよう!