2019年のゴルフルール改正で決まったドロップの新しいやり方

リオオリンピックでゴルフが正式種目として加えられたことを機に、もっと手軽にプレイできるように全般的なルール改正が行われるようになったのです。

そのルール改正の中で、ドロップと呼ばれる行為について新しい解釈が加えられているので解説します。

そもそもドロップってどんなルールなのか

ゴルフのドロップとはどんなルールなのかというと、打った後のボールを拾い上げて決められた位置にボールを真下に落とす動作のことです。

ゴルフは自然の中でプレイするため、人工的に作った池や砂地だけでなく背丈の高い木々や無数の小枝や小石がいくつも存在しています。

こういったポイントというのは、そのまま打ち込んでしまうとクラブが破損するだけでなく打った時の衝撃で小石や枝が飛び散ってしまいその場にいるプレイヤーにとって大変危険です。

 

そこでプレイヤーへの危険を未然に防ぐために、この地点でボールを打ってはいけないということを伝えるアンプレヤブルを宣言します。

アンプレヤブルを宣言すると、危険なポイントに入り込んでしまったボールを拾います。

ボールを拾い上げて決められた位置にボールを真下に落とすことで安全な位置から再スタートができるのです。

従来のルールは肩の位置からボールを落とす

新ルールの前に従来のルールをおさらいすると、アンプレヤブルを宣言して危険なポイントに入り込んでしまったボールを拾います。

落とすポイントの算出には、パターを地面においたクラブの先端の範囲と決まっています。

落とすポイントの算出が出来たら、拾ったボールを肩の位置まで手を上げてその位置からボールを落とすのです。

 

もし落としたボールが算出した範囲を超えてしまうと、その範囲に収まるまで何度もボールを落とすことを続けます。

さらに落としたボールが跳ねて足に当たってしまった時には、罰打となりもう一度成功するまで拾って落とすを繰り返します。

新しいルール改正ではひざの位置から落とす

拾ったボールが決められた範囲で落ちないと、何度も行わなければならないためプレイ時間が伸びてしまうのが難点でした。

そこで従来では肩の位置から落とさなければならなかったのが、2019年の新改正ルールでは、ボールが跳ねづらいひざの位置から落とすというやり方になっています。

そして、ひざの位置からはボールが跳ねづらいといっても全く跳ねないというわけではないため、落とした時に跳ねて足に当たってしまうこともありますが、従来にあった罰打は無くなっています。

 

そしてドロップというルールは、打ち込んでしまったポイントから打つとプレイヤーに危険が及ぶことを避けるために設けられたルールです。

そのためクラブを置いて範囲を決めたとしても、まだ危険があると判断した時には2打罰にはなりますが、完全に危険なポイントから離れて打ち直すことができます。

ドロップの改正で初心者に優しくなった

元々はプレイヤーの安全を確保するためにドロップというルールが設けられていたのですが、ただ罰打への罰則規定が重かったためにルールが厳格であり過ぎたのです。

2019年のルール改正によって厳格であったルールが緩和されるようになり、従来のやり方よりも安全性の向上をしただけでなくプレイ時間の短縮につながり初心者にとってプレイしやすい環境になったといえます。

今、使っているゴルフクラブに満足していますか?
4.8

あなたにオススメできる理由!
・専門的なアドバイザーに相談できる
・ゴルフクラブが3,000点以上の品揃えと業界最大級
・口コミが充実で参考になる
・購入して翌日お届けの商品が多数

2019年のゴルフルール改正で決まったドロップの新しいやり方
最新情報をチェックしよう!