バンカー内についてしまった足跡に関するゴルフの新ルール

2019年に改訂されたゴルフのルールは従来のものとはいくつか違いや変更されている点があるため、プレイする前に確認しておかなければいけません。

そこで今回は、バンカー内の足跡に関する変更点やポイントを解説します。

バンカー内の足跡はならしてもOK

ボールがバンカー内に入ってショットをした際、思っていたところに打てずに同じバンカー内に転がってしまうということがあります。

その際には再びバンカー内からショットをしなければいけないのですが、今打った場所の足跡などをならして移動することに関しては従来のゴルフルールでは問題はないとされていました。

これはストローク後であればプレイヤーはバンカーをならしてもいいというルールのためであり、自分の足跡なども消していいとされています。

ただしストローク前に足跡を消すのはペナルティ扱いとなるため、注意が必要という内容でした。

このようなバンカー内での自分の足跡に関するルールについては、ゴルフ新ルールでも特に変更はされていません。

そのためストロークやショットの後であれば、これまでのルールやプレイ通りに足跡を消すために砂をならす行為は許可されています。

そしてストロークやショット前に足跡をならす行為がペナルティ扱いされる点も同じなので、従来通りのプレイをすることができます。

逆に言えば特に変更されていないポイントなので、ルールが変更されたからと勝手に解釈してストロークやショット前に足跡をならすことは厳禁です。

動物の足跡に関してはNG

ほかにも注意しておかなければいけないのが、バンカー内に動物の足跡があった場合です。

ゴルフ場は山の中など自然に囲まれた環境に設けられていることが多く、バンカー以外にもエリア内に動物の掘った穴や足跡があるケースは珍しくありません。

そして動物の掘った穴や足跡は時としてプレイの邪魔になってしまう可能性があり、従来のゴルフルールでは穴掘り動物の掘った穴だけは痕跡などを消すことが許可されていました。

それ以外の動物が掘った穴や足跡は消すことが許可されていないため、触れた時点でペナルティが科せられていたのです。

こちらに関しては、新ルールによって穴掘り動物だけではなく動物全般が対象となっています。

このため動物が掘った穴や盛り上がった土、穴に通じるけもの道やその痕跡を含めたものは全て、異常なコース状態として救済されます。

これらの痕跡を消してもペナルティはないのですが、動物の足跡そのものは対象となっていません。

つまり動物が穴を掘った痕跡などは対象とされていても、ただの足跡がバンカー内にあっても消してはいけないのです。

バンカー内の足跡に関しては大きな変更はない

バンカー内の自分自身または動物の足跡に関しては、新ルールでもそこまで大きな変更はみられていないようです。

ただ動物の痕跡に関しては、範囲が広がっているため足跡も消していいのかと勘違いしやすいため注意が必要です。

また従来のゴルフルールから変更されていない点は、自己解釈せずにきちんと確認しておくことが大切だとされています。”

今、使っているゴルフクラブに満足していますか?
4.8

あなたにオススメできる理由!
・専門的なアドバイザーに相談できる
・ゴルフクラブが3,000点以上の品揃えと業界最大級
・口コミが充実で参考になる
・購入して翌日お届けの商品が多数

バンカー内についてしまった足跡に関するゴルフの新ルール
最新情報をチェックしよう!