ゴルフのトップアマ練習量はどのくらい?気になる練習法とは?

ゴルフのアマチュアといえどトップクラスになると技術レベルはかなり高くなります。

確かにセンスだけで上達するという方もいますが、ごく僅かであり、ほとんどの方が猛練習しているはずです。

それもトップクラスとなれば、想像を超えるかもしれません。

そこで、今回はトップアマの気になる練習量についてご紹介します。

トップアマの練習量とは?

トップアマにはさまざまな大会がありますが、スコアは平均して70くらいのレベルが必要です。

このレベルに到達するには、かなり努力しなければなりません。

トップアマもタイプによって練習法は異なりますが、スコアが良くないときは、練習量を増やす方もいるでしょう。

時間があればラウンド後そのまま練習することもありますし、なかには1時間200球を超える方もいます。

トップクラスになると、その技術はプロにも劣らない、相当高いものです。

そのレベルをキープするには、やはり日々の積み重ねが重要なのです。

ただし、練習量はただ多ければ良いというわけではありません。それ以上に練習の質が大切なのです。

 

ボールを打ち続けるという練習法もありますが、素振りの状態を確認することも重要です。

素振りは、ゴルフのなかでも基本となる練習であり、フォームを改善していくためには欠かせません。

自分のフォームをビデオで確認して、フォームに調整をかける。こういった練習法を試みるトップアマも少なくありません。

練習は前後で変化していなければ意味がないものです。

効率よく上達するためには、何度もボールを打つよりも、ベースとなるフォームを改善する方がずっと質の良い練習になるといえます。

1時間で200球打つよりも、フォームを改善して100球打つ方がより高い技術を習得できるのです。

練習次第でトップアマになれる?

トップアマクラスの場合、70前後のスコアが最低条件ですから、そのレベルまで上達しなければなりません。

スコアの開きが大きくなるほど、練習量は必要です。

こういった場合、努力すればシングルにはなれそうですが、トップアマは厳しいと感じる方も多いでしょう。

確かにかなりレベルが異なりますが、練習次第ではトップアマも不可能ではありません。

そのためには、やはり子供時代から練習しておくことが大切です。

これはトップアマを目指すのですから当然のことかもしれません。

トップアマやプロを目指す子供のなかには1日に300球から400球練習するという子もいます。

スコア70のトップアマを目指すのであれば、これくらいの練習量は必須です。

 

かなりの練習量ですが、それだけゴルフの世界は厳しいものなのです。

さらに本格的なプロを目指す場合はこれ以上の練習をする場合もあるでしょう。

一般人のなかにもかなり練習する方もいますが、300球、400球をこなすという方はなかなかいません。

トップアマは一般人の想像を遥かに超える量をこなしているのです。

これだけ圧倒的に練習量が異なれば、その分ミスの回数に影響するのは当然ではないでしょうか。

トップアマはアマチュアといえど、プロとは変わらない技術があります。

このような技術を習得し維持しているのは、日々の努力があるからです。

上達するにはどのように練習すれば良い?

先述したように一般人レベルからトップアマになるためには、かなり努力しなければなりません。

特に子供時代からのゴルフ経験がない方は、すでにレベルに差があります。

そのような方が基礎的な練習方法や独自の練習方法である程度のレベルまで行けたとしても、自分の力だけでトップアマになることはかなり難しいことです。

ある程度習得できたら、トップレベルのスイングを真似ると効果的です。

トップレベルとなるとクラブは毎日握るのは当然ですし、300球打つという方も少なくありません。

そのため独自で練習するスイングよりもよっぽど確立しているといえます。

トップアマを目指す場合は、このようなトップ技術を少しでも多く学んでいくことが大切です。

 

スイングは持ち方や力の入れ具合一つで、軌道や飛距離に大きな差が出ます。

力強く飛ばそうと思い力む方も多いですが、力まず一定のリズムで打つことが大切です。

このようなスイングは練習場ですることがほとんどで、コースでする方は少ないです。

そのためコースは本番という意識を持つ方も多いといえます。

 

しかし、それではプレッシャーを感じて力みがちになったりリズムが変わってしまったりすることも増えてしまいます。

コースであってもミスすることは誰でもあるのです。

そのように考えて普段から練習のつもりでコースを回り、慣れておくということも大切です。

トップアマチュアはプロレベルの練習量が必要

アマチュアとはいえ、トップクラスになるとプロ同様の練習量が必要です。

そのため、なかには300球、400球打つという方も少なくありません。

ただし、これはボールをただ打てば良いというわけではなく、きちんとした根拠が必要です。

ときにはトップレベルのスイングを確認し、自分のフォームを修正するといったことも必要でしょう。

このように少しでも上達するためには、質の高い練習をしてレベルを上げていくことが大事です。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフのトップアマ練習量はどのくらい?気になる練習法とは?
最新情報をチェックしよう!