ゴルフシングルプレイヤーの割合や意味をわかりやすく紹介

ゴルフをプレイする方にはシングルプレイヤーと呼ばれる人がいます。

これはハンディキャップが一桁のアマチュアゴルファーのことを指す言葉です。

日本にシングルプレイヤーがどれくらいいるのかというと、ゴルフ人口の5%以上7%未満です。

ここではシングルプレイヤーの割合や意味を紹介するので知っておくと良いです。

シングルプレイヤーになるには相応の練習が必要

どれくらいのスコアが必要なのか

シングルプレイヤーになるにはそれなりの期間が必要です。

基本的にシングルプレイヤーはハンディキャップが0から9の方を指します。

一般的に初心者から中級ゴルファーの平均スコアが約140くらいです。

ハンディキャップの数は60くらいから70なので、シングルプレイヤーになるにはテクニックが必要です。

ゴルフのラウンドは全部で18ホールあります。

18ホールの基準スコアが72なのでハンディキャップを入れてスコア83くらいに抑える事ができればシングルプレイヤーになることができます。

基本的に1回プレイをしただけで83以内にすることができたからといってシングルプレイヤーになる事ができるわけではありません。

平均して83くらいのスコアを維持できないとシングルプレイヤーになれないので注意しておきましょう。

シングルプレイヤーになるための具体的な期間

早い人だとゴルフを開始して1年以内にシングルプレイヤーになる方もいます。

ただし割合は0.6%くらいと非常に少ないです。

20年間ゴルフをプレイしている人だと約6割位の方がシングルプレイヤーになれるといったデータがあります。

ゴルフプレーの腕前が重視されるので練習やホールや打ち方の研究を行い地道にスコアを伸ばしていくのが基本です。

シングルゴルファーは独自のテクニックがある

ドライバーのコントロールを重視する

シングルプレイヤーはドライバーを扱うときには方向性を重視します。

方向をうまくコントロールすることができれば目的の場所にボールを飛ばす事ができます。

特にトリッキーなコースはプレイテクニックが求められます。

ドライバーと言えば飛距離を出すためのクラブですがトリッキーなコースでは飛距離よりも方向性が重要視されます。

うまく方向性をコントロールできないと池ポチャしたりバンカーに入ってしまうので注意が必要です。

リカバリー力を重視したプレイスタイルも重要

ゴルフはときにピンチになることがあります。

例えばボールが木々の生えている場所に入ってしまった時、複雑な地形からボールを打たないといけません。

そういうときのためにもシングルプレイヤーにはリカバリー能力が求められます。

林に入ったときは確実に1打でリカバリーできるプレイが必要です。

たった一打の違いで勝敗が大きく左右されるのでリカバリー能力は重要な部分です。

シングルプレイヤーに求められる飛距離はどれくらいなのか

20代から40代くらいの平均飛距離

シングルプレイヤーはハンディキャップが9以下の人を指す言葉です。

それだけに少ない打数で18ホールを終えないといけません。

少ない打数を意識するときに重要になるのがボールの飛距離です。

飛距離があると少ない打数で1ホールを終える事ができるので最終的に良スコアを出す事ができます。

週刊ゴルフダイジェストのデータによるとハンディキャップが5未満だと飛距離は250ヤード以上必要です。

5から10くらいだと230ヤードはないと厳しいそうです。

年齢別に見てみると20代から30代だと平均238ヤードは必要で、30代から40代だと231ヤードはないと難しいです。

40代から60代くらいの平均飛距離も知ろう

シングルプレイヤーに中には年配の方も何人かいます。

中には60代以上の方もいるので年齢別の平均飛距離を知っておきましょう。

週刊ゴルフダイジェストの平均飛距離データを見ると40代から50代の方は220ヤードくらいです。

50代から60代だと211ヤードで60代以上なら196ヤードは出ないと厳しいです。

アマチュアゴルファーの平均飛距離が219ヤードなので、この数値を基準に練習を行いましょう。

ミスショットは少なくするのが大事

ミスは非常に少ない

ゴルフをするときに総スコアを意識したプレイが重要になります。

シングルプレイヤーのミス率は非常に少なく良スコアを出すことができます。

基本的にハンディキャップが一桁しかないので、打数の多いプレイやミスが多いとシングルプレイヤーになる事ができません。

ちなみに全ホール約4回以内のミスショットに抑えないといけないのでかなり厳しいです。

ミスをしないために研究は重要

適当にボールを打ってもうまく飛びません。

またミスショットが増えてしまうので注意が必要です。

そこでシングルプレイヤーは常に適材適所なクラブ選びをしています。

クラブの知識も多くどのようなシーンでどのようなクラブを使うと良いのかも把握しています。

また臨機応変に対応できるリカバリー能力も身につけているのでミス率もアマチュアゴルファーに比べて非常に少ないです。

ミスを減らすためのテクニックはいくつかある

ドライバーショットのミスを軽減する方法

ミスショットを減らすには体重移動と重心位置の調整を行いましょう。

そうすればクラブでボールの上部を叩いてしまいミスをしてしまうリスクを回避する事ができます。

バンカーや池にハマってしまうミスも大きく減らす事ができるので試してみましょう。

シャンクのミスを減らすのが大事

シャンクはクラブをボールに当てたときにボールが右に曲がりながら跳んでいくミスです。

スコアに大きく影響する要素なのでシャンクを減らすことが大事です。

どうすれば減るのかというと、スイング中の姿勢に注目をしましょう。

体重移動などを改善すればシャンクを減らす事が可能です。

改善方法は、足の拇指球に重心をおいて前傾姿勢でスイングをするとよいです。

シングルプレイヤーになるにはそれなりのテクニックが必要

シングルプレイヤーになるためにはハンディキャップを減らす必要があります。

非常に時間のかかる作業なのでシングルプレイヤーの割合も少ないです。

飛距離を伸ばすテクニックやコントロールを良くするテクニックも必要です。

またクラブから姿勢などの研究からボールの飛ばし方の研究までする必要があります。

アマチュアゴルファーなら、まず総スコアを100以下にするように練習をしましょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフシングルプレイヤーの割合や意味をわかりやすく紹介
最新情報をチェックしよう!