できるだけスコアを落とさない!雨の日のゴルフコース対策

雨の日でもできるだけ快適にゴルフを楽しみたいものです。

そのためにも服装や持ち物などの準備が大切。

また雨の日でもスコアに影響しないコツをお伝えします。

雨の日におススメの服装と持ち物

雨の日にゴルフコースを回る際には体を冷やさないことが大切です。

雨で体が濡れると体が硬くなりスイングも思うようできなくなることも。

風邪をひかないためにも雨から体を守る服装をしましょう。

雨の日にゴルフコースを回る際の服装

おススメなのはレインウェアです。

レインウェアはゴルフ用のものがありますので、それを用意しましょう。

ゴルフ用でない場合は、耐水性が高く雨が侵入しないこと、通気性がよく蒸れにくいこと、袖や足首の部分をしぼりで調整できる、スイングなどの動きを制限せず動きやすい、といったウェアであることが大切。

サイズも自分に合ったものを選ぶことが重要なので、実際に着用し動きやすいレインウェアを選ぶようにしましょう。

レインキャップも持参

雨の日は雨が顔に当たることもあり、視界を奪われてスコアに影響してしまうこともあります。

レインキャップはそのリスクを低くしてくれるでしょう。

キャップに後布が付いているものであれば、襟から雨が侵入するのも防げます。

雨で帽子が濡れて頭が蒸れる心配もなくなるでしょう。

抗菌防臭加工があるものなら、湿気で細菌が増えることも減りニオイ対策にもなります。

 

レインキャップを選ぶ際にはサイズを慎重に選ぶことが大切です。

大きすぎると風で吹き飛ばされてしまう可能性があり、小さ目だとかゆくなったり、頭が痛くなったりすることも。

実際にかぶってみてジャストサイズのものを選ぶようにしましょう。

雨の日に忘れてはいけないグッズ

雨の日にはぜひとも持っていってほしいグッズがあります。

一つは着替えです。

レインウェアを着用しても雨がひどくなったり、長時間プレーをしていたりすると服が濡れてしまう場合があります。

ハーフ終了後やラウンド終了後の着替えは忘れないようにしましょう。

下着や靴下も必要です。

雨用のグローブも持っていきましょう。

雨用のグローブなら滑り防止対策がされていて、グリップを固定してくれるでしょう。

汗などの水分を吸収しやすい素材のグローブもおススメです。

また、通気性がよいものであれば、雨でも快適にラウンドすることが可能でしょう。

 

さらに防水性の高いシューズ、タオルやカイロなども持っていきましょう。

季節などにもよりますが、雨の日は気温が低くなったり、体が冷えやすくなったりします。

体調を崩さないためにもカイロなどを持っていくとよいでしょう。

レインウェアやレインキャップ、シューズに防水スプレーをかけておくのもおススメです。また、レインウェアを着ていれば傘はいらないのでは?と考えるかもしれませんが傘があると便利です。

移動時に傘をさして体を濡らさないだけでなく、道具の雨除けにもなります。

雨の日でもスコアに影響を与えないコツ

雨の日はグリップが滑ったり、視界が悪かったりするほか、ボールが飛びにくいというデメリットがあります。

そのようなデメリットを少しでも軽減するためには次のようなコツがあります。

グリップやボールをこまめに拭く

雨の日の大きなデメリットは水分でグリップが滑りやすくなり、飛距離が出にくくなったり、上がりにくくなったりすることです。

クラブのフェース面に水分や泥、芝などが付着しているとスピン量にも影響します。

それを防ぐためにも、グリップやボールの水分や泥などをタオルで拭くようにしましょう。

グローブの水分も拭き取るようにします。

打ち終わった後、ゴルフバッグの中にクラブをしまう前に水分を拭き取ることも忘れないようにしましょう。

パターはいつもより慎重に打つ

雨の影響でスコアが落ちてしまうのはパターも要因の一つです。

雨でグリーンが重くなっているからといって強めに打つと、傾斜によっては水分のせいで滑りやすくなっていることもあります。

傾斜に注意して、強さを加減するようにしましょう。

スイングはコンパクトに

雨の日は力いっぱい打っても、雨でボールが叩き落されてしまうため飛距離が出にくくなります。

雨のせいで滑りやすくなっていることもあり、思うような位置にボールが飛んでいかないことも多いでしょう。

フルスイングをしても飛ばず、体力の消耗につながってしまいます。

そういった失敗を軽減するためにもコンパクトなスイングを心がけることです。

ゴルフクラブを短く持ち、コンパクトなショットを打つことで力みがなくなりボールもまっすぐ飛ぶ可能性が高くなります。

大きな失敗が減り、スコアへの影響も少なくてすむでしょう。

バンカーを避ける

晴れの日でもバンカーは避けたいものですが雨の日は特に避けるようにしましょう。

雨の日のバンカーは水に濡れ、泥のようになっていることがあります。

そのような状態のバンカーにボールを入れてしまうとボールが飛ばずスコアに大きな影響を与えてしまいかねません。

バンカーには特に注意しましょう。

雨天中止の判断基準と注意点

プレーする日が雨の予報だとキャンセルを考えることもあるでしょう。

相当な雨量でグリーン上にも水があふれてしまう、バンカーにたくさんの水が溜まってしまう、などといった状態の場合は、ゴルフ場からクローズの連絡がきます。

ただし、台風や雷などよほどのことがない限りゴルフ場がクローズになることはないので、キャンセルするかどうかは自分たちで判断します。

 

当日ギリギリになってからのキャンセルはゴルフ場に迷惑をかけることになるので、判断は早めにすることが大切です。

天気予報をチェックして雨になりそうな場合は、どの程度の雨ならキャンセルするか、どのタイミングで決めるか、といったことを参加者と相談しましょう。

キャンセル料が発生することもあるので、できれば3日前にはキャンセルの連絡をするのが理想です。

天気予報をチェックして早めに判断をしましょう。

ただし、ゴルフ場は山間部にあることも多く、天気が変わりやすいので注意が必要です。

ゴルフ場の天気を予報するサイトがあるのでそういった専用のサイトを確認することをお勧めします。

雨の日は気負わず気楽な気持ちでプレイをしよう

雨の日はスコアが伸びにくいものです。

グリップは滑りやすく、飛距離も出ないもの。通常よりも動きにくいレインウェアや体が冷えて硬くなることでミスショットもしやすくなります。

そのせいでスコアが悪くなり焦ってしまうと、さらにミスショットを増やしてしまうこともあるでしょう。

雨の日は気負わず、コンパクトなスイングを心がけるとよいでしょう。

体や道具を雨に濡らさないことや体を冷やさないウェアやグッズを用意することも必要です。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

できるだけスコアを落とさない!雨の日のゴルフコース対策
最新情報をチェックしよう!