初心者必見!ゴルフのコースデビューするための目安と練習方法

ゴルフ初心者がコースデビューするためには周囲に迷惑をかけたりしないように、ある程度のレベルが必要です。

安心してコースデビューできるための練習時間の目安を解説します。

いつが最適?コースデビューの目安

ゴルフの醍醐味はコースに出て自然の中でプレイすることです。

初心者ゴルファーも早くコースに出たいと気が急いてしまうケースが多いです。

ただしコースデビューとなると、ある程度のレベルが必要になります。

レベルが低すぎるとコースを楽しむどころか、周囲に迷惑をかけたり思わぬマナー違反をしたりしてしまうことがあります。

「緊張して楽しめなかった」「まったく上手にできなかった」とコースデビューで散々な思いをした人も多いです。

なぜ、このようなことが起きてしまうのでしょうか?答えは簡単です。

ゴルフの基礎的な力が不足しているからです。スムーズにゴルフコースを回るためには、最低限なゴルフスキルが求められます。

 

ゴルフの練習場といえば、打ちっぱなしが一般的ですね。

ドライバー練習ができるだけではなく、パッティング練習用のグリーンやアプローチ用のグリーン、バンカーの練習場所などが完備された練習場なども増えてきました。

そのような練習場で様々なショットを練習するのが理想的です。

ゴルフの練習をする際にはコースデビューのOKラインが、どれくらいなのかを把握しておくことが重要です。

コースデビューへの目安は、空振り・前に飛ぶ・飛距離の3つです。

 

1つ目は空振りをしないことです。

空振りをしてしまうと1打としてカウントされてしまうので、ミスショットよりも損をした気分になってしまいます。

空振りが続いてしまうと自分自身も面白くなくなっていきますし、プレイに時間がかかるので一緒にコースを回っているメンバーにも迷惑をかけてしまいます。

空振りをしてしまうということは、ゴルフクラブに慣れていないことが原因の一つとして考えられます。

それ以外にもスイングで体が起き上がっていたり、必要以上に力んでいたりすると空振りしやすくなってしまいます。

空振りを何回もしてしまう場合には、まだコースに出るのは早いと判断できます。

「10回打って1回も空振りをしない」を最初の目標にするとわかりやすいです。

 

空振りをしなくなったら、2つ目は打ったボールが飛んでいく方向をチェックしましょう。

打ったボールが極端に右や左に飛んでいく場合には、基本的なゴルフスイングが身についていないことが原因です。ゴルフの上級者になっても、すべての打球をまっすぐに飛ばすことは難しいです。

ただ初心者の場合には、まっすぐに飛ばすということよりも打球を「前に」飛ばすことができるかという点が重要になります。

ボールを前に打つことができなければOBになりやすく、ペナルティが重なるばかりでプレイも進まなくなってしまいます。

コースに出るからには、ある程度スムーズな進行が求められます。一般的に9ホールでは2時間~2時間15分程度のラウンドが目安とされていますので、あまりにも時間がかかりすぎると迷惑になってしまいます。

10回のドライバーで6回以以上、10回のアイアンで8回以上が前に飛ぶようになったら合格です。この目安をクリアできるように練習を重ねていきましょう。

 

3つ目は飛距離をチェックします。打ったボールが前に飛ぶようになったら、次はそのボールがどれくらい飛ぶのか、距離を意識するようにします。

ドライバーショットでは男性初心者の場合は150〜180ヤード、女性初心者の場合には90〜120ヤードほどの飛距離が一般的です。

上級者になるとドライバーショットの平均飛距離が男性で230ヤード前後、女性で170ヤード前後になります。

最初から上級者並みの飛距離は難しいですが最低でも100ヤード以上はまっすぐ飛ばせるようになりましょう。

安定して100〜150ヤードの飛距離を出せるように練習してください。

コースデビューのための練習時間は?

コースデビューのための練習時間の目安は、個人差も大きいのですが3ヶ月は必要だと認識しておきましょう。

週2回の練習を3ヶ月ほど行えば、ある程度のレベルまで達することはできます。

もちろんドライバーショットの練習だけでなく、パターやアプローチなどの練習も満遍なく行う必要があります。

また、だらだらと目標もなく練習するよりは「3ヶ月後にはコースデビューするぞ」と目標を設定する方がモチベーションも上がります。

コースデビューに向かって集中し、効率よく練習をするためにも期間を区切って練習をすることはオススメです。

 

一人で練習していて上手くいかない時には先輩ゴルファーにアドバイスをもらったり、レッスンプロを受けたりするのも一つの方法です。

自己流な練習方法では改善されないことも、上級者に教えを乞うことで解決することができる可能性があります。

効率的な練習をすることでコースデビューが早まることも期待ができますので、初心者仲間と一緒に練習したり、様々な情報を交換するのも良い刺激になるのでオススメです。

 

ゴルフはマナーに厳しい紳士のスポーツです。プレーとプレーの間は素早い行動を心がけ、人に迷惑をかけないようにすることが常に求められます。

ゴルフスキルが低すぎると、これらのことを守るのが難しくなってしまいます。

つつがないコースデビューのためには基本的なゴルフスキルを身に付けることが大切です。

まずは3ヶ月を目安に取り組もう!

初めてのコースで苦い思いや失敗をしないためには、基本的なプレイができるようになる必要があります。

そのためには3ヶ月の練習期間が一つの目安になります。

この練習期間中に空振りをゼロにして、8割近くの打球を前に飛ばせるようになることを目指しましょう。

加えて、ゴルフプレイで必要になる様々なショットも満遍なく練習して打てるようになるとベストです。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

初心者必見!ゴルフのコースデビューするための目安と練習方法
最新情報をチェックしよう!