2019年から変更されたゴルフルールを以前のルールと比較!

細かなルールが決められている紳士のスポーツ、ゴルフ。初心者の人がコースに初めて出るときは、何か失礼なことをしてしまわないかと、ドキドキしてしまうことでしょう。

さらに2019年1月1日からは、ルールが変更になっています。

「かなり大胆な変更」と言われるほど大きな改正ですので、主要な箇所について、昔のルールと比較しながらご紹介します。

距離測定器の使用が可!?打順にも気をつけて!

まず、一番の変更点とも言えるのが、距離測定器の使用ができるようになったことです。

昔のルールでは、距離測定器の使用はできませんでした。

ですから距離の読みも、重要な技術のうちのひとつだったわけです。

しかし新ルールでは、2点間の距離を測定する機器の使用が可能です。2点間の距離を測定する機器とはつまり、レーザー距離測定器などのことです。

 

また、新ルールでは、打順にも変更があります。

ゴルフでは、一番最初のティーショットは、決められた順番で打ちます。

プライベートのゴルフではその順番を、年齢やハンディで決めることもあるようですが、競技会など、基本的にはくじ引きです。

この点については、ルール変更後も変わりません。変わるのは、2打目以降からです。

以前のルールでは、グリーンから一番遠いところにボールがある人から、打つということになっていました。

ところが新ルールでは、「グリーンからの距離に関わらず、打つ準備のできた人から打っても良い」とされています。

ここで注意すべきは、あくまでも「打っても良い」です。

本来は以前と変わらず、グリーンから距離のある人が先に打つべきであるということも、忘れずに覚えておきましょう。

他にも以下のような変更点があります。

2度打ちや、ボールを動かしてしまったときは

初心者がやってしまいがちなのが、2度打ちや、何かの拍子にボールを動かしてしまうことです。

このとき、旧ルールでは1打罰が科されました。

しかし新ルールでは、2度打ちに関しては、その行為が故意でなく偶然であれば、ペナルティーがありません。

また、ボールを動かしてしまったときも、その行為が「ルールに基づいてボールを拾い上げたりマークしたりする際」や、「ボールの捜索中」に偶然に起きたことであれば、無罰となります。また、グリーン上で、ボールやマーカーを偶然動かしたときにも、ペナルティーはありません。

それ以外のケースでは、これまで通り1打罰が課されます。

時間に関することについて

ゴルフには時間に関するルールも数々ありますが、その点にも変更があります。まずストロークです。

以前は、ストロークするまでの時間に制限はありませんでしたが、新しく、40秒以内という時間制限ができました。

ただしこれは「推奨」ですので、そこまで厳密ではありません。

また、ボールを捜索する時間も、以前の5分から、3分に短縮されています。

旗竿について

カップに刺さっている旗竿には、グリーンオンしている状態からボールを打ったときには、当たらないようにしなければなりませんでした。当たってしまうと2打罰です。

しかし新ルールでは、当たってもペナルティーがありません。

また旗竿も、抜いても抜かなくとも、どちらでも良いということになりました。

バンカー内での処置や、救済措置全般にもルール変更がある

バンカー内での処置や、救済措置に関してのルールも変わりましたので、比較しておきましょう。

バンカー内アンプレイヤブル

これまでは1打罰で、バンカーの別の場所へドロップができました。

新ルールでは、まず、ドロップには2打罰が科されます。

しかしその位置は、「ゴルフボールとグリーンを結ぶ一直線上で、グリーンに近づかず、かつ、バンカー内の地点から1クラブレングス以内」であれば、バンカーの外側でも認められるようになりました。

ドロップ位置の指定が少し細かいようにも思えますが、バンカー外にもドロップできるようになったのは、バンカーからなかなか出せないときには非常に助かるのではないでしょうか。

バンカー内ルースインペディメント

小石や葉っぱなど、いわゆるルースインペディメントを動かしたり、砂に手で触ることはこれまで不可とされていましたが、新ルールでは可能です。

ただし、クラブをソールすることは、これまで通り認められません。

救済措置全般について

救済を受けるときの方法は、より簡略化されました。

ドロップは、これまでは肩の位置からしなければなりませんでしたが、膝の位置からのドロップでも、良しとされます。

救済の際の申告も、以前のルールでは必要でしたが、新ルールからは必要ありません。

新しいゴルフルールをしっかり覚えてプレーを楽しもう

新しくなったゴルフのルールは、これまでよりもかなり簡潔になりました。

これは、競技時間の遅延を防いだり、減り続ける競技人口に歯止めをかける効果があると期待されています。

しかしこれまで長年ゴルフをプレーしてきている人は、古いルールの方に馴染みがあるためか、例えプロであっても、新ルールを間違えて逆にペナルティーを受けてしまうことがあるようです。

楽しくゴルフをプレーするためにも、新しいルールをしっかりと覚えて臨みましょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

2019年から変更されたゴルフルールを以前のルールと比較!
最新情報をチェックしよう!