多くの国の政治家がゴルフをプレイする理由やメリットについて

政治家がゴルフを好んでプレイすることに疑問を抱いている人もいるのでは内でしょうか。
それは、国を問わず、多くの政治家がゴルフをプレイするのはゴルフならではのメリットがあるためです。
そのメリットについて、納得できる理由を詳しく紹介していきます。

ゴルフ場でプレイすることに意義がある

必ずしも遊びとは限らない

国を問わず多くの政治家はゴルフをよくプレイするイメージがあります。
実際、任期中の政治家が休日を利用してゴルフをプレイする例は少なくありません。
また、国のトップである首相や大統領が秘書や護衛を何人も引き連れてゴルフをプレイするニュースも流れますが、政治家がゴルフをプレイするのは必ずしもそのすべてが遊びとは断言できません。
特に複数の政治家が集うゴルフコンペはその多くが政治的な話し合いを目的としたものであり、ゴルフは人を集めるための口実とされています。
会合を行うと銘打つよりも、ゴルフコンペを開いてそのついでに話し合いをするという形にする方が人を集めやすいのです。

広大なゴルフ場を利用するメリット

ゴルフ場を話し合いの場にする理由として第三者の介入を予防できることが挙げられます。
狭い会議室での話し合いは盗聴や盗撮のリスクがあるので政治家は好みません。
その一方で広大なゴルフ場なら第三者が入り込むことは難しいうえ、盗聴や盗撮も成功しにくいメリットがあります。
また、広い屋外で体を動かすことによるリラックス効果も無視できないポイントです。
政治家は仕事の性質上、多数の書類とにらめっこをしたり、有権者との内話をするなど常に緊張を強いられています。
他人の視線が存在しないゴルフ場は任期中の政治家が緊張せずに過ごせる、数少ない場と言っても過言ではありません。

ゴルフによるコミュニケーション

激しい動きがないゴルフは話し合いに最適

スポーツは体を激しく動かすので汗だくになり、息切れもしやすい行為というイメージがあります。
実際にほとんどのスポーツがその通りですが、ゴルフはスポーツの中では例外的に激しい動きがありません。
ゴルフボールを打つ時のスイングを激しい動きと見なすこともできますが、それ以外は激しい動きとは無縁と言えるでしょう。
ボールを打ったら歩き、再びボールを打って歩くという行為の繰り返しです。
グリーンでは芝目を読むために意識を集中させ、声も出さないのが普通とされています。
もの静かなスポーツであるゴルフはプレイしながら話し合うのに最適です。
また、一回のプレイに長い時間を要する点も話し合いに向いている点と言えます。

政治家が高齢であることもゴルフが好まれる理由の一つです。
高齢者の多くは体を激しく動かすことが不得意なので、その点においてゴルフは賢明な選択です。
少ない打数でボールをカップインさせた方が勝ちというシンプルなルールも高齢者に分かりやすいと言えます。

交互にプレイするゴルフはコミュニケーションを図りやすい

ゴルフは基本的に一対一で行うスポーツです。交互に自分のボールを打ちますが、その際に相手の行動を邪魔することはありません。
勝負はするものの、プレイ中に相手を妨害する形で競い合うことはしないのがゴルフの特徴と言えます。
このプレイスタイルは相手とのコミュニケーションを図るのに最適であり、お互いの信頼関係を構築させるのに役立ちます。
法律を作ったり国家間の関係を良好に保つのは政治家の重要な仕事ですが、それらの仕事を成功させるには相手からどれだけ信頼されているかが鍵と言えます。
ゴルフをプレイすることは重要な話し合いの場を設けると共に、相手とのコミュニケーションを図って信頼関係を作るための必須条件です。

プレイスタイルで相手の人間性を見抜く

ゴルフのプレイスタイルはその人の人間性が出る

政治家がゴルフを好んでプレイするのは体に負担がかからない、第三者による盗聴や盗撮の心配がないことの他、相手の人間性を観察できることも大きな理由とされています。
ゴルフは対戦相手がいるものの、プレイの結果はすべて本人の責任です。
ボールを打ち損なってバンカーやOBになったとしても、それらはすべて自分の行為の結果です。
緊張やリラックスのタイミングもすべて自分次第であり、相手の行動が影響することはほぼあり得ないと言えるでしょう。
何事も自分一人の責任になるため、そのプレイスタイルには日頃からの考え方や価値観が出やすいとされているのです。

政治家は人付き合いが仕事とも言えるので、ゴルフのプレイスタイルを通して相手の人間性を観察します。
話し合いを自分に有利な方向で進めるためには相手のことを詳しく把握することが重要です。
そのため、政治家はゴルフをプレイすることによって相手のことを知り、コミュニケーションの方向性を決めるのです。
もちろん、相手を観察するのと同時に自分も観察されているので、相手に人間性を見抜かれないようにすることも政治家の務めと言えます。
相手を知り尽くす一方で自分のことは可能な限り秘密にすることが、政治的な交渉を有利に進める秘訣と言われています。

ゴルフで活躍できる政治家は話し合いも得意

ゴルフをプレイすることも政治家の仕事の一部と言えます。
好き嫌いに関わらず、話し合いの場を設けるためにゴルフは避けられません。
しかし、仕事であっても嫌々プレイするのと積極的に楽しんでプレイするのとでは結果が大きく異なると言えるでしょう。
場の雰囲気が明るくなり、話し合いもお互いに上機嫌で行うにはやはりゴルフ好きであることが重要な条件になります。
ゴルフを楽しんでプレイできる政治家は話し合いも得意であり、自国に有益な結果を出すことができる優秀な人材なのは間違いありません。

ゴルフを楽しめる政治家が自国の繁栄を可能にする

ゴルフは相手とのコミュニケーションを図るのに最適なスポーツなので、多くの国の政治家が好んでプレイします。
ゴルフも政治家の仕事の一つと言えますが、それでもゴルフは楽しんでプレイすることが大切です。
自分が楽しんでプレイすることで場の雰囲気が明るくなり、一緒にプレイする人も楽しくなります。
話し合いで良い結果を出すことが責務である政治家にとって、ゴルフを通じて相手との信頼関係を構築することが自国を繁栄させる最善の方法と言えるでしょう。

今、使っているゴルフクラブに満足していますか?
4.8

あなたにオススメできる理由!
・専門的なアドバイザーに相談できる
・ゴルフクラブが3,000点以上の品揃えと業界最大級
・口コミが充実で参考になる
・購入して翌日お届けの商品が多数

多くの国の政治家がゴルフをプレイする理由やメリットについて
最新情報をチェックしよう!