ゴルフプレーヤーならホールインワンのことを知っておこう

 

ゴルフをプレーしているのなら、一度はホールインワンをしてみたいと考えている方も多いはずです。
こちらではホールインワンに関するいろいろな情報を紹介するので、どのようなものなのか把握をしてホールインワンにチャレンジしましょう。

ホールインワンはどのくらいの確率で達成できるのか

ホールインワンはパー3のホールでプレー中、1打目でカップインすることです。
どのくらいの確率でホールインワンできるのかは諸説ありますが、大体3,000ラウンドに1回くらいだといわれています。
ゴルフの初心者の方は、その数字を見てそれほど難しくないと感じる場合もあるでしょう。
しかし、ゴルフは1ラウンドが18ホールあるスポーツなので(パー3のホールは4つのみ)、単純計算で54,000ホールも回らなければいけません。
この数値を見ればホールインワンは、とても簡単なものとは思えないでしょう。

なお、ゴルフにはアルバトロスというものがあって、ホールインワンよりも難しいです。
アルバトロスはホールに設定されているパー数よりも3つ少ない打数でカップインすることが条件です。
チャンスは2回あって、パー4のホールなら1打目でカップインすれば達成、パー5のホールなら2打目でカップインすれば達成となります。
パー3よりもパー4のほうが飛距離がいるので、ホールインワンよりも難しいのは簡単に理解できるはずです。
もちろん、パー5のホールも難しく、1打目でカップインを狙える位置にボールを落とし、2打目でカップインをさせるという離れ業をやってのけなければいけません。
このことからアルバトロスはアマチュアはもちろん、プロでも達成が難しいといわれています。

ちなみに、ホールインワンとアルバトロスのさらに上をいく、コンドルというものもあります。
達成するには設定されているパー数よりも、4打少なくカップインしなければいけません。
技術力だけではなく、その日の天候などの条件も大きく関連するので、プロの世界でもアルバトロスは滅多にお目にかかれないです。

ホールインワンは目撃してもらっていないと達成できない

ホールインワンの達成にはプレー以外にも条件があるので気をつけましょう。
まず、パー3のホールにて1打目でカップインしたことを、キャディさんや前後に回っているプレーヤーなどに目撃してもらっていなければいけません。
そして、目撃した方に証言をしてもらって初めてホールインワンを達成したことになります。
つまり、自分一人でプレーをしていて、ホールインワンができても達成したとは認めてもらえないため気をつけましょう。
ちなみに、アルバトロスやコンドルも同じ条件なので、認められたいときは目撃証言をしてもらう必要があります。

ホールインワンを達成すると思わぬ出費があるかも

一生に一度、あるかないかのホールインワンを達成できたときの喜びはとても大きいものです。
その喜びを周りと共有するために、記念品を贈ったり祝賀会を行ったりすることがあります。
周りがやってくれるのなら嬉しいと考えるかもしれませんが、日本では本人が記念品や祝賀会を用意するのが慣習となっているのです。
つまり、ホールインワンを達成してしまうと、かなりの出費が必要となる可能性があります。
たとえば、会社のゴルフコンペなどで達成してしまうと、記念品を贈る人数や祝賀会に参加する人数がかなりのものとなるでしょう。
そうなると、リーズナブルなお祝いを用意したとしても、人数が多すぎるため百万円以上の金額になるケースもあります。

もちろん、周りと喜びを共有するかどうかは、ホールインワンを達成した本人次第なのでお祝いをやらなくても大丈夫です。
決まり事ではないので、何も行わなくても誰かにとがめられることはないでしょう。
ただし、今後ほかの誰かがホールインワンを達成して、贈り物や祝賀会を用意する可能性があります。
そのときに気まずくならないためにも、安くてもよいので何かしら用意したほうが無難かもしれません。

出費が心配ならホールインワン保険に加入しておこう

ホールインワンをしてしまうと、かなりの出費が必要になるので、やりたくてもお祝いができない方もいるはずです。
そのときは、ホールインワン保険に入っておけば、達成したときに出費を肩代わりしてくれます。
自身の懐を痛めなくてもよいので、保証の範囲内で豪華な記念品を贈ったり祝賀会を開いたりできるようになるでしょう。
ただし、保証を受けるときは『キャディさんなどのゴルフ場従業員の目撃』や『ビデオなどでの達成瞬間の記録』といった、ホールインワンをした明らかな証拠が必要となります。
従って仲間内だけのプレーでホールインワンを達成した場合は、保険会社に本当かどうか証明するのが難しく、保証を受けられないケースもあるので気をつけましょう。

なお、ホールインワン保険という名称で提供されているわけではなく、ゴルフ保険として提供されています。
ゴルフは固いボールを飛ばすスポーツなので、飛んできたものに当たってしまったり、自分が飛ばしたものが人に当たってしまったりすることがあります。
そのようなアクシデントが起こったときに保証をしてくれるのがゴルフ保険です。
また、高価なゴルフクラブなどが窃盗に遭ってしまったときにも保証をしっかりと行ってくれます。
どちらかというとこれらの対策がゴルフ保険のメインで、ホールインワン保険はおまけとしてついていると考えてもよいでしょう。
おまけなので用意されていない保険会社もあるため、必要ならサービス概要を読んで存在を確認した上で契約しましょう。

ちなみに、ゴルフ保険ではホールインワンだけではなく、アルバトロスの出費も保証してくれる場合が多いです。
対応しているときはサービス概要に載っているので、こちらもチェックしておきましょう。

次のプレーで達成できることも

ホールインワンの成功は3,000ラウンドに1回ほどの、ものすごく低い確率だと説明しましたがあくまで平均的な数字です。
そのため、もしかすると次のプレー中、狙ってもいないのに運良くカップインして、あっさりと達成できてしまうかもしれません。
パー3のホール、1打目でグリーンにボールを乗せられる実力がある方なら、決して夢物語ではないので果敢にチャレンジしてみましょう。

今、使っているゴルフクラブに満足していますか?
4.8

あなたにオススメできる理由!
・専門的なアドバイザーに相談できる
・ゴルフクラブが3,000点以上の品揃えと業界最大級
・口コミが充実で参考になる
・購入して翌日お届けの商品が多数

ゴルフプレーヤーならホールインワンのことを知っておこう
最新情報をチェックしよう!