ゴルフが上手くならない人の特徴とその対策方法について

ゴルフ好きであるにも関わらず、思うように上達しない人がいます。
実は上手くならない人にはある特徴があるのですが、この記事ではゴルフが上手くならない人のタイプ、またタイプごとの改善方法について紹介します。

自分が正しいと思い込んでいる人

ゴルフを長年続けている人ほど、間違った動作や変な癖が体に染みついている傾向にあります。
ただ長くゴルフをしているという自信があるため、自分のやり方が正しいと思い込んでいるのです。
例えばゴルフは一緒にラウンドする仲間がいますが、フォームや素振りについて他人からアドバイスされても、決して自分が間違っていると認めません。
時にせっかくのアドバイスに対しても不機嫌になったり、キレて周りの雰囲気を悪くしてしまうケースもあります。

ゴルフは止まっているボールに当てて飛ばすというスポーツで、一見簡単そうに見えるかもしれません。
初めて挑戦した時に思いがけず上手く出来たため、その後も自己流で続けている人も多いです。
ただゴルフは基礎が大切で、道具に発生する重力や体自体の重さなども考慮して正しいスイングをマスターしていかなければなりません。
どんなフォームでボールを打っているのか、その姿を実際に見ていないことには自分が正しいと言い切れず、人から「おかしい」「間違っている」と指摘されるのは自分の姿を客観的に見て感じた評価です。
その指摘を素直に受け取らず逆ギレしているようでは、一生ゴルフの腕も改善されません。

自分に自信があり、正しいと思い込んでいる人がゴルフを上達させるには、まず自分の間違いを受け入れなければいけません。
人に頼んでスイングを録画してもらい、後でじっくり見直すと妙な癖や間違った動きも把握出来ます。
もしかすると自分ではカッコいい姿を想像していたのに、録画で見直すと想像していた姿との違いに愕然とするかもしれません。
自分のカッコ悪い姿を受け入れるのは難しいですが、間違いを認めて正しいフォームやスイングをマスターしようとする姿勢が上達への第一歩となります。
テレビなどでプロのプレーを見て、自分との違いを研究するのも良いかもしれません。

知識ばかり豊富で動きが伴わない人

動画や雑誌などでしっかり勉強して、ゴルフの知識だけは十分すぎる人もいますが、知識があるからといってゴルフが上手いとは限りません。
無駄に情報ばかりを得た結果、頭でっかちになってどれが正しいのか混乱してしまうのです。
そもそもゴルフスイングは、「目標方向を体が向いてのインパクト」と「ボールに正対してのインパクト」の2種類に大別されますが、それぞれレッスン内容も異なります。
知識ばかりを追い求めている人の中には両者の区別がついていない人もおり、きちんと本質を理解出来ていない状態でプレーをしても上手くいく訳がありません。

知識が先行して技術が伴っていない人の改善方法は、信頼できるコーチを見つけてレッスンを受ける事です。
ゴルフの基礎となる部分は基本的に統一されていますが、それでもコーチによって教え方は違うため、色々なコーチのアドバイスを聞いていると頭の中がこんがらがってしまいます。
1人のコーチからレッスンを受けるようにすると、自分の出来ている部分と出来ていない部分が明確になり、ピンポイントでのアドバイスも貰えます。
良いコーチに巡り会えると、一言のアドバイスでゴルフの腕が劇的に上がっていくかもしれません。

自分に合わないクラブでプレーをしている人

「これさえ持っていれば上手くなる」と、あれやこれやと道具ばかりを買い揃える人もいますが、どれだけ良いクラブを持っていても、自分が使いこなせなければ意味がありません。
高額だから上達する、安いから下手なままという訳でもなく、いかに自分に合ったクラブを見つけるかというところが大事です。
良いスイングをしたとしても、クラブが軽すぎる、または重すぎるといった場合はタイミングやリズムがずれ、上手くボールを打ち返せません。
自分に合わないクラブを使ってプレーし続けるのは非常に勿体ない事で、口コミなど評価が高いからといってすぐに手を出すのは考え物です。
その点、ゴルフショップに行けばクラブフィッティングができ、細かく計測できるため自分に合ったクラブが見つけられます。

一方、長年同じクラブを使い続けているのも良いとは言えません。
使い慣れたクラブは扱いやすいかもしれませんが、ゴルフを上達させるには、クラブを見直すのも大切なポイントです。
ゴルフクラブも時代とともに変わってきており、毎年のように新しいアイテムが誕生しています。
進化したクラブを使うと、同じような腕の振り方をしていても格段に飛距離を伸ばせるようになるかもしれません。

練習をしていない人

結局のところ、ゴルフは練習をしなければ上手くならないスポーツで、センスのある無しは関係ありません。
ラウンドの直前になって慌てて練習をしても、普段からの練習が足りなければ何の力もついていないので結果は同じです。
そして練習は量だけではなく質も大事で、間違った方法で続けてもスキルは上がりません。
独学ではなく必ずコーチの指導を受け、レッスンで指摘された部分は自分で何度も繰り返すように練習していきます。

またゴルフ上達のためには、正しいスイングは外せません。
打球を安定するさせるためにはスイングも安定させることが大切で、毎日練習をして正しいスイングを体に覚えさせます。
素振りの練習なら自宅でも可能で、ビデオで録画をしておけば自分の型も確認出来ます。
自宅だからこそ誰に気兼ねする事もなく、リラックスした状態で練習に打ち込めるのもメリットでもあります。
力みのないスイングを練習し、定期的に打ちっぱなしに通うようにすると、自信を持ってラウンドも回れるようになります。

出来ていない部分を認めて練習あるのみ

なかなかゴルフが上達しない人の特徴は、自分のやり方が正しいと思い込んでいる、知識ばかりを詰め込んでいる、合わないクラブを使っている、そして単純に練習量が足りない人です。
上達するためにはまず信頼できるコーチを見つけて、自分の間違っている部分を認めて直そうとする努力、そして自分に合ったクラブを使ってとにかく練習を続ける事です。
正しいスイングでボールを上手く当てるコツさえ掴めば、劇的にゴルフのスキルも伸びていきます。

今、使っているゴルフクラブに満足していますか?
4.8

あなたにオススメできる理由!
・専門的なアドバイザーに相談できる
・ゴルフクラブが3,000点以上の品揃えと業界最大級
・口コミが充実で参考になる
・購入して翌日お届けの商品が多数

ゴルフが上手くならない人の特徴とその対策方法について
最新情報をチェックしよう!