コレで適正な高さの弾道で打てる!正しいドライバーの打ち方

「ドライバーで高さのあるショットが出せない…」「どうすればドライバーで遠くまで飛ぶショットが打てるの?」ゴルフをしていて、このような悩みを感じたことはありませんか?
実は、ドライバーは基本を押さえれば、誰でも理想のショットを打てます。

この記事は、ドライバーで適切な高さの弾道で打つための基本的な考え方やコツを紹介します。

記事を読めば、ドライバーで理想的な高さ・弾道で打てるようになるでしょう。

ゴルフのドライバーとは

ドライバーは、ゴルフクラブの中でも、特に使用頻度の多いゴルフクラブです。

ゴルフクラブの中では最も長く、ボールを打つヘッド部分も最も大きく作られています。

そして、その長さ・ヘッドの大きさが原因で、特に打ちにくいゴルフクラブでもあります。

最初のうちは、ボールにスイングを当てることも難しいでしょう。

打ちにくい理由は、クラブが長く、ヘッドが大きいことによって、振りかぶった時に大きな慣性を発生させるからです。

 

そのため、ドライバーを打つ時は、発生する慣性を利用して打つことが基本です。

腕の力を抜いて、ドライバーの重さを感じながらスイングしましょう。両手に力が入ると、腕全体が緊張してしまい、スイング時に発生する慣性を抑え込んでしまいます。

力を抜き、ドライバーの重さをしっかり感じて、振り子のように遠心力できれいな円弧を描くスイングを意識しましょう。

 

ドライバーを打つ上で重要なのは、腕の振りと体の回転です。

最初のうちは、腕の振りと体の回転を連動させる練習から始めることで、ドライバーを打つことにおける基礎が身に付きます。

腕を振るときは、ドライバーのグリップを短めに持ち、腕の力を抜いて、遠心力がより大きくなるスイングを意識しましょう。

体の回転は、ドライバーのスイングに合わせて、後ろ側にあった足から、前側の足へ重心を移動させることにより起こります。

この重心移動の勢いを、ドライバーを打つ瞬間にボールに乗せることで、より遠くに飛ばすことが可能です。

ドライバーの打ち方の役割を分類すると、腕の振りはドライバーをボールに当てるための動き、体の回転はボールを飛ばすための動きとなります。

どちらかだけでは、より飛距離のあるドライバーを打つことができません。

両方しっかり意識して練習することが、ドライバーで飛距離を伸ばす上で大切です。

なぜ適正な高さの弾道で打たなければならない?

そもそも、なぜドライバーを適正な高さの弾道で打たなければならないのでしょうか。

理由は、ドライバーの飛距離を最も伸ばすために必要だからです。

ドライバーの最大の役割は、カップのある場所に向かって、遠くに飛ばすことです。

そのため、ドライバーの飛距離を最大化させることは、より早くカップに近づくために必要なことだとわかります。

しかし、ドライバーの飛距離は、ただ力強く打つだけでは伸び悩んでいきます。

最初のうちは、強く打つだけで飛距離を伸ばせますが、それだけだと限界が出てくるのです。

この限界を超えるために考え出されたのが、ドライバーを適正な高さの弾道で打つことです。

ドライバーを適正な高さの弾道で打つことができれば、よりドライバーの飛距離を伸ばすことができます。

加えて、ドライバーの飛距離を短期間で伸ばすなら、強く打つことよりも、適正な高さの弾道で打つことの方が効果的だとわかったのです。

 

しかし、「適正な高さ」とあるように、弾道の高さは高すぎても低すぎても、飛距離は伸びません。

弾道が高すぎれば、高く打ちあがるだけで飛距離が稼げません。

弾道が低すぎれば、飛距離を稼ぐための滞空時間が短くなり、飛距離が稼げないのです。

したがって、ドライバーで飛距離を稼ぐためには、適正な高さの弾道で飛ばさなければなりません。

 

ドライバーを適正な高さの弾道で飛ばすための要素は、「打ち出し角度」「バックスピン量」です。

そして、この2つの要素を満たした後に重要なのが「ヘッドスピード」となります。

ここから先は、この3要素を掘り下げて説明していきます。

打ち出し角度で重要なこと

ドライバーを打つにあたって、弾道の高さに関わってくるのが、打ち出し角度です。

打ち出し角度とは、クラブのヘッドがボールを打った時に、ボールが打ち出される角度のことです。

打ち出し角度が大きいほど、ボールは高く上がっていきます。

しかし、打ち出し角度には理想値があり、角度を大きくすれば良いわけではありません。

理想値より打ち出し角度が大きいと、ボールの飛距離は出るが、着地後にボールが進まなくなります。

逆に、理想値より打ち出し角度が小さいと、着地後はボールが進むが、飛距離そのものは短くなるのです。

そのため、打ち出し角度をより理想値に近づけることが、適正な高さの弾道で飛ばすことにつながっていきます。

 

打ち出し角度の理想値は、ヘッドスピードが遅くなるにつれて大きくなっていきます。

具体例として、男子プロは11度前後、女子プロは13度前後が理想値です。

男女差によってヘッドスピードが異なるため、このような理想値の差が生まれています。

打ち出し角度は、ドライバーのロフト角の大きさや、ボールを打ち出すヘッドの位置によって変わります。

ロフト角とは、クラブのヘッドにある、ボールが当たる面に付けられている角度のことです。

ドライバーのロフト角が大きいほど、打ち出し角度も大きくなります。

また、ヘッドの上部分でボールを打つほど、同様に打ち出し角度が大きくなります。

これらの性質を利用して、理想の打ち出し角度でドライバーを打てるように練習しましょう。

バックスピン量で大切なこと

ゴルフのボールにかかるスピンには、バックスピンとサイドスピンの2種類があります。

この2つのスピンは反比例の関係にあり、一方のスピン量が多いと、もう一方のスピン量は少なくなります。

ドライバーを適正な高さの弾道で飛ばすことに重要なのは、バックスピンの方です。

ドライバーを打った時に、バックスピン量が適正な回転数だった場合、ドライバーの飛距離は最大化します。

また、バックスピン量には、適正な回転数があります。

バックスピン量が少なすぎると、ボールが空気抵抗を利用して上昇できず、高さのある弾道になりません。

加えて、反比例でサイドスピン量が増えてしまい、弾道が曲がってしまうのです。

バックスピン量が多すぎると、ボールが上昇しすぎてしまい、高さはあるが飛距離が出なくなってしまいます。

そのため、適正なバックスピン量に近づけていくことが、ドライバーを適正な高さの弾道で飛ばすことにつながるのです。

 

例として、ドライバーを打つ際の理想バックスピン量は、毎分2500回転前後といわれています。

また、打ち出し角度が最適な場合、バックスピン量は少ないほど飛距離が伸びる傾向があります。

しかし、ほとんどの人が、適正なバックスピン量よりも多いです。

バックスピン量は、ヘッドスピードの速さや、ロフト角、ドライバーヘッドの重心の高さによって変わります。

ヘッドスピードが速く、ロフト角が大きく、ドライバーの重心が高くなるほど、バックスピン量は増えていきます。

この性質を使って、バックスピン量を調整してみましょう。

また、専用の機械を使い、自分のボールのバックスピン量を計測し、紹介した方法を使って、理想のバックスピン量に近づけるよう試行錯誤していきましょう。

ヘッドスピードを速める上で大切なこと

ドライバーの飛距離は、打ち出し角度、ボールのスピン量、ヘッドスピードによって決まります。

しかし、ヘッドスピードは、打ち出し角度やボールのスピン量が適正であることが前提です。

ヘッドスピードだけを速めてもドライバーの弾道はよくなりません。

逆に、打ち出し角度やボールのスピン量が適正であれば、ヘッドスピードが遅くても飛距離の出る弾道になります。

そのため、ドライバーで適正な高さの弾道を打つなら、ヘッドスピードよりも他の2つの要素を重視したほうが良いでしょう。

 

しかし、2つの要素が適正となったとき、最後にドライバーの弾道に関わってくるのがヘッドスピードです。

打ち出し角度やボールのスピン量は、短期間の工夫でコツをつかむことができますが、基礎体力が求められるヘッドスピードだけは長期的な練習が必要です。

したがって、ヘッドスピードをより速くするための基礎練習は、ゴルフをするうえで習慣的に行っていきましょう。

ドライバーを適正な高さの弾道で打つための3要素まとめ

今回紹介した「打ち出し角度」「ボールのスピン量」「ヘッドスピードを速める」は、要素ごとに独立したものではなく、互いが互いの質に関わっています。

1つの要素を重点的に改めていくより、3つの要素を同時に、バランス良く改めていった方が、ドライバーを適正な高さの弾道で打てることにつながってくるでしょう。

皆さんも、3つの要素を意識してドライバーを打ってみてください。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

コレで適正な高さの弾道で打てる!正しいドライバーの打ち方
最新情報をチェックしよう!