女性のゴルフ初心者におすすめのクラブの選び方

ゴルフをこれから始める、または始めたばかりで自分にどんなゴルフクラブが合っているのかわからない人は多いでしょう。

自分に合わないクラブを使っても良いスコアは望めませんし、特に女性が自分に合わないクラブを選ぶと距離が出なかったり、そもそもボールに当たらなかったりすることも考えられます。

そこで、初心者がクラブを選ぶときの注意点や選び方について考えていきましょう。

クラブの種類とそれぞれの特徴

ドライバー

ドライバーは最もボールを飛ばすことのできるクラブで、長さも最も長く、初心者には扱うことが難しいクラブのひとつです。

基本的には1打目に使用するため、ティーアップして空中に浮いているボールを打つクラブですので、ヘッドが大きく、投影面積も大きいことが特徴です。

ヘッドには大きく分けて2種類あり、1つはフェースが上下に低く低重心で、上から見て左右に長い、シャロ―ヘッドと呼ばれるタイプです。

 

もう1つは、フェースが上下に高く、上から見て左右に短いディープヘッドと呼ばれるタイプです。

一般にシャロ―ヘッドは重心が低くなり、ボールが上げやすいため、比較的初心者や女性に向いているといわれています。

一方、ディープヘッドは重心が高いためスピンがかかりにくく、弾道が低い傾向にあります。

フェースの左右と上下の比率が近いため、高反発で初速が出るという特徴があり、上級者向けとされています。

フェアウェイウッド

フェアウェイウッドは、主に2打目や3打目に距離がある場合に芝からボールを直接打つクラブで、ティーアップしないクラブのなかで最も長いクラブです。

ヘッドの形状はドライバーを小さくしたような形で、ドライバー同様にディープヘッドやシャロ―ヘッドがあります。

フェアウェイウッドは比較的長いクラブであり、芝から直接打つため、ある程度のヘッドスピードが要求されます。

また、小さなヘッドを的確にボールに当てる必要があり、初心者や女性には扱いが難しいクラブとも言われますので、これから始める方は無理して揃えなくても良いクラブです。

ユーティリティ

ユーティリティは別名、ハイブリッドとも呼ばれるクラブで、フェアウェイウッドのようにヘッド後方に膨らみを持ち、アイアンフェースのような上下に高いフェースの大きさを持った双方の中間に位置づけされるクラブです。

フェアウェイウッドよりフェースが大きく、長さも短く、アイアンのように地面に突き刺さるいわゆるダフりも起こりにくいため、初心者にも扱いやすいクラブです。

女子プロも多用しており、初心者には難しいフェアウェイウッドやロングアイアンは使わずにユーティリティを数本入れるという選択も良いでしょう。

アイアン

アイアンにはマッスルバック、キャビティ、中空の大きく分けて3種類があります。

マッスルバックは重さがあり、ヘッドが小さくソールも薄いため、抜けの良さと操作性の良さが特徴です。

しかし、扱うには力が必要なうえに、スイングが出来上がっていない初心者が使うとスイングなりに曲がりが出るため不向きと言えます。

 

キャビティはマッスルバックの背面を削ったような形状で、ヘッドも比較的大きく、ミスに寛容なことが特徴で、中級者やアスリートゴルファーを目指す男性初心者に向いています。

中空は字のごとく、ヘッド中心が空洞になっていて背面に膨らみを持っていることが特徴で、比較的軽く、ボールも高く上げやすいため、シニアや女性ゴルファーに向いているクラブです。

パター

パターには大きく分けてピン型、L字型、マレット型、ネオマレット型があります。

ピン型やL字型はフェースが面長で目標にセットしやすく、重心が浅いので操作性が良く、距離感を出しやすいことが特徴で、フィーリングを大切にする方に向いています。

マレット型やネオマレット型はヘッドが大きく重心が深いため、ヘッドが安定し、方向性が出しやすいことが特徴です。

比較的オートマチックにまっすぐストロークできる反面、距離感を出しづらいとされています。

 

パターに関しては、どれが初心者に合うという選び方はなく、フィーリングが大切なクラブですので好みで選んで良いクラブです。

距離感が合わせにくい人はピン型やL字型が向いていますし、方向性を安定させたい場合はヘッドの大きなマレット型やネオマレット型が良いでしょう。

シャフトについて

ゴルフクラブでヘッド形状と合わせて重要な要素にシャフトがあります。

シャフトとは、ヘッドに刺さっている棒の部分のことです。

一般的に、ウッド系はカーボンのシャフト、アイアンにはカーボンまたはスチールシャフトの選択肢があり、そのなかにも硬さやキックポイントと呼ばれるしなる部分の違いがあります。

それぞれのシャフトで特性が大きく違うため一概には言えませんが、カーボンシャフトはスチールに比べて軽く、ボールにスピンがかかりやすい設計です。

ボールを高く上げることができるため、シニアや女性の方に向いています。

 

硬さに関しては、女性用にはL、A、Rの3種類用意されていることが多く、ヘッドスピードに応じて選択しますが、おおよその目安としてヘッドスピードが35以下であればLかA、35以上ならRを選択します。

一般女性が35を超えるヘッドスピードはなかなか出ませんので、LかAを選択するのが良いでしょう。

Lのほうが柔らかく、軽いのでヘッドスピードが遅くてもシャフトがしなり、飛距離が出しやすいです。

AシャフトはLに比べると固く、しなりも少ないので方向性が安定しやすくなります。

目的、体格、技量に合ったクラブを選びましょう

クラブにはそれぞれの特性があり、プロが使うクラブとアマチュアが使うクラブは違います。

しかし、クラブの種類がまちまちでも150ヤード打てるクラブはそれぞれのモデルで存在します。

目的は150ヤード先の狙ったところにいかに近づけることができるかです。

自分の目的に対して的確に打てる、体格や技量に合わせたクラブを選びましょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

女性のゴルフ初心者におすすめのクラブの選び方
最新情報をチェックしよう!