男性のゴルフ初心者におすすめのクラブの選び方【ヒント:難しいクラブ】

初心者
クラブ選びに困っている人「クラブは最低何本揃えればいいの?クラブ構成はどうすればいいの?初心者はどんなクラブを選べばいいの?」
こういった疑問にお答えします。
本記事の内容
  • クラブは合計本数が14本以下でオリジナルのセットを作ろう!クラブの構成を解説
  • 初心者にとって使いづらいクラブはいらない!クラブ選びの考え方
  • どんなゴルファーを目指すのかによって選び方が変わる!初心者におすすめのクラブの選び方

ゴルフをこれから始めようと考えている方がまず初めに考えることがクラブの調達ですが、クラブにはさまざまなメーカーがあり、その種類も豊富です。

クラブにはメーカーのテクノロジーが満載に詰め込まれていて、特性も大きく違います。

自分に合ったクラブを選ばないと上達に時間がかかることや、そもそも上達できないこともあります。

ここでは、クラブの選び方について考えていきましょう。

クラブの基本的な構成について

ゴルフクラブは、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ(ハイブリッド、レスキュー)、アイアン、パターまで、大きく分けて5種類が基本です。

また、そのなかに飛距離別にさまざまな種類があります。

ルール上、それらすべての合計本数が14本以下である必要がありますので、そのなかで自分が使いたいものや、使えるものを選択して自分のクラブをつくりあげていきます。

最もオーソドックスな構成の一例としては、ドライバー、3番ウッド、5番ウッド、3番ユーティリティ、4番ユーティリティ、アイアン6本(5,6,7,8,9,P)、アプローチウェッジ、サンドウェッジ、パターの14本です。

これを基本構成として自分の得意不得意を考慮して入れ替えをしながらオリジナルのセットを作りましょう。

クラブ選びの考え方

クラブは基本的に14本の構成ですが、それら一つひとつには特徴があり、飛ばしたい距離やどのような場所からボールを打つのかで使い分けます。

特に距離については全体のクラブで10から15ヤード刻みになるようなクラブ選択をしましょう。

そこで基準とするのがアイアンです。

アイアンは基本的にはセット販売となり、多くのメーカーが6本(5,6,7,8,9,P)を1セットとして販売しています。

購入するアイアンの5番で自分が飛ばせる距離、またP(ピッチングウェッジ)で自分が飛ばせる距離を考慮して前後のクラブを選択すると失敗が少ないです。

また、14本以下であれば何の種類のクラブを何本入れてもルール上問題ありませんし、何本以上なければいけないというものでもありません。

ですので、初心者にとって難しいクラブは最初から入れなくても良いのです。

また、ゴルフではティーアップせずに長いクラブを使って遠くに飛ばすことは難しいとされています。

これに当たるクラブが3番ウッドですが、3番ウッドを使いこなせるアマチュアゴルファーは少なく、ましてや初心者が簡単に使いこなせるクラブではありません。

このような初心者にとって使いづらいクラブをわざわざ入れる必要はないため、必要なクラブを必要な本数だけ入れるという考え方で始めるといいでしょう。

初心者におすすめのクラブの選び方

初心者におすすめのクラブの構成には2通りあり、今後本気でゴルフを続けてアスリートゴルファーを目指すのか、楽しんでゴルフができれば良いエンジョイゴルファーを目指すのかによって選び方が分かれます。

アスリートゴルファーを目指す初心者におすすめの構成

結論から言うと、先にお話ししたオーソドックスな14本をそろえることをおすすめします。

上達を目指すうえでは、あらゆるシチュエーションに対し、ラウンド中に臨機応変に対応する必要があります。

そのためにはすべてのクラブを使いこなせるように練習が必須で、練習するためには道具が必要だからです。

アスリートゴルファーを目指すうえでは、苦手なクラブ、使えないクラブ、打てない距離があるとスコアアップは望めません。

基本構成を手に入れ、苦手なクラブがないように練習しましょう。

エンジョイゴルファーを目指す初心者におすすめの構成

エンジョイゴルファーは練習する時間をとることがあまりできず、ラウンド中心のゴルフになることが多いので、いかにミスショットをしないかが肝心です。

ですので、難しいクラブを極力排除し、比較的簡単に打てるクラブを多く入れる構成がおすすめです。

ここで言う難しいクラブのひとつとして、フェアウェイウッドが挙げられます。

フェアウェイウッドはドライバーの次に長いクラブで、多くの場合、2打目や3打目などのティーアップできないシチュエーションで使います。

そのため、初心者に打ちこなすことが難しいクラブとされています。

また、ロングアイアンと呼ばれる、5番アイアンも同様に初心者に難しいクラブです。

プロから初心者まですべてのゴルファーに有効なレスキュー

比較的簡単に打てるクラブとしてはユーティリティが挙げられます。

ユーティリティはハイブリット、レスキューとも呼ばれるクラブで、アイアンとフェアウェイウッドの中間の位置づけされるクラブです。

フェースはアイアンのように比較的縦横に広く、さらにヘッド後方にウッドのような厚みを持たせ形状とすることで、どんなシチュエーションにおいても比較的簡単にボールをとらえられるため、初心者にも扱いやすいクラブです。

また、遠くへ飛ばすことのできるクラブですので、難しいクラブとされるフェアウェイウッドやロングアイアンの代わりにユーティリティを多く入れることをおすすめします。

男子プロに比べて非力な女子プロもこのユーティリティを多く入れている傾向にあることから、非力な男性や、女性には特におすすめのクラブです。

目的に合ったクラブを選びましょう

ゴルフクラブは多種多様で、年々各メーカーのテクノロジーも劇的に進化しています。これから始める初心者でも、自分に合ったクラブを見つけることができれば早い段階で上達が見込めます。

クラブを選ぶうえで大切なことは、何を目的としているかです。

目的に合ったクラブを選択し、オーバースペックなクラブや、ロースペックすぎるクラブを選ばないよう注意しましょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

男性のゴルフ初心者におすすめのクラブの選び方
最新情報をチェックしよう!