社会人になってからゴルフを行う理由とは?一般社会のマナーに通じる

週末にゴルフを楽しむ親が身近に居たならば、なぜ休日にゴルフへ出かけるのか疑問に思ったはずです。
しかし、実際に社会人になってから上司に誘われてゴルフを嗜むようになると、いつの間にか週末はゴルフに誘われることが当たり前になっています。
では、ゴルフはなぜ社会人にとって人気のスポーツとなっているのでしょうか。

ゴルフは大人の社交場としてマナーを学べる

ゴルフをラウンドする際には、打ちっぱなし練習場とは異なり1人あたりの持ち時間が意外に少ないことに気がつきます。
社会人になってから初めてゴルフを上司に誘われた時には、緊張するだけでなく社交場としてのマナーが多く会社内の上下関係がそのまま影響しがちです。
ゴルフショットを打つ時には静かにするといった当たり前の行動であっても、誰かにタイミングを教えてもらわなければ最初から分かるはずがありません。

また、何度か会社の上司とゴルフをラウンドしてから初めて、社外の人達との接待ゴルフへの参加が許可されます。
グリーン上で他の人の前を横切ってはならないといったゴルフマナーは、社会人としての経験豊富な上司に教えてもらえれば取引先の人に対してミスを犯すことはありません。
そして、バンカーやグリーンでショットを行った後は、すぐに抉ってしまった部分を補修して次に進むことも社会人ならではのマナーと考えられます。
ゴルフを目上の人と自然にプレーできる状態になることは、そもそも社会人としてのマナーが自然と身についていることを意味します。

ゴルフ繋がりでビジネスチャンスが広がっている

社会人になって半年近く経過した夏場になると、半数近くの新社会人がゴルフを始めるようになります。
なぜなら、同期入社を行った人の中でゴルフを始めた人同士はコミュニケーションが盛んになり、部署が違っていても個人的な繋がりが増えるようになるからです。
そして、1年経過した時点でゴルフ未経験者の社会人とは人脈作りという面で大きな差が生まれてしまいます。
学生から社会人になることで最も大きな変化は、目上の人に対する配慮ができるようになる点です。

ゴルフは複数人でラウンドすることが一般的であって、3人~4人程度のグループでプレーするからこそ自社内だけでなく取引先の人とも繋がりが生まれます。
会社内で取引先の担当者と顔つなぎを行ったとしても形式的な挨拶だけで信用されていない状態です。
しかし、ゴルフを一緒にラウンドすることで取引先の担当者に顔を覚えてもらうチャンスがあれば、次回取引でゴルフプレー時の様子から人となりを理解してもらいやすいです。
名刺交換だけした相手よりも、一緒にゴルフをラウンドした相手ほど信頼を得やすくなります。

ゴルフはストレス解消としても役立つ

社会人として就職した後は、毎日の業務によりストレスが溜まってしまうことが珍しくありません。
個人的な趣味を持っていればストレス解消を行いやすいですが、ゴルフはスイング時に力を開放することになるのでショットを繰り返した時にストレス発散作用を期待できます。
学生時代にバッティングセンターでスカッとした経験があるならば、ゴルフはさらに緑豊かな自然の中でゴルフスイングを行える爽快感を得られるはずです。

通勤と日々の業務で抱えているストレスは、ゴルフ場でラウンドしつつゴルフスイングを思い切って行うこと発散させることが可能です。
ゴルフはしっかり練習すると目を瞑って打っても空振りすることはほとんどなくなります。
さらに練習と経験を積めばゴルフコースへ出てもある程度思った方角へ計画的に飛ばせるようになるので、ゴルフスイングによるストレス発散と計画的なショットによる満足度を同時に味わえるはずです。

人脈作りにゴルフを活用してみよう

ゴルフをある程度複数人でラウンドする機会が増えると、接待ゴルフに呼ばれる機会が増えるようになります。
目安としてハンデ100を切れるようになると、ゴルフ経験が豊富な役職持ちの人達と一緒にラウンドするグループへ入れてもらえるようになるので人脈作りに役立つわけです。
なぜなら、終身雇用制度が崩壊している現代では、キャリアアップ転職の機会がいつ訪れても不思議ではないからです。
ゴルフを通じた出会いならば、少なくともハーフコース程度のラウンドにより顔を覚えもらえます。

次にふとしたキッカケで別の機会に再会することがあれば、ゴルフラウンドでお世話になったことから一気に距離感を詰めることも可能です。
そして、ゴルフ場で名刺交換を行う機会が最も多いのは、仕事関係の人を集めたゴルフコンペとなります。
取引先の役職者を多く集めたゴルフコンペならば、人脈作りを狙って名刺交換を行うことが当たり前になっているので、今後の人生のために顔つなぎをしておいて損はありません。

ゴルフが上達すると時間の使い方が上手くなる

社会人になってからゴルフを始めて暫くすると、次第にゴルフの上達に伴い本人が気づかない間に時間の使い方が上手くなっています。
ゴルフでグループラウンドを行っていると、他の同行者がどのようなプレーをしているのか配慮しながら自分のゴルフショットを続けなければなりません。
限られた時間で次のショット方針を決めてテキパキと動く必要があり、限られた時間内に決められた内容を計画的に処理する能力がゴルフをプレーするだけで身につきます。

ゴルフでラウンドを一緒に回る際には、時間厳守という暗黙のルールがある中で計画的に動かなければなりません。
目上の人に対してのマナーに配慮しつつ、限られた時間内でゴルフプレーを続けることは頭を使い効率的に動くことが求められているわけです。
また、接待ゴルフならば接待相手にハンデを考慮した上で勝ちを譲る必要があり、相手に対して手抜きをしていないけれども勝負には負けたという演出が求められます。
社会人が行うゴルフは、目標のショット数でゴールを目指すことになるので、ゴルフショットで飛ばす方向と距離を定めた上で計画的にプレーしなければなりません。

ゴルフを社会人になって経験すれば社交性とマナーを身につけられる

ゴルフを社会人になってから始める人が多い理由は、同期や上司とゴルフという共通の話題で盛り上がることができる点にあります。
ゴルフを複数人でラウンドする際には、他者へ迷惑をかけないことを前提とした社会人ならではの配慮とマナーが自然に求められるはずです。
そして、会社内や取引先との顔つなぎに役立つゴルフコンペは、他社の偉い人に気に入ってもらえるチャンスだと考えられます。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

社会人になってからゴルフを行う理由とは?一般社会のマナーに通じる
最新情報をチェックしよう!